2018年 03月 18日 ( 1 )

新年度列車(あたらしいじこくひょうで)

()

b0031140_18141094.jpg
(新年度になると:2018年2月16日撮影)

 早朝、車内で屈伸運動をする会社員を見る。

 背広でネクタイながら、筋を伸ばし、股を割り、様々な運動を

している。

 最初、屈んでいるのを見た際、気分が悪いのかと思っていた。

 車内といえば、地元の郊外列車の新ダイヤが発表される。

 早速、時刻表を買い、確認する。

 どの列車が比較的空いているか、改正後、数日は遅れが発生する

のではと予想する。

 何年か前、京王がダイヤ改正したところ、数日間はかなり遅れが

発生したと記憶する。

 また、四月からは新年度となり、不慣れな新入社員や地方からの

学生も加わり、混乱が目に見える。

これがゴールドウイーク辺りまで続く。

そうした中、世では、相変わらず、保守派がこの国を礼賛してい

る。特に、明治以降を肯定している。
先の敗戦絡みでいえば、歴史を修正しようとしている感も強い。
益々、国際社会より孤立し、国益が損なわれるに違いない。

(第五千三百十三段)


[PR]
by akasakatei | 2018-03-18 18:13 | 社会心理 | Comments(0)