不美国(そのしつはひくく)

()

b0031140_18414455.jpg
(日本の夜明けは:2018年8月10日撮影)


日の出が遅くなり、仕事前に、金魚の水換えをしている地元の世捨て人も大変だ。
 その世捨て人より連絡がある。
 娘の服用している薬について、病院近くのいくつもの薬局で品切れらしい。卸が置いていかないという。
 平成になり、我が国では、全ての面で、在庫を抱えるのが悪という風潮だが、命が軽く扱われるようになったものだと改めて思う。
 貧富の差が広がり、人権は無視され、近い将来、戦争も始まるだろう。
 ネットにおける右翼は喜ぶだろうが、それが、滅びの道に繋がっていることに気付かぬのだから、無知とは怖い。
 また、戦前以前の世に戻したい首相やその周辺も、ネットの反応を見て、悦に入っているのだから、呆れる。
 ある意味、今の国民レベルは、これくらいだと言っているようなものだ。

賢いとも思えぬ。

何を見て美しい国なのか。

(第五千四百九十六段)


[PR]
by akasakatei | 2018-09-17 18:38 | 社会心理 | Comments(0)
<< 稚魚二隔離(ちぎょもしれつな) 組織不思議(そしきをかえるには) >>