人気ブログランキング |

カテゴリ:産業( 634 )

不便小売店(じつはふべんな)

()

b0031140_15524224.jpg
(コンビニとは:2019年7月12日撮影)

ネットで芝居のチケットを取る。コンビニで受け取るべく、店内の機械を操作したところ、印字がされない。
 店員を呼ぶが、一向に直る気配がない。
 店員はふたりで、ひとりは大学生、ひとりは、アジア系の女性だ。
 最初、店員は、紙詰まりと判断したようだが、それに問題はなく、フリーズしているらしく、どう見ても、再起動させた方が良いように思える。
 そう言うと、アジアの女性は権限がないとし、責任者を呼ぶように伝えると、今日はいない、などとし、どう見ても、利用者対応が出来ていない。
 ここでまず、問題となるのは、印字された場合、三十分以内にレジとの指示があることだ。
 過ぎた場合、どうなるのか。
 仮に、無効となったら、補償はされるのか。
 何れにしろ、今回のトラブルについて、驚くのは、店員自身、自分で利用したことがないからか、流れが分かっておらず、利用者の気になることが分かっていないことだ。
 結局、本部か何かに確認し、やっとチケットが発券される。一時間ほど掛かる。大いに疲れる。

 こうなると、すぐに、責任者への連絡が取れず、待たされる身としては、便利という名のコンビニとは名ばかりともいえる。

(第五千八百三段)


by akasakatei | 2019-07-21 15:51 | 産業 | Comments(0)

仕事質低下(ながされるひとびと)

()

b0031140_06344020.jpg
(雲に煙る町は:2019年6月30日撮影)

 コンビニの独自決済サービスに関し、トラブルが起きている。利用者について、よく分からないものを使うと思う。

 メリットにしか見ていないからだろう。

 世は、キャッシュレスの方向だが、仕事場においては、その関連で、時々、トラブルが発生する。復旧させるには、専門家を呼ばねばならず、正直、不便でしかない。先日など、部品の取り寄せが必要で、二日掛かった。

 最近では、効率化の名の下、何事も、一か所に集約する傾向があるものの、令和の世なのに、すぐに、対応出来ないこともしばしばだ。

 それにしても、効率化とは、何を持って言っているのか。かつての顧客や利用者のためという思考はないからか、不便を強いても、涼しい顔をしている。

 不便と感じさせた場合、次がないことの発想が欠如している。

 発想といえば、世では、子育ても投資と考える連中もいるようだ。人は物ではない。

 こうなると、仕事選びも、向く向かないより、メリットデメリットで選び勝ちだ。結果、事件、事故に繋がっている気もする。

(第五千七百九十六段)


by akasakatei | 2019-07-14 06:32 | 産業 | Comments(0)

効率罠(まさかのひこうりつ)

()

b0031140_16583047.jpg
(大事なことが忘れられ:2019年6月27日撮影)

旅に関し、鉄道の切符について、最近では、チケットレスも増えている傾向だ。
 ただ、本当に便利なのか。
 当世、何事にも、効率や無駄などを重視するものの、旅とは非日常で、それだけで、冷静な気分でいられるはずがない。
 仮に、携帯電話などが故障した場合、どうなるのか。
 何が起きたか、ただでさえ、分からない状態で、旅先において、判断出来るものでもないだろう。
 また、ネットによれば、駅の旅行センターがかなり減るみたいだ。
 近頃では、対面によるみどりの窓口も少なくなっており、分からない人にとっては、旅へのハードルが高くなっている。
 思うに、導入する方は簡単な操作で問題がないとの判断なのかもしれぬが、初めて利用する人のことを考えているのか。
 そこで、アレルギーを起こす人もいる。
 何れにしろ、昨今、出来ない方が悪いと、自己責任的な発想が蔓延するものの、そこには、効率優先しかないのだろう。
 このような世が、果たして人間的なのかは疑問だ。

(第五千七百八十九段)


by akasakatei | 2019-07-07 16:57 | 産業 | Comments(0)

外資系欠点(つかいたくないりゆう)

()

b0031140_05360940.jpg
(我が国には:2017年6月29日撮影)


 仕事場において、外資系企業と関わることになる。

 こちらが顧客だが、何かを訊くと、全く融通が利かず、マニュアル以外のことは何も出来ないという。

 正直、疲れるばかりで、利用者のことを考えてはいないようだ。己の利益ばかりしか頭にないのだろう。

 更にいえば、担当者もおらず、チームで対処するようだが、これも上手く機能していない。

 理解出来ないのは、顧客が悪いという態度だ。

 世には、外資系が良いとばかり、真似する企業が相次いだものの、顧客の視点からすれば、腹立たしいことしかない。可笑しくなった企業は山ほどある。

 それにしても、今回の話しも、上の繋がりから関わることになったものの、その後の流れを見ていると、外資系特有の人の出入りも激しいらしく、知らぬ間に辞めてしまった。

 無責任な話しである。

 何れにしろ、個人的には、外資系は胡散臭く、信用はしていない。

 利用したいとも思わない。

                      (第五千七十五段)


by akasakatei | 2017-07-23 05:34 | 産業 | Comments(0)

見掛策(そこをみないと)

()

b0031140_19293892.jpg
(消費を増やそうという時点で:2017年2月12日撮影)


東大入試の前日、キャンパス近くの喫茶店で休む。

 朝ということもあり、朝食を済ます人も多い。

 そうした中、父子がいる。

 分厚い参考書を子供は広げている。

 父がマスターに訊く。

 明日、明後日の朝も利用したいが、何時から開いているか、という。

 七時からだが、十分くらいなら早く開けられると伝えている。

 この日、周辺には、この類の親子が結構いる。

 また、同日、世では、早く帰る月末の金曜日が始まる。

 消費拡大を期待というものの、サービスを提供する労働者が多くなっている現在、期待した通りになるかは疑問だ。

 反対に、サービス業では労働時間が増え、差が付くだけではないのか。

 その辺を考慮しているのか疑問だ。

 過労死に繋がるだけではないか。

 特に、この業界では、利益が増えても、所得が増えるわけでもない。

                   (第四千九百三十七段)


by akasakatei | 2017-03-07 19:27 | 産業 | Comments(0)

師走末労働(しわすのろうどう)

b0031140_16552685.jpg

(年末風景:2016年12月31日撮影)


 師走三十日、仕事である。
 六時半近くの列車に乗ると、意外に、勤めらしい人が目立つ。
 日比谷で、ほとんどが下車する。
 サービス業に関わる人か。
年末年始に休めるのは、今や、一部なのではないか。
 この日は、やや遅い列車で出勤する。
 というのも、いつも行く喫茶店の開店時間が、いつもより一時間遅いためである。
 ところが、行ってみると、かなり込んでいる。
 マスターによれば、年末年始の開店時間を知らない人が早く来たため、早めに開けたとのことだ。
 コーヒーを飲みながら、新聞を広げると、元旦の営業についての話しが出ている。
 便利さか、それとも、従事している人にも休みを与えるかどうかが論じられている。
 尚、同じ新聞には、コンビニのFCにおいて、長時間労働で亡くなった人の記事もある。
(第四千八百七十九段)
by akasakatei | 2017-01-08 19:06 | 産業 | Comments(0)

幻経営(げんそうしゃちょう)

b0031140_19473442.jpg

(卒業後に待つのは:2016年3月15日撮影)


個人の喫茶店だと、確認してくれるが、この類いでは難しい。
そうした中、よく行くチェーン店の女性スタッフが、卒業のため、
退職すると聞く。今後は、大学院に進むらしい。
改めて、遠い昔を思い出す。
卒業後、いくつかの会社に在籍した。同族会社ばかりだ。
様々な会社があったけれど、代表者が、社員のことを考えている
ところは少なかった。
中には、経営が可笑しくなり、経営のプロが来た会社もあった。
しかし、立て直せなかった。
というのも、一般社員を無視し、中間管理職以上にだけ、物事を
相談しなかったからだ。
何れにしろ、その種の連中は、目先ばかりだから、本当には立て
直せない。
連中は、このため、効率や合理化などという。目に見えないもの
まで失われる。そうすることにより、良くなるものでもない。
 待っているのは、衰退だけだ。
 依頼する方もどうかしている。
(第四千五百八十三段)
by akasakatei | 2016-03-18 19:46 | 産業 | Comments(0)

店性格(みせのきゃくそう)

b0031140_7355784.jpg

(店の性格は町のそれとも重なる:2016年2月25日撮影)


朝、いつものチェーンの喫茶店で、先日、買った全集を読む。
段々、目が疲れて来る。
寝不足や老眼もあるに違いない。
そうした中、例により、二百三高地頭のオバサンが来る。
年配のスタッフに対し、暇な時に、同系列の六本木やアークヒル
ズにある店を見るべきだという。
レベルの高いスタッフがいるとのことだ。
今の店は、価値はあるものの、レベルは高くないと続ける。
このオバサン、老舗ホテルを常に使っていることもあり、結構、
良いものを分かっているのだろう。
だけれど、注文を言われている店は、大学構内にある店で、客層
がかなり異なる。
確かに、学生以外の教師や職員、外部の人間も利用はするが、ほ
とんどは学生ではないか。
各々に合わせられるのが、高いレベルと思われる。
その仕事帰りに、中野に寄る。
中学時代の連中が集まる。時間があるので、銭湯で暖まる。浴室
の絵は富士山だ。
(第四千五百六十三段)
by akasakatei | 2016-02-27 07:35 | 産業 | Comments(0)

低料金社会(ていりょうきんのへいがい)

b0031140_19493450.jpg

(文化は余裕がないと生まれない:2016年1月21日撮影)


飛行機事故が起きると、利用者が一時減る傾向がある。
バスは、どうか。
学校旅行など、どうなのだろう。
これこそ、使うのは貸切バスだから、ある意味、考える必要があ
る。
先の事故で、バス会社と旅行会社における関係が、氷山の一角で
はあるが見えてきた。
聞いた話しだと、団体を夜行で送り、仮眠後、他団体を乗せ、と
んぼ返りさせる例もあるようだ。
また、旅行会社は、バス会社以外にも、宿泊施設について、圧力
を掛けることがあるらしい。
何れにしろ、余裕がないからだ。
それにしても、世において、ただ安ければ良いという風潮はどこ
から来るのか。
カラクリがあること自体、分かりそうなものだ。
歪な関係となり、結局は、利用者、消費者に返って来る。
適正価格を知るべきだ。
(第四千五百三十一段)
by akasakatei | 2016-01-26 19:48 | 産業 | Comments(0)

試験版:昼料金(めしにかける)

 
b0031140_13375535.jpg

(野暮集い評判店の年忘れ:2015年12月26日撮影)


仕事帰り、時々寄るフランス料理店に足を向ける。
 クリスマスも終り、店内は比較的空いている。
 顔馴染みの店主と話しをする。
 話題は、ランチの値段についてだが、会社員が行けるそれは、千円くらいまでという話しになる。
 今の会社員は、弁当で済ます人も多い。これだと、五百円くらいか。
 社会に出た当時は、八百円くらいが多かった。その後、喫茶店に入り、コーヒーを飲むのが普通だった。
 平成生まれの会社員も増え、そうした時代を知らない人も結構いる。
 今の会社員は、それこそ、地獄に近い。
 以前のように、忠誠を誓っても、使い捨てにされる可能性も高い。
 生活に、常に、不安が付き纏うから、より安いものへと走るのだろう。
 ある筋によれば、今後、生活保護者が増えるとも言われている。
 完全に、政治、経済の失敗である。
(第四千五百二段)
by akasakatei | 2015-12-28 14:37 | 産業 | Comments(0)