人気ブログランキング |

2010年 09月 28日 ( 1 )

謝罪型(しゃざいのしかたで)

 郵政不正事件における捜査の杜撰さが明らかになった。この件に関し、未だ、特捜側が誤りを認めていない。
 誤りを認めていないといえば、例の新自由主義者らだ。
 その中心人物らによって、設立された振興銀が破綻した。これについても、乱脈経営だったにも関わらず、預金者らには勿論のこと、世間に対しても、説明がないのはどうか。
 特に、小泉政権時代に大臣の席に座っていた旗振り役の御用学者には、その責任はあるだろう。コメントを求める声の全てを断っているらしい。
 尤も、預金者にも選択を間違えた責任はある。以前にも触れたけれど、余所より利率が高い場合は怪しい。これは、元金融機関で働いていた友人の言葉だ。
 ところで、謝罪といえば、前に書いた熊本のホテルでのアンケートの回答が届いた。
 内容を読むと、対応の仕方への謝罪で、知りたかった件には全く触れられていなかった。
 どうやら無視されたようだ。
(第二千五百八十五段)
by akasakatei | 2010-09-28 07:19 | 社会心理 | Comments(0)