人気ブログランキング |

2019年 08月 12日 ( 1 )

水組織(みずがあわない)

()

b0031140_17230419.jpg
(同じ浸かるでも:2019年8月4日撮影)

仕事場で、先日より飼い出した改良目高が一匹死ぬ。
未だ、四日ほどで、水が合わなかったのか。
魚は、意外と、水合わせが大変で、これを上手くしないと、すぐ

に死ぬ。
かなりデリケートな生物だ。
 世では、水が合う、合わないという。
 一般的には、その組織に馴染めているか否かだが、魚を見ていると、なるほどと考える。
 ところで、その組織の内、企業に関し、転職が多くなった最近では、あまり耳にしなくなった言葉に、外様がある。
 外様が意見すること自体、考えられなかった。
 尤も、今でも、同族会社や古い体質の会社では、嫌がられる。
 その空気も読まず、口にすれば、当然、衝突も起き、雰囲気が悪くなる。
 大体において、転職者がいうのは、前の職場ではこうしていた、ということを言い出す。そこにはそこのやり方があることを忘れている。
 それを忘れ、自らがやり易いように変えようとすれば、長で入ったなら、一応、従うかもしれぬものの、一般社員や非正規雇用では、反発を招くばかりだ。
 最近では、組織に新しい血を入れる云々などと聞く。これについては、まず、雰囲気に慣れ、周囲の信用や信頼を得てからの話しではないか。

(第五千八百二十五段)


by akasakatei | 2019-08-12 17:21 | 社会心理 | Comments(0)