2018年 04月 30日 ( 1 )

平成春上方民営(かみがたちかてつみんえいか)

()

b0031140_17213533.jpg
(御堂筋線:2018年4月1日撮影)


大阪市交通局のバスで、なんばに向かう。考えてみると、大阪市

交通局のバスは初めてだ。最後になって、やっと乗る。

難波より、法善寺横丁を歩く。十四時過ぎだが、お好み焼き屋は、

どこも行列だ。

ホテルに戻り、近くのチェーンの居酒屋で、タイわた塩辛、とび

魚のさつま揚げを肴に、和歌山、高知の酒を嗜む。

また、初鰹のタタキがあり、それに、店、名物の〆鯖を頼む。

前者は国立劇場での鰹売りの出て来る芝居、後者は店により味が

異なるので注文する。 

四月一日、大阪市交通局が民営化され、大阪市高速電気軌道とな

る。

この全線に乗るべく、前夜より新大阪に泊まる。また、平日だと、

通勤客も多く、乗り換えに時間が掛かりそうなこともあるので、日

曜に乗るつもりで予定を立てる。

まず、一日乗車券を購入し、御堂筋線の江坂まで行く。

初電が五時二十六分で、なんば方面より遅い。

ネットによれば、出発式はなんばだったという。

この影響か、新大阪で初日に来ている人は数名だ。

なかもずまで行き、折り返して、天王寺で谷町線に乗り換える。

八尾南まで往復し、大日へ、そこから、太子橋今市まで戻り、今

里筋線に乗り換える。この今里筋線はミニ地下鉄だ。

井高野まで進み、今里へ、千日前線に乗り換え、南巽へ向かう。

千日前線はワンマン運転になっている。

折り返し、野田阪神へ、ここから、時間短縮を狙い、阪神を利用

し、梅田へ出る。阪神といえば、選抜高校野球の最中だということを思い出す。

(第五千三百五十六段)


[PR]
by akasakatei | 2018-04-30 17:19 | 余暇 | Comments(0)