2018年 02月 25日 ( 1 )

金狂人(かねにつかれた)

()

b0031140_18172212.jpg
(昭和は遠くなり:2018年1月28日撮影)

先に、銀座の小学校の制服に触れた。一説によれば、校長が業者からいくらか貰っているのではとも言われている。
 金といえば、オリンピックか。
 今回の韓国での冬季オリンピックについて、政治的なものになって来た気がするものの、オリンピックといえば、企業の金儲けのイメージしかなく、純粋に楽しめないようなものになっている。
 考えるに、金が絡むと興醒めし、楽しめないものになってしまう傾向があるのではないか。
 例えば、プロ野球はどうか。
 昭和の方が、貧乏球団もあり、純粋に楽しめた。
 角界はどうか。
 八百長でかなり人気を落とした。
 これが、芸術に入って来ると、どうなるか。
 ある意味、表現の場だが、影響はするだろう。
 映画や芝居など、スポンサーの意向が反映されるに違いない。
 儲からないものは、簡単に、切り捨てられるはずだ。
 本当に良いものは、知らずに、消えていくと思われる。
 実際、どのくらい姿を消したか。
                   (第五千二百九十二段)


[PR]
by akasakatei | 2018-02-25 18:15 | 社会心理 | Comments(0)