<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

日本人思考(じだいをこえても)

()

b0031140_06251828.jpg
(我が国の平和には:2017年9月10日撮影)

 西村京太郎氏の戦争に関する新刊を手にする。氏の戦争に関する体験を中心にしたものだ。

 目を通すと、軍隊について、現代の組織でもありそうなことがあ書かれている。

 特に、責任において、先の首相関連の学校問題にも繋がることが書かれている。

 個人より組織という観点では、今でも問題となっている沖縄や福島などでのことと重なる。

 時代が変わろうとも、思考はそれほど変わらないということか。

 何れにしろ、憲法を軽視する政権を見ていると、いつ戦争になっても不思議ではないだろう。

 知らぬ間に始まっているかもしれない。

 昨今、北朝鮮の件では、一般市民もあれこれ言っている。

 ネットでは、攻撃云々という意見もある。

 戦争になった際の負の面を考えているのか疑問だ。

 先の戦争では、中国や朝鮮を格下に見ていたから、侵略になったと思われる。

                     (第五千百四十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-30 06:23 | 社会心理 | Comments(0)

火迂回帰路(おおまわりし)

)

b0031140_05310168.jpg
(銭湯を出ると:2017年9月10日撮影)


 銭湯を駅に向かうと、地元の郊外列車が沿線火災で不通ということを知る。

 東武からだと、乗り入れしている半蔵門線経由で、東急田園都市線の二子玉川へ行った方が良いと判断する。

 二子玉川からはバスとなる。

 沿線火災について、車輛に燃え移ったというが、何故、側に停車させたのかと思えば、消防の要請で、警察が非常停止ボタンを押したとの話しで、列車が緊急停止したようだ。

 こうした場合、走り抜けた方が良いと思われる。

 以前、山陰本線の特急に乗っていた際、線路側の工場が燃えていたことがあった。

 消火活動はされておらず、列車は通り過ぎた。車内では、燃えているではないか、と酒に酔った団体旅行中のオッサンらが騒いでいた。

 ところで、二子玉川では、何年か前にバス乗り場が新しくなった。

 ひとつの乗り場より、複数の系統が出る。

 それに関し、路面に行き先別に並ぶよう案内がされている。ただ、利用したことがない人にとっては路面のため、目立たず、分かり難い。混乱が生じる。

(第五千百四十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-29 05:29 | 社会心理 | Comments(0)

東埼玉横断(かわぐちからそうかへ)

)

b0031140_21042163.jpg
(草加に到着した「川12」系統:2017年9月10日撮影)

 九月十日、川口へ向かう。例により、学生時代の友人らとの散策だ。

 今回は、川口駅東口より草加駅西口への国際興業バスだ。

 この経路については、二種類あり、「川12」へ乗る。東武バスとの共同運行となっている。

 乗るバスは、十三時四十分発で、三十分ほどで結ぶ。

 発車までの間、駅ビルに入っている個人経営の喫茶店で休む。

 再開発と同時に、駅ビルに入ったのか。

 「川12」系統は、やや離れたバス停より出る。

 座席は埋まっているものの、立っている人がいない状態だ。

 草加へは十四時十分だ。この時間に、杯を交わせる店があるか分からず、散策しながら探す。

 駅前には、松尾芭蕉関連の案内がある。

 ただ、日差しも強く、長い時間、歩くことも辛い。結局、チェーンの開いている店に入る。

 会計を済ませると、十五人のオバサン連中が入って来る。煩いに違いない。

 帰路、五反野へ移動し、駅前の銭湯で汗を流す。絵は松と海だ。

                    (第五千百四十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-28 21:03 | 余暇 | Comments(0)

金魚病騒動(せきはんびょうか)

b0031140_20442095.jpg

)

(発症したのは右の和金:2017年9月8日撮影)


地元の世捨て人より連絡が入る。
朱文金、コメットらを和金、泥鰌と混泳させたが、餌をやると、やはり、和金が他を追い回すという。
そうした状態で、四日ほど経過し、三日目には、四分の一の水換

えもしたらしい。
その際、朱文金、コメットのいた青水を若干混ぜたとのことだ。
察するに、これから、金魚は冬眠に入り、青水が必要となるから

だろう。
一日経ち、確認したところ、和金のあちこちが赤いことに気付き、

エロモナス病、若しくは赤斑病と判断したと聞く。
早速、塩浴、薬浴させたとの話しだ。
この病は、夏から秋に多いと、耳にはする。
今回、いつから病になったかは不明だ。ただ、上見故、横見と比

べ、気付き難いことは確かだ。
更に、段々と、日の出が遅く、日の入りが早くなるこの頃、世捨

て人だけで、確認していくのは難しいに違いない。

 尚、この後、世捨て人より、調べた結果、薬浴させたものは効果

がなく、別のものを買いに行った様子だ。

(第五千百四十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-27 20:42 | 社会心理 | Comments(0)

半世紀人生(にんげんごじゅうねん)

()

b0031140_06143826.jpg
(人生の結末は:2017年9月4日撮影)

 半世紀近くを生きた。

 地元の世捨て人の娘の話しを聞くと、遠い記憶を思い出す。

 先日は、車内で寝て、お漏らしをし、床を汚したらしい。抱っこしていた世捨て人もズボンが濡れたとのことだ。

 また、世捨て人より、細君に懐いているみたいで、そうしたところは、世捨て人の弟にそっくりとの話しだ。

 振り返ると、これまで、何をしてきたのかと思う。

 先は短く、今後、新しいことは出来ないだろう。

 そうした折り、故藤沢周平氏の俳句集を手に取る。

 解説によれば、結核で病院に入っていた頃に始めたとある。

 氏のことでは、大学に入学し、初めて、河辺の地主と会った時が頭に浮かぶ。

 当時、地主は、氏の作品を読んでいると話していた。

 卒業後、暫く空白はあったものの、不惑を過ぎ、月に一度は会い、裸の付き合いをしている。

 それにしても、大学といえば、今でも、大学の夢を見る。

 試験に絡むもので、目覚めると、寝汗が凄い。

                     (第五千百四十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-26 06:13 | 社会心理 | Comments(0)

九月彼是話(くがつのせけんばなし)

()

b0031140_18301398.jpg
(終演を待つ劇場バス:2017年9月4日撮影)

芸能人の不倫をよく聞く。最近では、女性が相手を裏切るようだ。
報道されても、悪びれた様子がない。
かつてなら、芝居の題材にされたはずだ。
その芝居だが、文楽で後ろに座った年配女性が、新橋演舞場の桟

敷席では、上演中でも、弁当を食べられる話しを連れにしている。
所謂、芝居見物というものだが、芝居の桟敷席において、芝居中、

食べている人を見た記憶はない。
この女性だけなのか。
尚、この女性は、観劇と見物の話しを連れに続けている。
西洋的な価値観が入り、変化したことは確かだ。
変化といえば、北朝鮮の行動に関し、あれこれ言われている。
ただ、忘れてならないのは、先の戦争の亡霊ということだ。
未だ、政治史以外での戦争は終わっておらず、苦しんでいる庶民

も多い。軽々しく、攻撃や戦争、核保有など、口にするものでもな

い。

 そうした中、世では、関東大震災時の朝鮮人虐殺を疑問視する声

もある。政治的圧力がある世は不幸でしかない。

(第五千百三十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-25 18:29 | 社会心理 | Comments(0)

文楽外連味(ぶんらくたまものまえあさひのたもと)

b0031140_22055533.jpg
(公演ポスター:2017年9月4日撮影)
 
)

映画より戻ると、北朝鮮の核実験のニュースが流れる。

これに関し、政府が騒いでいる。

先のミサイルにおいて、首相は最初から追跡していたとする。今回は、分からなかったのか。

更にいえば、上空通過のため、迎撃の必要はないと判断したとのことだが、その割りには、国民へ大本営発表を行なった。

矛盾しかない。

そうした中の九月四日、国立劇場で、夜、文楽である。先日、杉本文楽には足を運んだが、国立劇場での文楽は、久し振りだ。
 今回の第二部の演目は、『玉藻前曦袂(清水寺、道春館、神泉苑、

廊下、訴訟、祈り、化粧殺生石)』だ。歌舞伎でも観たことがない。

外連味のある作品で、最後に、景事が付く。

終演は二十一時頃のため、やや早く家を出、早くから開いている

銭湯へ向かう。
とはいっても、開くのは十四時だ。
駒込の銭湯だが、駅から徒歩十分ほど歩き、商店街の脇を入った

ところだ。
十二時半前には着き、商店街を歩き、紅茶専門店で休む。
ネットを見ていると、劇場近くにあるとんかつ屋の閉店が出てい

る。以前、一度入ったことがある。
オリンピックの影響らしい。
こうなると、オリンピックはマイナス面しかないのではと思う。
二十五分前に待つつもりで、銭湯へ行くと、既に、営業しており、

帰る人もいる。何時に開けたのだろうか。
(第五千百三十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-24 22:04 | 文芸 | Comments(0)

映画大地物(えいがじんじんそのに)

()

b0031140_12574033.jpg
(作品ポスター:2017年9月3日撮影)


九月一日、スポーツ新聞で、サッカー界で何があったかを知る。

見なければ、全く、知らなかった。
関心さえない。よく繁華街で大騒ぎ出来るものと思う。
そうした中、秋らしい気配だ。

九月三日、朝、新百合ヶ丘へ向かう。『じんじん〜其の二〜』を

観る。神奈川の一部でしか上映されていない。
大地康雄氏の企画の二弾目で、絵本が絡むシリーズだ。
今回は、大企業の二代目が人生に迷う。

金、出世でない生き方を問う。

この日、地元の世捨て人は、新しく飼った朱文金、コメットを水

鉢に入れた。早朝から作業していたようだが、温度合わせ、水合わせ後、放して見ると、先にいる和金が寄って来たとのことだ。

このため、鉢内で、隔離したものの、そこから抜け出し、なかなか大変だったみたいだ。

尚、この日は、皇室における婚約発表がある。

皇族がマイクに向かう場合、手を動かさないが、政治家や財界人だと、両手を広げる。

不快な行動だ。
 (第五千百三十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-23 12:56 | 文芸 | Comments(0)

駒使用(かつには)

()

b0031140_18434529.jpg
(心願成就するには:2017年8月27日撮影)

腹調子が、最近、悪い。
それでも、朝、四時半に起き、六時前には家を出る。
相変わらず、仕事場は不協和音ばかりだ。
特に、年配女性のスタッフには不満しかない。
原因は、新しい責任者だ。そろそろ一年になるが、スタッフに対

する接し方に問題がある気もする。
例えば、野球の監督は現在の戦力で試合を考える。
新しい責任者は、その入れ換えを含め、考えるため、上手く行か

ないのではないか。
何れにしろ、スタッフがいなければ、現場は回らない。
更にいえば、何かと、経費を言い過ぎる。
前の責任者は、守銭奴と言っていたが、なるほどという感じだ。
正直、出来るだけ、避けたいが、机が向かい合っている。
そうした中、インターンの女学生らが来た。親子ほど違う。
中学時代のクラス会に出た際、独身のある級友の噂話しになった。

バイト先の若い娘が良いと言っていたとのことだが、未だ、分から

ぬ。年齢に関わらず、女性自体、面倒だ。
(第五千百三十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-22 18:42 | 社会心理 | Comments(0)

空贈物(きたからのひしょうぶつ)

()

b0031140_18490547.jpg
(平和には努力が必要だ:2017年8月27日撮影)

北朝鮮からのミサイルに関し、仕事場でも、知らない人が結構いる。
 通勤中などで、テレビを見ていない場合、全く疎外されるようだ。
 それにしても、河辺の地主も言っていたが、ほとんど大本営発表だ。
 現政権以降、防衛面に関し、異常なほど、軍事化されつつあり、抑止力になるとされた。現実はどうか。
 他国に対し、脅威を感じさせるだけで、他国はより軍事強化に走っている。何の解決にもなっていない。
 今後、我が国も、軍事が足りないということになるはずだ。
 正に、終わりのない点取りゲームだ。
 また、このミサイル関連について、現政権は国民を守るとした。
疑問だ
 テレビでは、盛んに、安全な建物に逃げるよう伝えたらしいが、どこに逃げるのか。
 更にいえば、政府は、先の戦争同様、己第一で考えるに違いない。
 大体、ミサイルが原発を狙った場合、迎撃したとしても、本当に無事なのか。
 稼働は愚策でしかない。
 付け加えるなら、近年、他国を脅威と感じるのは、外交が機能しておらず、タカ派的な発言をする連中が増えたからではないか。
 何れにしろ、首相のシナリオ通りに事は運んでおらず、この失敗に対する言及がどこからもない。
 こうした中、内閣にいる元首相が、ヒトラー関係の失言をし、再び、撤回した。どう読んでも、ヒトラーの動機が正しいにしか読めない。
                    (第五千百三十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-21 18:45 | 社会心理 | Comments(0)