人気ブログランキング |

狂気世(くるい)

()

b0031140_18220241.jpg
(いつの時代も:2019年8月17日撮影)

何かと閉塞感漂う世の中だが、まず、高速でのあおり運転の犯人が逮捕された。
 暑い中、マスクや帽子、サングラスなど、かなり怪しい印象しか残さない。
 一緒にいた女も確保され、こちらも己の行為は忘れ、被害者面をしていたようだから悪質だ。
 そうした中、緊急走行のパトカーが、青信号で横断歩道を渡っていた幼児を轢いた。
 尿を運ぶためだったという。
 その必要があったのか。
 庶民を軽視していると感じる。
 軽視といえば、歴史修正主義の政治家らの尾張での一件だ。
 昭和天皇が登場する作品に違和感があったとする輩があるものの、画像で見る限り、何の違和感もなく、作品を作品として眺めないから、妙な方向へ走りたがる。
 更にいうならば、昭和天皇や当時の大日本帝国のやったことに後ろめたいことがあるので、正視出来ぬに違いない。
 実際、特攻作戦にしても、昭和天皇は認めており、これだけでも、狂気の沙汰だ。
 現在、美化されていることに危惧する。
                   (第五千八百三十九段)


by akasakatei | 2019-08-26 18:20 | 政治 | Comments(0)
<< 権力暴走先(とめねばなるまい) 車社会警告(くるましゃかいにて) >>