2018年 02月 06日 ( 1 )

問題輩言動(もんだいじらのことば)

()

b0031140_05245786.jpg
(初春の目出度さは消え:2018年1月14日撮影)

 首相が国会において、また、財界寄りのことを言う。働き方改革についての話しだ。

 成果重視で給与を払うとのことだ。こうなると、働いても、給与が出ない場合もあるのではないか。

 子供でさえ、分かる道理だ。

 どうして、庶民の生活を壊すことばかりをしたがるのか。

 仕事場での言葉を借りるならば、世を引っ掻き回しているともいえる。

 そうした中、新聞を読むと、小泉政権時代に、規制改革を促進させ、世を引っ掻き回した御用商人がインタビューに応じている。

アメリカのそれは行き過ぎで、日本は、未だ、中途半端としている。

失敗を認めていない趣旨だ。

呆れて何も言えない。

呆れるといえば、新たな角界の暴行事件だ。

広報部長によれば、今は亡き理事長へ報告し、当事者らの力士は引退しているから問題ないとのことだった。

胡散臭く感じるのは何故か。

今の官房長官を思わせる。

政界も角界も次のトップがいないと言われる点で、似た匂いを覚える。

(第五千二百七十三段)


[PR]
by akasakatei | 2018-02-06 05:24 | 社会心理 | Comments(0)