人気ブログランキング |

試験版:復活十八番(なりたやしんこうそうしばい)

b0031140_19221538.jpg

(写真は千穐楽の新橋演舞場:2014年1月26日撮影)


b0031140_19234534.jpg

(写真は緞帳:2014年1月26日撮影)


一月二十六日、新橋演舞場における昼の成田屋が演じる『壽三升景清』を観る。
その前に、三月の甲劇場におけるチケット予約を入れるものの、十分ほどで完売したと言われる。前日も、三月の丙劇場のチケット予約を入れた。これも、電話が繋がった二時間後には、土日の席は完売であった。
そうした意味でいえば、この日の芝居は、歌舞伎十八番のうち、ほとんど上演されない『景清』、『関羽』、『鎌髭』、『解脱』を繋げた通し狂言で、チケットが入手し難いと予想した。にも関わらず、千穐楽の三等B席の左が残っていた。流石に、場内に入ると、もう正月の雰囲気はない。
席の両隣は共にふたり連れの若い女性だ。右は太っているために足を踏まれ、左は前に乗り出して観るので、迷惑なこと、この上ない。
内容は荒事だ。成田屋自身は、見取り狂言も考えているらしい。試みとして、津軽三味線も途中、出演する。
 これまでにも、何度か、これらは、代々の役者により復活上演されている。再演されないのは何故か。
(第三千八百三段)
by akasakatei | 2014-01-28 19:20 | 文芸 | Comments(0)
<< 駅車謎(そこのけそこのけくるま... 復活十八番(なりたやしんこうそ... >>