人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

初芝居子供(こづれのかぶき)

()

b0031140_20212308.jpg
(歌舞伎鑑賞教室の撮影時間:2019年7月21日撮影)

 七月二十一日、国立劇場での「親子で楽しむ歌舞伎教室」だ。地元の世捨て人に頼まれ、六歳の娘を連れて行く。

 演目は、『菅原伝授手習鑑(車引)』、『棒しばり』だ。

 初めて観る子供にとって、視覚的には分かり易いものが並ぶ。

 開場前、時間があったので、伝統芸能情報館へ寄る。

 撮影禁止なのに、撮影する未成年が目立つ。この時点で、観客になった際、少々の不作法でも目を瞑らなければと思う。

 それにしても、この層は、撮影禁止とあるのに、撮影するのか。ある意味、周囲に注意が言っていないものだ。

 尚、芝居だが、世捨て人の娘は、途中で飽き始め、最後には寝ていた。細君に似て、芝居には向かないのだろう。

 尚、終演後、大手町に出、気象庁の科学館へ向かう。

 いつもの散策する友人らとの杯を交わす時間だ。

 今回は、平成の災害ということで、この場所となる。夏休みということもあり、結構、子供の姿が目立つ。

 杯は神保町へ出る。

 その後、住吉の銭湯で汗を流す。浴室の絵は富士だ。

(第五千八百十三段)


by akasakatei | 2019-07-31 20:20 | 文芸 | Comments(0)

不健全社会(かんがえると)

()

b0031140_05135537.jpg
(荒れる社会では:2019年7月20日撮影)


 京都のアニメ会社が放火され、多数の死傷者が出る。

 選挙が近いからか、首相が、会見ではなく、SNSでコメントを出す。下心を見る。

 ところで、この事件も、最初、犯人が逮捕されなかった。

 つい池袋での事故を思い出す。未だ、逮捕されていない。

 このためか、遺族が厳罰を求め、署名を始める。

 実際、池袋での事故に関し、不可解なことが多い。

 不可解といえば、韓国との関係か。より溝が深まる。

 外相を見ていると、圧力だけで、相手国からすれば、内政干渉にしか感じないだろう。

 そうした中、また、児童虐待事件が相次ぐ。

 各事件での実態が明らかになるに従い、どうして、そのようなことが出来るのかと思う。

 やはり、親になってはいけない人間がなっているのだろう。

 寿命長くなるに連れ、精神的な成長が遅れるとの話しもある。今後、人生百年となったら、どうなるのか。

 ある意味、恐ろしい社会だ。

(第五千八百十二段)


by akasakatei | 2019-07-30 05:26 | 政治 | Comments(0)

外人扱(がいじんのうけいれ)

()

b0031140_18404963.jpg
(ホームでは:2019年7月18日撮影)

争いといえば、早朝から、反対のホームで、黒人ふたりと日本人があれこれと言い合っている。駅員もいるが、何の役にも立っていない。
 大声のため、内容がよく分かる。
 何でも、最初、黒人がぶつかったらしく、日本人が咎めたところ、もうひとりの黒人が絡み始めた様子だ。
 黒人らは、日本語が分からないようだ。今後、外人が増えるなら、同種のことはあちこちで目にするだろう。
 今でさえ、芝居を観に行けば、外人は上演中に撮影したりする。
 更にいえば、来年の世界大運動会では、慣れぬラッシュに、訪れた外人絡みのトラブルも増えると思われる。役所は、時差通勤云々とするものの、現場を知らず、机上だけで考えるから、先日発表された笠の如く、的外れのことをするのではないか。
 何れにしろ、来日するなら、まず、勉強してから来るべきで、郷に入れば郷に従うべきだ。
 我が国もまた、外人、特に、白人だからといって、甘やかすべきではない。
 何故か、アジア系については厳しい態度しか見せない。
                     (第五千八百十一段)


by akasakatei | 2019-07-29 18:39 | 国際 | Comments(0)

芝居休演裏(むこうのきっぷ)

()

b0031140_18375422.jpg
(危機感があったのか:2019年7月17日撮影)

コンサートや舞台などで、急な中止の場合、テレビのインタビューでは、残念とするファンしか出さないけれど、中には、怒っている人も相当いるはずだ。
 特に、ファンでもなく、それ作品自体を観に来た人には、悪い印象しか残さないだろう。
 先の成田屋の休演について、興行会社は、どれだけ、最初に危機感を持っていたのか。十三役の早替わりを無理とは捉えなかったのか。
 また、気になったのが、共演者のコメントだ。予約したのに、観られなかった人を気遣うものがなかった。中には、切り捨てられたとする人もいるに違いない。
 思えば、歌舞伎座の七月は、長い間、今の猿翁丈が、猿之助歌舞伎として奮闘してきた。あの成田屋が体調を崩したことを考えると、かなりの超人だったといえる。
 そうした中、ジャニーズ事務所が、独立したタレントらを使わぬよう、圧力を掛けていたという。
 圧力で頭に浮かぶのが、現政権だ。今のテレビでは、批判的なことを言わぬが、報復を恐れてのことだろう。
 これは失望でしかない。自ら、マスコミの役割を捨て、今後、起こるかもしれぬ戦争に加担したようなものだ。
 実際、政権の反対者に対し、警察も動き出した。
 先の戦争への道を追体験している気さえする。どうして止められなかったかが分かるというものだ。
                     (第五千八百十段)
by akasakatei | 2019-07-28 18:36 | 社会心理 | Comments(0)

破壊政治屋(ふこうをうみだすせいじ)

()

b0031140_19273517.jpg
(壊れる日々:2019年7月17日撮影)

何もかもが電気仕掛けの世を安心、安全、合理的などと考え、喜々としている連中がいる。マンションの玄関やパソコンの前で、パスワードを忘れ慌て、更には、地震でエレベーターが使えず、階段で上がっているのを見ると、滑稽でしかない。
 その昔は、防犯ひとつでも、地域社会が機能し、何もしなくても、普通に暮らせたものだ。
 昭和末期の本を読むと、昔を振り返る際、のんびりとした時代だったとするものの、仕掛けさえ知らない現代では、何かあると、どう対処すれば、分からないこともしばしばだ。果たして、どちらが優しい時代か。
 実際、ファミレスでは、入口に混雑時に備え、受付の機械があるが、高齢者を見ていると、悪戦苦闘している。
 また、先に、コンビニの不手際に触れた。本部に問い合わせるべく、調べると、どこに確認すれば良いか、分からない代物だった。店舗か、システムか、それとも、チケット会社か。
 何れにしろ、この時点で、その企業は評判を下げるとは思っていないに違いない。
 正直、複数の目を持たずに、物事を進めると、どこかに落とし穴があるものだ。
 落とし穴といえば、最近の高齢者の行動を見ていると、周囲への注意が散漫し、あちこちで面倒を起こしているのではないか。
 昨今、若い人の数が減り、高齢者の割合が増えている。
 町中で、見知らぬ高齢者がトラブルの元になっていることも多い。
 周囲は年寄りということで何も言わぬが、家族もよくひとりで出歩かせるものだ。
 そうした中、選挙演説中、首相に反対する野次を飛ばした人を警察がいきなり排除する。
 信じられないことで、やはり、現政権が危険だということを証明したようなものだ。

(第五千八百九段)


by akasakatei | 2019-07-27 19:26 | 政治 | Comments(0)

成田屋休演(ぶたいのあな)

()

b0031140_09564141.jpg
(幻のチケット:2019年7月16日撮影)

成田屋の体調不良により、歌舞伎座夜の部が休演となる。
丁度、その日のチケットを入手しており、聞くところによれば、

全日程で完売らしい。
これまでの観劇を振り返れば、チケットを購入していて、中止に

なったのは二回だ。
ひとつは、京劇で、海外での流行り病の影響で来日出来なくなっ

た。
もうひとつは、今回の成田屋が麻布での事件で謹慎したためだ。
何れも払い戻しされた。
今回は、直接の申し込みではなく、団体で申し込んでいる。
どうなることか。
ところで、歌舞伎では、一般的に、急病などの場合、他の役者が

代わる。
今回は、『義経千本桜』を元にした作品で、成田屋が十三役を演じ、

代わりがいなかったと思われる。実際、昼の部は、代役、それに、

演出の変更だ。
それにしても、『義経千本桜』を一日で演じることはまずなく、い

くら、ダイジェストとはいえ、無謀だったともいえる。

 それを許した興行会社にも責任はあると思われる。

 舞台に穴を開けることほど、役者にとって、不名誉なことはない。

(第五千八百八段)


by akasakatei | 2019-07-26 09:55 | 文芸 | Comments(0)

地獄世(いきていても)

()

b0031140_19225716.jpg
(雨はいつか止むが:2019年7月15日撮影)

毎日、何をしているのか、と思う。このような日が、これからも続くように感じられるが、現実には、いつか終わりが来る。
 振り返れば、隠居しても不思議ではない年齢だ。実際に、それは許されず、死ぬまで働くことになるだらう。
 尤も、高齢になってからの仕事は限られる。
 体力や気力も考える必要がある。
 退職後のことを不安に思う人が、ほとんどに違いない。
 そうした中、ある現代ドラマの番組宣伝を見る。
 主人公が暮らしている部屋など、どこの話しかと思わせる。
 ドラマである以上、絵空事で当たり前なものの、感覚的に、チャンネルを合わせる気にもなれない。
 それにしても、戦後、これほど、国民に希望のない時代があったか。
 戦争中は、察するに、勝てば、との思いがあり、未だ、そこに希望があったのかもしれない。
 平成以降、失われた時代とされるが、どこに希望を見出だせるのか。仮に、経済と考えているなら、浅はかだ。

(第五千八百七段)


by akasakatei | 2019-07-25 19:21 | 政治 | Comments(0)

日曜雨午前(つゆざむのやすみ)

()

b0031140_12465997.jpg
(雨のお盆:2019年7月14日撮影)

雨の日曜の朝、市ヶ谷、九段下、浜町、東銀座を回る。
各々で用足しをするためだ。
まず、市ヶ谷の観賞魚屋に寄り、仕事場の目高の稚魚用の水草を

買う。
ここから、ひと駅分、九段下まで歩く。
丁度、靖国神社では、みたままつりの最中だ。観光バスが、何台

も止まっている。
また、武道館へ向かう子供達の集団を見る。
夏休みの間、様々な武道の大会があるようだ。
銃剣道もあるみたいだ。
軍隊が絡むため、良いイメージはなく、何年か前、体育の授業に

入ったことで、物議を醸した。
九段下では、昭和館より封書が届き、粗品進呈とあり、クリアフ

ァイルを受け取る。
浜町、東銀座では芝居のチラシが目的だ。
銀座になると、雨にも関わらず、出掛ける連中は出掛ける。

 用を終え、地元に戻ると昼時だ。新しく出来た喫茶店に入る。

(第五千八百六段)


by akasakatei | 2019-07-24 12:46 | 余暇 | Comments(0)

不正世(うわべだけではなく)

()

b0031140_21361839.jpg
(世の裏には:2019年7月13日撮影)

郵便局による不正が明らかになる。これまでにも、所謂、自爆営業など、どこに向けた仕事をしているのか、疑問だったことも多い。
 会見を見ている限り、形だけのものだ。
 このような中、今度は、SNSへの投稿の禁止が報じられる。
 逆に、それほど、組織への不満がある者を恐れたともいえる。
 何れにしろ、民営化し、本当に良くなったのか。甚だ、疑問だ。
 世には、民営化すれば、競争で良くなると考える人もいるものの、成功した例は、極めて少ない。
 それが激しいと組織が疲弊することに繋がる。
 この場合、大体において、一番を目指すことを目標とする。ただ、思うに、その会社だけにしかない売り物もあるのではないか。
 無理に一番を狙う必要もないはずだ。
 選ばれる理由を考えるべきだ。
 そうした中、東京六大学の内、キリシタンを基とする大学が悪い意味で話題となる。セクハラに対する初動ミスで副総長らの退任、それに、カジノを大学で推進させる姿勢を見せたことがその内容だ。

どういう動きを見せるか。

(第五千八百五段)


by akasakatei | 2019-07-23 21:35 | 社会心理 | Comments(0)

残念世(もんだいは)

()

b0031140_05335678.jpg
(何が問題か:2019年7月6日撮影)


 埼玉における中学生の同級生による刺殺事件では、被害者にも非があったことが、明らかになりつつある。親は信じられないようだが、大人の前では、黒の部分を出さない子供は結構いる。

 この事件では、加害者が教師に相談しても、何も解決しなかったみたいだ。

 残念ながら、学校でのこの種の問題では、正直、教師が握手をさせて終わらせようとすることが多々ある。

 教師の自己満足で終わっている。

 そうした中、ハンセン病患者の家族への補償に関し、政府は、法律上の問題があるとした。

 明らかにされてはおらず、やはり、控訴断念は選挙を意識したものと考えざるを得ない。

 裁判といえば、最近の判決を見るに、政権への忖度が感じられ、三権分立には、かなり遠いようだ。

 この動きは警察にもあり、池袋での暴走事故はどうか。所謂、上級国民への逮捕は見送られた。尚、この事故の慰霊碑が、募金で設置されると報じられる。

 最近でも、これだけ可笑しいことがあるのに、関心がないからか、選挙に行かない人、諦めている人、それに、自己責任などと捉える人がいるのは残念だ。

(第五千八百四段)


by akasakatei | 2019-07-22 05:32 | 政治 | Comments(0)