人気ブログランキング |

町世代格差(へいじつおばさんばかりのまち)

 平日に会社を休む。遅い時期の夏休みである。
 地元を午前中に歩いてみた。
 土日では分からなかったけれど、どこに行っても五十代以上のオバサンばかりを見る。何れも、自転車に乗り、ミラーの掛かったサングラスをしている。
 郵便局を覗くと、ATMには行列が出来ている。
 ATMは二台ある。その一台は、駅前に立地する修道院の年配のシスターがひとりで、何回も払い込みをしている。
 結果、一台しかないのと同じだ。
 また、並んでいる人もオバサンで、操作を間違え、最初から何度もやり直すから、列は長くなるばかりで、なかなか短くならない。
 思うに、これほど、オバサンが町に出ているということは、恐らく、専業主婦だろう。
 比較的恵まれた時代に生まれて来た人達に違いない。若い世代の気持ちは分からないと思われる。
 世代間格差を見る。
 これから、二十年、三十年が経過すると、どのような景色になるのか。
(第二千五百八十段)
by akasakatei | 2010-09-23 14:27 | 地域 | Comments(0)
<< 構内歩行術(かたちだけのおとな) 宿泊所対応(もてなしというけれど) >>