2018年 02月 19日 ( 1 )

五輪後宿泊(うたげのあと)

()

b0031140_18100297.jpg
(先の五輪で失われたのは:2018年1月28日撮影)

昭和三十年代、春に日本学生野球協会結成記念野球大会があったらしい。
 大会概要は年度により異なるが、最終的には、高校と大学の部があり、前者には母校も出場したことがあると知る。
 主に、東日本の学校が出場したみたいだが、どういう過程で出場出来たのか。
 昨年、その当時の野球部監督の新聞連載を読んだが、特に、触れていなかった。
 当時といえば、やはり東京オリンピックか。家人によれば、先の東京オリンピックの時は、工事が進められている印象しかなく、オリンピックそのものには関心がなかったらしい。
 オリンピックで思い出したのが、次の東京オリンピック関係で、宿泊施設を作り過ぎ、オリンピック後は、かなり余るとの話しがある。
 目先ばかりで、先を考えないのが分からない。
 宿泊といえば、最近では、外人旅行者について、ブログや何やらで宣伝する代わりに、宿泊代のサービスを求める連中もいるという。
 宿泊施設の中でも、旅館は、海外やネット方面に弱いため、応じる向きもあるようだ。
 ただ、どのような人に泊まって貰いたいのかを考えないと、不満しか書かれないに違いない。

(第五千二百八十六段)


[PR]
by akasakatei | 2018-02-19 18:08 | 社会心理 | Comments(0)