人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

如月木挽町昼舞踊物(こびきちょうだんごうり)

()

b0031140_19162389.jpg
(歌舞伎座の昼の絵看板:2019年2月6日撮影)

二月六日、朝から雨だ。満員電車に揺られ、国立劇場までチラシ

を取りに行く。
ただ、その前に、産土神に挨拶し、溜池辺りまで出、茶巾寿司を

買う。この辺りは、国会議事堂に近いこともあり、警官があちこち

にいる。
重くなった鞄を下げ、併設する伝統芸能情報館でチラシを貰うと

同時に、役者絵の展示を眺める。
この日は、歌舞伎座の昼の部最後の舞踊『団子売』を一幕見席で

楽しむつもりだ。
地下鉄で八重洲にあるいつも行く鮨屋へ行けば、ランチの準備が

出来ていない様子だ。
銀座方面に向かい、どこかで、ランチが出来ないか、店を探す。
この場合、どこでも良いわけではなく、杯が傾けられる店だ。
となると、限られる。やはり、鮨屋か。歌舞伎座近くの鮨屋に入

る。
店主は副総理をちょっと良い男にした感じだ。
ランチの握りには穴子や〆鯖がなく、追加で頼む。
穴子は柚子の香り、〆鯖にはツメが塗ってある。
二合ほど楽しみ、歌舞伎座へ向かう。
スタッフには、発売と同時に来ても大丈夫ですよ、と言われるが、

酔いもあり、雨を眺めながら、発売開始までの一時間を腰掛けに座

る。
この日、観ようとする舞踊は上演時間が十五分にも満たない。成

駒屋と松嶋屋が出演する。
チケットを買い、上演開始まで、近くの喫茶店で暖を取る。
ところで、この日の一幕見席も外人が目立つ。
この日、舞踊なのに訪れたのは、有名な演目にも関わらず、未だ、

観ていないためだ。
終演後、新馬場に出、銭湯で暖まる。

(第五千六百六十段)


by akasakatei | 2019-02-28 19:13 | 文芸 | Comments(0)

理不尽時代(りふじんにみちた)

()

b0031140_06534418.jpg
(道理が通らない世は:2019年2月3日撮影)

 昨年の日大アメフト部における悪質プレーに関する件で、警察は嫌疑なしとした。

 どうしたら、このような結果となるのか。

 ある方面からの警察への介入があったのか。

 不自然さが目立つ。

 警察といえば、千葉での小学生の虐待死について、容疑者が連行される際、顔が見えぬよう、頭巾らしきものを被せた。

 その昔の容疑者らに笠を被せた写真を思い出す。

 人権への配慮かもしれぬが、最近では、すぐにネットに情報が出回る時代だ。

 必要があるのかという気もする。

 現代は不思議なことが多い。

 それだけ、不透明ということだろう。

 何れにしろ、首相からして、嘘の上塗りをする状態だから、あれこれと辻褄が合わぬこともほとんどだ。

 このような時代を生きているということは、ある意味、理不尽に満ちたことばかりということだ。

(第五千六百五十九段)


by akasakatei | 2019-02-27 06:52 | 社会心理 | Comments(0)

仕事無資格(しごとにむきあえ)

()

b0031140_06094858.jpg
(地域が衰退し:2019年2月3日撮影)

 小学生の虐待死に伴い、関わった児童相談所の責任者が会見する。目が泳いでいる。

 このような結末を迎え、己の将来に影響を及ぼしたからか。

 虐待死といえば、昨年にも、目黒の事件が報道され、二度と繰り

返さないとされた。

 にも関わらず、この事件だ。

 容疑者の恫喝に屈し、子供を守る気がないのが明らかとなった。

 真面目に仕事をする気があるのか。

 何れにしろ、仕事をきちんとしろと言いたい。

 きちんと仕事といえば、自殺した生徒に対する教師らによる苛め

が報告される。

 名ばかり教師というのが多い。

 今、教育現場はどうなっているのか。

 なる資格がない者が教師となっているのではないか。

 そうした中、先の件に関し、容疑者のの勤務先の代表者が会見す

る。

どのような人間を雇用しているのか。

(第五千六百五十八段)


by akasakatei | 2019-02-26 06:08 | 教育 | Comments(0)

如月木挽町夜舞踊物(こびきちょうそがものぶよう)

()

b0031140_21470210.jpg
(如月歌舞伎座夜の部の絵看板:2019年2月4日撮影)

二月四日、仕事帰りに、歌舞伎座夜の部の一幕見席へ足を運ぶ。
舞踊『當年祝春駒』が目的だ。

高砂屋、萬屋、播磨屋らが出る。
舞踊への関心は低いけれど、曽我物で、上演時間も短いため、寄

る気になる。

所謂、曽我物の芝居のダイジェスト版である。
筋書きを買い、中を捲れば、今月の歌舞伎座は、初世尾上辰之助

三十三回忌の追善狂言となっている。
残念ながら、生前に観たことはない。書物で知るだけだ。
尚、この日の舞踊の一幕見席には、外人、特に、アジア系が目立

つ。
上演中、マナーの注意されている人を何人か見る。
マナーといえば、最近では、車内でも、スマートフォンを歩きな

がら弄っている連中があちこちにいる。その歩く速度が、周囲の迷

惑になっていることに、何故、気付かぬか。
察するに、ゲームか何かで、重要な件でもないだろう。
昔なら、確実に田舎者と呼ばれたに違いない。

                    (第五千六百五十七段)


by akasakatei | 2019-02-25 21:45 | 文芸 | Comments(0)

休日雑用事(やすみにあたまにはいるは)

()

b0031140_04450093.jpg
(今も昔も:2019年2月3日撮影)

東京新聞を取っている。
販売店は朝日新聞がメインで、配達員が、朝日新聞を購読しない

かと来る。
新聞代は、配達員が負担するという。
俗にいう自爆営業だ。ノルマがあるのかもしれぬが、これを繰り

返すと、朝日新聞そのものの営業数字が信用出来ないということに

なる。
正直、自爆営業が企業価値に繋がるかといえば、作為的に作られ

たもの故、何の意味も持たない。
その企業の存在自体、疑問視される。
似たものに、聖教新聞がある。学会員が負担していることも多い。

取らされる方は、読まずに、ゴミ箱に入れていることがほとんどだ。

 商売上、付き合いで配達される場合など、お客さんの目に触れな

いようにと、新人への注意事項ともなっている。

 そうした中、テレビを点けると、「スーパー戦隊物」が流れる。見

れば、母校のキャンパスだ。

 出身学部の建物が使われている。

 三十年経過しても、すぐに分かるのだから、不思議なものだ。

                   (第五千六百五十六段)


by akasakatei | 2019-02-24 04:43 | 社会心理 | Comments(0)

深川辺節分(せつぶんのふかがわ)

()

b0031140_18480564.jpg
(節分の日の深川神明:2019年2月3日撮影)

深川の江戸資料館で、初午の再現がされている。
意外に、初午については、体験する機会がない。
足を運ぶ。
地口行灯が、長屋の門口に付けられている。
昼となり、桜鍋で腹を満たす。
そういえば、この日は節分で、この近くにある深川神明で、午後

から豆撒きがある。
足を延ばしてみる。
富くじもあるらしく、境内からの行列が外へと出来ている。
この辺りは、以前にも触れたが、年末に忘年会でよく来ていた。
また、学校を出て、最初に働いた会社で隣りの部署にいた先輩が、

住んでいた。
思えば、この日で五十だ。三十年近くも前の話しだ。
その先輩の家より、考えていたらしき人物が現れる。
良い意味で歳を重ねた感じた。
先輩は社務所に入って行く。
どうやら豆撒きをするようだ。
その豆撒きだが、まず、富くじが発表され、次に鬼が登場し、神

主が豆撒きをする。
この後、年男、年女らが豆撒きする。集まった人達が袋を広げ、

撒かれたものに目の色を変えている。

(第五千六百五十五段)


by akasakatei | 2019-02-23 18:46 | 余暇 | Comments(0)

国難色眼鏡(ほんしつがみえない)

()

b0031140_08051292.jpg
(嘘で満ちた世は:2019年2月3日撮影)


 新聞によれば、新元号の公表を巡り、現首相を支持する保守系団体が、機関誌において、遺憾としているという。この団体は、首相同様、憲法改正を考えている。

 にも関わらず、記事の中に、「憲法の趣旨に沿い、皇室の伝統を尊重とする」とある。

現憲法を否定している連中が何を言っているのか。

正直、この団体については、国家転覆を計画した宗教団体と、ある意味、変わらないのではないかとさえ思う。

愛国心といえば、同日の同じ新聞に、識者が、日本人らしさも含め、学校で教え込むのを止めた方が良いと提案している。

 自画自賛が国家衰退に繋がるとのことだ。

 全くその通りだろう。

 ある調査では、現在、我が国はファシズムの初期とのことだ。

 これが国難でなくて、何というのか。

 それにしても、このような政権を支持する輩が、かなりいるのだから、驚かされる。

 本質を見抜けぬ輩を生み出したことこそ、国難だろう。

(第五千六百五十四段)


by akasakatei | 2019-02-22 07:16 | 社会心理 | Comments(0)

人権大放声(じんけんはいずこへ)

()

b0031140_19373413.jpg
(大学も人権無視の傾向が強く:2019年2月1日撮影)

女子大生を殺した容疑者に関し、ネットにおける声は、本人が耳にしたら怒り出しそうなものばかりだ。
 怒るというのは、容疑者は三十代半ばだが、その外見へのことだ。
 最初は高校時代らしき写真が出ていたが、その内に、現在の姿が晒される。
 これが出回ると、ネットでは、別人の顔写真を使い、被害者を呼び出したのではないかと言われる始末だ。
 ここでは、容疑者への人権など、全く無視されている。
 人権無視といえば、有名俳優が逮捕される。
 強制性交の疑いだという。
 こちらについては、その容疑以上に、本名も出たことで、その国籍に戸惑うファンもいる様子だ。意外に知られていなかったみたいだ。
 ファンが演技を評価しているなら、国籍など関係ない気もするけれど、そうでもないということか。
 確かに、ネット上での隣国への批判など、常軌を逸している。
 ある意味、冷静さを欠き、話し合える状態ではない。
                   (第五千六百五十三段)


by akasakatei | 2019-02-21 19:36 | 社会心理 | Comments(0)

保身教育委員会(じどうよりおのれをまもれ)

()

b0031140_18245565.jpg
(狂った世を質すのは:2019年2月1日撮影)

さいたまの公民館における俳句掲載の問題について、教育長が謝罪し、時期外れの句を掲載されることになった。
 あまりにも、憲法を守るべき公務員が、政権への忖度の結果、表現の自由を無視した形となった。
 公務員といえば、野田における児童虐待死への対応か。
 悪事が次々と暴かれる容疑者の父親の恫喝に恐れ、秘密を守れなかったことが明らかになった。
 俗にいうモンスターペアレントは、教師の毅然な対応が足りないのではないか。
 想像力さえあれば、亡くなった子がどうなるか、分かるはずだ。
 基本的に、苛めの問題も同様に違いない。
 公僕である公務員らが保身に走り、守秘、基本的人権が無視された感じだ。
 この種の事件では、毎度、会見が開かれるものの、どこも同じような言葉だ。他人事にしか思えぬ。
 察するに、全国的には、もっと人権が無視されている事例があるはずだ。政権が気にする一等国にはほど遠い。
 尤も、これまで以上に、人権も含め民主主義を破壊させたのは、当の現首相故、自業自得に違いない。
 それにしても、未だ、ネットでは、この句について、様々に言われるが、今ある憲法を守ることが、悪いことのようにされるのは不思議だ。
 守るのは当然で、無視している政権や右派の方が問題だ。
 ネットといえば、茨城において、行方不明となっていた女子大生が、遺体で発見される。
 新聞を見ても、今ひとつ、女子大生の行動に関し、理解出来ない点がある。ネット上で知り合った見知らぬ男のところへ、何故、足を運んだのか。このような行動は危険だと、煩いほど言われている。

(第五千六百五十二段)


by akasakatei | 2019-02-20 18:23 | 教育 | Comments(0)

大学非民主(だいがくのかんりか)

()

b0031140_18031160.jpg
(知が崩壊している今:2019年1月31日撮影)

毎朝、寄る喫茶店でのことだ。
未就学児と母親が来る。母親は、苛立っている様子だ。丁度、こ

の朝、人身事故が起き、その影響か。やたらと、娘に注意している。
そうした中、珍しくコメントが入る。
なるほど、現政権は無力感を与えようとしているのか。
無力感といえば、それに立ち上がった学生が新聞に出ている。新

自由主義を進めた大臣が、今は教授になっている大学での話しだ。

これは先にも触れた。
新聞によれば、最近の大学では、ある意味、株式会社化が進み、

以前とは違うらしい。天下り、それに、大企業経験者が入り、権力

者への権限が強化されているとのことだ。学生に求められるのは、

従業員化らしい。
確かに、母校に感じた可笑しさは、以前にも触れた通りだが、他

大学でも、ここまで進んでいるとなると、知の研究より、かつての

学校将校がいた時代を思い出す。
それにしても、今回の件は、大学側の予期せぬ結果となり、逆に、

評判を落としたのではないか。
大学への期待は、産学ではなく、別のことだ。

(第五千六百五十一段)


by akasakatei | 2019-02-19 18:01 | 社会心理 | Comments(0)