人気ブログランキング |

カテゴリ:教育( 246 )

仕事無資格(しごとにむきあえ)

()

b0031140_06094858.jpg
(地域が衰退し:2019年2月3日撮影)

 小学生の虐待死に伴い、関わった児童相談所の責任者が会見する。目が泳いでいる。

 このような結末を迎え、己の将来に影響を及ぼしたからか。

 虐待死といえば、昨年にも、目黒の事件が報道され、二度と繰り

返さないとされた。

 にも関わらず、この事件だ。

 容疑者の恫喝に屈し、子供を守る気がないのが明らかとなった。

 真面目に仕事をする気があるのか。

 何れにしろ、仕事をきちんとしろと言いたい。

 きちんと仕事といえば、自殺した生徒に対する教師らによる苛め

が報告される。

 名ばかり教師というのが多い。

 今、教育現場はどうなっているのか。

 なる資格がない者が教師となっているのではないか。

 そうした中、先の件に関し、容疑者のの勤務先の代表者が会見す

る。

どのような人間を雇用しているのか。

(第五千六百五十八段)


by akasakatei | 2019-02-26 06:08 | 教育 | Comments(0)

保身教育委員会(じどうよりおのれをまもれ)

()

b0031140_18245565.jpg
(狂った世を質すのは:2019年2月1日撮影)

さいたまの公民館における俳句掲載の問題について、教育長が謝罪し、時期外れの句を掲載されることになった。
 あまりにも、憲法を守るべき公務員が、政権への忖度の結果、表現の自由を無視した形となった。
 公務員といえば、野田における児童虐待死への対応か。
 悪事が次々と暴かれる容疑者の父親の恫喝に恐れ、秘密を守れなかったことが明らかになった。
 俗にいうモンスターペアレントは、教師の毅然な対応が足りないのではないか。
 想像力さえあれば、亡くなった子がどうなるか、分かるはずだ。
 基本的に、苛めの問題も同様に違いない。
 公僕である公務員らが保身に走り、守秘、基本的人権が無視された感じだ。
 この種の事件では、毎度、会見が開かれるものの、どこも同じような言葉だ。他人事にしか思えぬ。
 察するに、全国的には、もっと人権が無視されている事例があるはずだ。政権が気にする一等国にはほど遠い。
 尤も、これまで以上に、人権も含め民主主義を破壊させたのは、当の現首相故、自業自得に違いない。
 それにしても、未だ、ネットでは、この句について、様々に言われるが、今ある憲法を守ることが、悪いことのようにされるのは不思議だ。
 守るのは当然で、無視している政権や右派の方が問題だ。
 ネットといえば、茨城において、行方不明となっていた女子大生が、遺体で発見される。
 新聞を見ても、今ひとつ、女子大生の行動に関し、理解出来ない点がある。ネット上で知り合った見知らぬ男のところへ、何故、足を運んだのか。このような行動は危険だと、煩いほど言われている。

(第五千六百五十二段)


by akasakatei | 2019-02-20 18:23 | 教育 | Comments(0)

幼児教育質(ようちえんにて)

()

b0031140_18354484.jpg
(隙間から:2018年10月24日撮影)

地元の世捨て人より連絡がある。
娘の通っている幼稚園のクラスにダウン症の男児がいるとのこと

だが、転園を幼稚園側から迫られているらしい。
クラスに付いていけず、補助の先生がつきっきりで、クラス全体

に遅れが見られるみたいだ。
ただ、これを知った他の保護者らは、そのやり方に、幼稚園との

溝が出来つつあるようだ。
最初からダウン症と分かっていて、入園時に許可したのだから、

卒園まで面倒を見るべきではないかとも思う。
尚、それを許可した園長は、その後、すぐに急死し、別の園長に

なった経緯がある。これが、また、話しを複雑にさせている感があ

る。
それにしても、ここまで、話しが拗れたなら、その子の幸福を考

え、今後を考えるべきだろう。
また、この一連に、心理や医療関係者が出て来ないが、その方面

からの意見も聞くべきだったのではないか。
何れにしろ、後味の悪い結果になりそうだ。
                  (第五千五百六十四段)


by akasakatei | 2018-11-24 18:34 | 教育 | Comments(0)

右派教育校(うはがおおでをふって)

()

b0031140_05180072.jpg
(日常の闇:2018年5月27日撮影)

 今や、右派が大手を振って歩く時代だ。

 かつては笑い話にだったことが、国会で、真面目な顔をして議論されている始末だ。

 このような時代になったにも関わらず、昭和末期でも、名を馳せた右派系の学校は、表向き普通に見える。

 当時の写真を見ると、最早、冗談でしかない。

 あそこに進んだなら、殺されてしまうと巷では言われたものだ。

 更にいうならば、これほど、右派が増えたなら、そうした学校へ進みそうにも思えるものの、志願者が急増した話しも聞かない。

 教育といえば、虐待があれこれ言われ、そうした中、五歳で虐待死された子のノートが報道される。

 どのような気持ちだったか。

 父親は躾というが、その後、虐待の発覚を恐れ、病院へ連れて行かなかったと供述したらしい。なら、虐待と気付いていたのではないか。

 また、最近では、育児を投資と捉える親もいると聞くが、何を考えているのかと思う。

                    (第五千四百三十段)


by akasakatei | 2018-07-13 05:16 | 教育 | Comments(0)

教師己見方(きゃっかんてきにみられぬから)

()

b0031140_18372176.jpg
(権力者はもう少し見つめ直すべきだ:2018年5月27日撮影)

日大アメフト部、加計に関し、学校のトップは、未だ、逃げてばかりだ。黒い噂が流れている。
 そうした中、苛め問題を隠蔽した教育委員会、校長が報道される。
 亡き鵠沼の大家によれば、学校という組織は閉鎖的で、外から言われないと何も変わろうとしないものらしい。
 どんどんと意見すべきと言っていたのを思い出す。
 大家は、元校長だけあり、なかなか興味深い話しだ。
 それに触発されたからではないだろうが、大学入試について、文部科学省より問題を公表する動きが発表される。ミスが相次いだからに違いない。
 教師は己を過信しているから、隠蔽や虚偽、更には、理解出来ない行動に走る。

どれだけ偉いつもりなのか。
 過信といえば、首相か。
 疑惑だらけで、法を恐れることもなく、土足で我が国を踏みまくっている。
 暴走を止めるべき連中が何もしていない。

(第五千四百二十九段)


by akasakatei | 2018-07-12 18:36 | 教育 | Comments(0)

育児根本事(じんこうのへるわけ)

()

b0031140_16455906.jpg
(休みには:2017年10月15日撮影)

 最近、よく行く店の女将がいう。

 休みの日に、店主と子供を残して出掛けると、帰った時が怖いとのことだ。要するに、散らかっているという話しだろう。

 一方、店主は、休みの日くらい好きなことをしたいみたいだ。

 両方の気持ちは分かる。

 更に、女将は続ける。

 よく家事を手伝って欲しいという女性がいるが、それでいて、やって貰い、結果に細かいことをいう女性の気持ちが分からないと話す。

 こうした女性はかなり多い。

 見合い時、男性に料理を作るかと確認する者もいる。

 相手への条件ばかりで、では、男性から求められた際はどうか。

 現在、独身者が増えている理由はここにもある。

 そうした中、選挙も近くなり、漸く、先ほど、選挙公報が届いた。

 中を見ると、どうして保守系を選ぶ連中がいるのか分からぬ公約が並ぶ。

 人口が減っているのは、結婚しないではなく、出来ない環境、それに加え、子供を持ち辛い状況も関係する。後者は、教育費もそうだが、学校へ入る前に預ける場所がないこともある。

 問題の根本さえ分かっていれば、保守系に入れる理由がない。

(第五千百七十一段)


by akasakatei | 2017-10-27 16:45 | 教育 | Comments(0)

実技教科不要化(ぶんけいよりやくにたたない)

()

b0031140_19070917.jpg
(文系が不要というのなら:2017年6月10日撮影)


最近、文系不要論をよく聞く。

 金にならないからだという。これは、以前にも触れた。

 その割りには、実技教科における音楽不要論、美術不要論、運動不要論などは聞かない。

 何故、政権は、文系ばかりを目の敵にするのか。

 運動や芸術など、一部の人間を除き、何の利益にもならないものだろう。

 仮に、あるというならば、商業利益か。

 それに毒されているものが五輪か。

 これも以前に触れた。

 何れにしろ、安易にメダルというものの、感動したことはない。

 音楽、絵なども同様だ。

 更にいえば、それらの教師に関し、本当に、教育的な情熱があるのか疑問だ。

 依怙贔屓や己の価値観で成績を付けているとしか思えない。

 指導している姿を見た記憶がない。

 そうした点でいえば、教育者とはほど遠い。何れにしろ、教科にしておく必要はないのではないか。

                      (第五千四十四段)


by akasakatei | 2017-06-22 19:05 | 教育 | Comments(0)

実技教科謎(せんかきょうしのやみ)

()

b0031140_18262219.jpg
(学校をつまらなくさせるのは:2017年5月28日撮影)


風邪が悪化し、咳、鼻水、クシャミまで出始める。
追加の薬を貰う。
待合室で雑誌を手に取ると、女性が尼の頭をした風俗で中学生を

雇用していたらしい。
芝居のイヤホンガイドで、頭を剃り、尼になる演目があり、妙な

色気があると解説していたことを思い出す。
また、かつては比丘尼もあった。
そうした中、スポーツ庁が、中学生のスポーツ嫌いを半減させる

という。
多くは、学校体育で嫌いになるようだ。
正直、体育に限らず、実技の伴う科目は、そうなる可能性が高い。
以前にも触れたが、それらが好きで教師になった連中は、苦手と

する生徒の気持ちが分かっていないことがほとんどだ。
今後、英語でも、英会話が入ると、実技だから、嫌いになる生徒

が増えるのではないか。
こうした科目は、急に、出来るようになったとの話しを聞かない。

 嫌いをなくすには、好きな輩ばかりに対策を訊かないことではな

いか。

(第五千三十五段)


by akasakatei | 2017-06-13 18:24 | 教育 | Comments(0)

教師不祥事(じょうしきなききょうし)

()

b0031140_19241050.jpg
(何が信用出来るのか:2017年6月1日撮影)


最近、教師の不祥事をよく耳にする。
盗撮、未成年者への猥褻行為など、所謂、教師らしからぬものだ。
教え子は、如何に思うか。
思うといえば、それに関連する教育委員会も、世間の常識と掛け

離れている。
特に、各地での苛めによる被害者の自殺について、関係ないと発

表した後、批判により、一転認めることが多い。
終戦の年の八月十五日を境に変わったことを思い出す。
何れにしろ、古い体質で、組織を守ろうとする力が働くのだろう。
ただ、考えるに、それにより、信頼が失われるという結果へは頭

がいかないようだ。
現在、どのくらいの人が、公教育に不信感があることか。
そうした中、いつもの仕事場近くの喫茶店で、マスターと常連の

会話を聞く。
アルバイトをする際、応募者が重視することだ。怒られない、近

いを基準にし、時給ではないらしい。

 世は人手不足というものの、正規での求人は少ない。

(第五千三十四段)


by akasakatei | 2017-06-12 19:23 | 教育 | Comments(0)

最近小中学(みなれぬご)

()

b0031140_18292595.jpg
(勉強とは:2017年3月8日撮影)


十二月に出版された児童文学を読む。鉄道を題材にしたものだ。
主人公は小学生で、学童クラブが出て来る。子供の頃にはなく、

今ひとつ、イメージが出て来ない。物語では、四年になったら、行かなくなったとある。年齢制限があるものなのか。
 そうした折り、最近の中学校では、キャリア教育をしなければならないことを知る。
 こちらも頭に浮かばない。
 何になりたいか、未だ、無理な感じがする。
 それでも、聞くところによれば、修学旅行で、東京に来る学校は、国立大学や有名私立大学、そして、体育大学も回るようにコースを組み、更に、企業へも行くみたいだ。尚、息抜きで、浦安の鼠男がいる国も外せないらしい。
 確かに、様々な分野の人の話しを聞くのは悪くないが、社会は動いている。大人になった時、斜陽産業になっている可能性もあるだろう。
 どう修正するのか。
 それに対応するのが、社会では難しい。

(第四千九百五十三段)


by akasakatei | 2017-03-23 18:27 | 教育 | Comments(0)