2010年 09月 26日 ( 1 )

誤設計東京駅中央線(つかいにくいとうきょうえきちゅうおうせん)

 東京駅の中央線のホームへ上がるには、エスカレーターを利用する。
 何箇所かあるものの、このうちの一箇所はよく故障する。そうなると、並行して階段を設けていないために、他へ回らなければならない。
 この故障について、初めて知るのはその真下まで行った時だ。そこは、総武快速線、横須賀線の地下ホームからの人の流れが激しいところで、危険極まりない。
 故障をもうちょっと手前で分かるようにすべきだろう。例えば、天井より下げるのはどうか。
最近の駅は、以前にも触れた通り、バリアフリーの名の下に、エスカレーターを優先し、階段を設けていない。これが全ての問題である。
 このため、改札を出るまでに時間が掛かる。
 更に、以前にも書いたけれど、健康面でも悪い。将来的に、病人を増やしているだけだ。
 利用者を考えず、単に、形だけを優先した明らかな設計ミスである。
(第二千五百八十三段)
[PR]
by akasakatei | 2010-09-26 21:39 | 産業 | Comments(0)