人気ブログランキング |

車社会警告(くるましゃかいにて)

()

b0031140_06272984.jpg
(横断歩道では:2019年8月17日撮影)

 若者の車離れが言われて久しい。

 様々な原因が指摘されている。やはり、所得が大きいに違いない。

 車の所有は、それこそ、余裕がなければ出来ない。余程、交通の便が不便でない限り、持つ気にもなれない。

 車の所有とは別に免許の保有率は、そうでもないとの話しもある。

 現在、トラックやバスの運転手などに関し、成り手が少ないとされる。

 大型免許などが必要とされることもあるだろう。

 また、職場環境も関係するに違いない。

 最近、路線バスの教習車を地元や仕事場近くで見掛けた。

 車内には、教官の他に、数人の教習生がいる。四十代や五十代の人もいる。

 今後、バス会社は運転手不足で、路線を廃止するところも出て来るはずだ。

 超高齢社会となり、どのような社会になるのか。

 横断歩道を歩くのも、命懸けになると思われる。

 認知症が疑われるにも関わらず、運転している輩がいる現在、冗談で終わるとも思えぬ。

(第五千八百三十八段)


by akasakatei | 2019-08-25 06:26 | 社会心理 | Comments(0)
<< 狂気世(くるい) 謎政党(ちからでむかえる) >>