2018年 05月 03日 ( 1 )

平成春養老鉄道(はるのようろうてつどう)

()

b0031140_17315497.jpg
(養老鉄道:2018年4月2日撮影)

岐阜羽島からはバスで大垣に向かう予定だ。
名阪近鉄バスの羽島線で、本数は一時間に一本だ。所要時間は三

十分くらいだという。
七時一分、岐阜羽島着。
次のバスは五十四分だ。
この間を利用し、コーヒーを飲む。
タクシーを利用したい気もするが、バスがあるのに、利用するの

は気が引ける。
そのバスだが、発車時刻間際に現れる。
長良川、揖斐川のふたつの橋を越える。 
橋があると渋滞が発生し易い。また、この日が月曜日で、新年度

始めだからか、かなり道が渋滞し、更には、途中で下車する人が運

転手に道を訊くものだから、六分遅れで、大垣に着く。
養老鉄道の窓口で、急いで一日乗車券を買い、八時四十六分発の

揖斐行きに乗る。車内に自転車を持ち込むことも出来る。
沿線には、桜や菜の花が咲く。
九時十分、揖斐着。
すぐに折り返す。
大垣で三分の接続の桑名行きに乗り換える。
山里を抜けながら、十時五十八分、桑名着。 
久し振りの三泊の旅で、大荷物を抱えながら、後は帰京するだけ

だ。

(第五千三百五十九段)


[PR]
by akasakatei | 2018-05-03 17:30 | 余暇 | Comments(0)