御徒町社会見学(あいがんにんぎょうけんがく)

 中に入ると、アニメや特撮で、よく技術責任者が「オヤジさん。」などと部下に呼ばれるような雰囲気を持つ人が出て来る。
 まず、人形と接するにはリラックスが大切なようで、それから、人形の動かし方を説明してくれる。変な扱い方をすると、裂ける可能性もあるらしい。
 ここで値段も説明してくれるけれど、なかなか良く、気になって、試しに、触ってみても、あれこれと動かせない。ただ、重さと肌触りだけは実感する。
 オヤジさんは、自ら、人形を相手に実践の説明をしてくれる。どうぞというものの、自意識が邪魔をする。
 次に、オヤジさんは、この人形における一番の特徴ともいうべき部分について、これも同様に、実践的な説明をする。
 素材やパーツなどの組み合わせで考えると、かなりのバリエーションになるだろう。
 時間は三十分ほどである。聞いていて分かったのは、オヤジさんらの人形に対する愛で、買われる人形を嫁にやると言うようである。
 尚、ショールームだから、買わせる方向へのセールストークが上手い。
(第二千五百六十段)
[PR]
by akasakatei | 2010-09-03 14:46 | 余暇 | Comments(0)
<< 御徒町外人案内(おかちまちこく... 御徒町記憶(おかちまちしゅうへん) >>