五輪国策非国民(ごりんへのあつりょく)

()

b0031140_18104049.jpg
(不条理が蔓延る:2018年4月1日撮影)

道理が通じない世となっている。
聞いた話しだと、次のオリンピックに備え、国策と称し、都道府

県レベルでの圧力が、民間企業に加えられているとの話しだ。 
例えば、期間中の警備員用の宿舎として、宿泊施設に対し、仮押

さえを開催前の二週間前まで行ない、はっきりした時点で、決定す

るというものだ。尚、キャンセル料が支払われることはなく、民間

企業も、ある意味、ボランティア活動にさせられてしまう点が面倒

だ。
承諾しないと非国民と言われることを怖れる経営者もいるはずだ。
察するに、様々な分野で見られるはずだ。
オリンピック景気云々というが、潤うのは、一部だけではないか。 
また、最近では、冒頭の道理でいえば、分からないことばかりだ。

単に、力関係が上の連中ばかりが得をするような対応しかなく、

窮屈な世でしかない。
結局、東日本大震災の避難民についても、ほとんど何もされず、

原発中心の策は変わらない。
今後、大地震が起きた際、再度、失敗する可能性もある。

(第五千三百六十八段)


[PR]
by akasakatei | 2018-05-12 18:09 | 社会心理 | Comments(0)
<< 独世毒(もっとあたりを) 春酒時(はるをあじわい) >>