<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

首相反省裏(おろかなよに)

()

b0031140_05335557.jpg
(この国の行き先は:2017年6月18日撮影)


世の中は、広いから、先の首相による反省会見で騙される連中もいるに違いない。

 本当に、反省していると受け取っている有権者がいるなら、御目出度い人間だ。

 同日、首相周辺で繋がっていた学園が捜査された。

 学園側は、この間まで、首相に近いと思い、安心していたはずだ。

 現政権において、それは危険だ。保身故、切り捨てられるのは明白だ。

 更にいえば、我が国における多くの人間は、有事の際、アメリカが助けてくれると思っているようだが、果たしてどうか。

 元々、利益で動く国だ。今の大統領が損をすると考えれば、協定があっても、何もしないと思われる。

 首相は信用しているみたいだが、笑いでしかない。

 己の行なったことが戻って来るだけの話しだ。

 その昔、ある筋より聞いた話しだと、首相の家庭教師だった政治家が、あまりにも手を付けられないほどの頭で閉口したと語っていた。その器でないと見抜いていた。

(第五千五十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-30 05:30 | 社会心理 | Comments(0)

平成独裁国(おろかなどくさいこく)

()

b0031140_20260077.jpg
(危険な国となった現在は:2017年6月18日撮影)


国際社会では、たったひとりの愚かな指導者のために、国民が危険に晒されることがよくある。

 これまでの人生で、遠い国では、民主主義が否定され、軍部が力を持ったニュースを何度も見た。

 まさか、我が国において、生きている間に、そのような時代が訪れるとは思わなかった。

 今後、軍部が力を持つはずだ。

 与党を選んだ有権者は、己の愚かさを認識し、我が国を可笑しくさせたことを反省する必要がある。

 そうした中、首相が国会閉会に伴い、お詫びとやらを出したが、毎度、同じ趣旨で何を反省しているのかと思う。

 喉元過ぎれば熱さを忘れる型で、察するに、今後も、全く異なる意見に対し、耳を傾ける気はないとしか思えない。

 何れにしろ、未だ、与党を指示する連中がいるとすれば、想像力に欠け、教養がないのではないかとも疑う。

 これについて、他の政党が受け皿になっていないとの意見もある。だが、果たしてそうか。

(第五千五十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-29 20:24 | 社会心理 | Comments(0)

多摩丘陵世(たまきゅうりょうのいま)

()

b0031140_18300595.jpg
(郊外もかなり変わり:2017年6月18日撮影)

多摩丘陵辺りをバスで走ると、以前では、考えられなかった光景が広がる。
 正直、狸が出て来ていた頃の印象が強い。
 物流センターや大型商業施設が出来、車の列が続くなど、想像もしなかった。
 とはいえ、以前の記憶も手伝い、未だ、不便と思うことも確かだ。
 実際、車がなければ、用を足さない。
 何年か前より、郊外のあちこち、それも駅から離れた場所に、大型商業施設が出来ているものの、買い物に興味がないこともあり、行きたいとも思わない。
 それにしても、車の列を見ると、世には買い物好きが多いようだ。
 何が楽しいのか。物ばかり増えると、散らかると考えてしまう。
 消費社会では、それを肯定するが、これは、現政権の策と矛盾していないか。
 何しろ、現政権は、戦後以前の民主主義を否定した時代を善としている。当時は、「欲しがりません、勝つまでは。」と言われたものだ。なら、欲しがることは悪ではないのか。贅沢は敵なはずだ。
 現政権を支持する財界は、このような流れを如何に見ているのか。
 今後、国際社会から孤立した際、製品は拒否されるのではないか。

(第五千五十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-28 18:29 | 社会心理 | Comments(0)

京王相模原乗合(けいおうさがみはらのりあい)

(

b0031140_18053228.jpg
(遅れてきた京王バス「桜84」:2017年6月18日撮影)


 六月十八日、学生時代の友人らとの散策だ。天気予報では、午後から雨だという。

 今月は、相模原駅北口から聖蹟桜ヶ丘までの京王バス「桜84」系統だ。

 京王と神奈川中央交通との共同運用だ。

 午前中が京王で、午後が神奈川中央交通だ。

 相模原を十二時三十分発の京王バスは十分遅れで発車する。

 途中、南大沢を経由する。

 相模原は、学生時代、基地があった記憶がある。引き込み線もあった。

 基地を大回りし、多摩丘陵へと進む。

 この辺りも知らぬ間に、店が増えた。車の列も目立つ。尤も、チェーン関係の店だ。

 察するに、これで遅れたのだろう。

 中学生の頃に訪れた時は、狸が出る雰囲気だった。

 遅れを回復出来ぬまま、聖蹟桜ヶ丘着。一時間の乗車であった。

 杯を交わした後、汗を流しに府中へ出る。

 浴室の絵は富士だ。

(第五千四十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-27 18:04 | 余暇 | Comments(0)

金魚鉢追星(きんぎょのおいぼし)

()

b0031140_18491955.jpg
(鉢の金魚:2017年6月17日撮影)


地元の世捨て人より、金魚がオスだと分かったとの連絡がある。
追星が見られるという。
ここにメスがいれば、繁殖する可能性が高い。
ただ、稚魚は出た後が大変だ。
その数は多い。
好きな人は、選別し、飼育するはずだ。
場所、手間が必要だ。
故郷では、金魚を十匹近く、屋外で飼育していた。
繁殖しても可笑しくはないものの、稚魚を見た記憶はない。
今と違い、情報も少なく、自然淘汰されたのかもしれない。

また、選別で気になるのは、撥ねたものだ。

これについて、繁殖させている人はどう割り切っているのか。

到底、全部は飼育出来ない。
ところで、世捨て人の飼育環境で、気になるのが、ホテイアオイ

だ。
昨年もそうだったが、葉が茶色になる。
熱い地方が原産だから、夏の日差しに弱いとも思えない。

(第五千四十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-26 18:46 | 社会心理 | Comments(0)

駈足尾張犬山線(ほていふきんこうか)

()

b0031140_11383036.jpg
(名鉄犬山線布袋付近:2017年6月16日撮影)


民主主義が死んだ六月十五日、仕事帰りに、尾張へ向け、旅立つ。
名鉄犬山線の布袋における上り線が、先日、高架となった。
東京発十七時二十分の「のぞみ245号」に乗る。例により、列

車変更をする。
梅雨の晴れ間の中、列車は西を目指す。夕方のため、仕事帰りの

会社員が目立つ。
静岡に入る頃より、雲が多くなる。
名古屋へは、十九時一分に着く。
今夜は近くのホテルを予約している。
明日は江南への初電に乗るつもりでいる。
その初電だが、名鉄名古屋での犬山線方面へのそれは遅く、五時

四十七分の急行だ。
平日故、ラッシュがあり、もっと早い列車に乗りたいが、仕方が

ない。
急行より、高架になった布袋を見上げる。上り線なので、乗るに

は折り返さなければならない。
江南を六時十四分の急行に乗るが、ラッシュより、やや早いもの

の、席は埋まっている。
六時三十六分、名鉄名古屋着。
用が済んだので、すぐに帰京する。

(第五千四十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-25 11:36 | 余暇 | Comments(0)

文部科学省怪(ふはいしたきょういく)

()

b0031140_19260076.jpg
(こうなると最早酔うしか:2017年6月6日撮影)


例の学園問題で、文部科学省の副大臣が、内部告発者を処分するという。
 守秘義務絡みらしい。
 違和感を覚える。
 更に、保身に走るようだ。
 だから、いつまで経っても、公立の学校は、体質が古いのだ。
 保身で頭に浮かぶのが、苛め問題か。最初から、会見できちんと認めた試しがない。
 外部から批判され、やっと認める始末だ。
 また、教師の不祥事ばかりが目に入る。
 大体が、色関連だ。
 何れにしろ、教師は、生徒へ言っていることと、自らの行動との差は、かなりある。
 そうした中、世では、いよいよ平成の治安維持法が成立する見通しとなった。
 これにより、生き辛い世になるだろう。
 正しいことを言っても認められず、大学の先生でも辞めさせられることがある、と子供の頃に読んだ歴史漫画にあった。
 こうなると、組織では、同じ意見の者だけとなり、間違った方向へ進んでも、歯止めが掛からないはずだ。
 鼠を思い出す。

(第五千四十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-24 19:23 | 社会心理 | Comments(0)

政権不信感(せっとくりょくにかける)

()

b0031140_18130940.jpg
(今後は国家第一の映画しか上映されなくなるのではないか:2017年6月10日撮影)


なかなか咳が治らない。
耳鼻科の門を再び叩く。
待合室で、パンダの子供が生まれたことを知る。
これがニュースになるのだから、疲れる。
普段、中国嫌いと言っている輩も、経済効果で浮かれているのか。

パンダの故郷は中国である。
最近では、全てにおいて、経済の物差しで見るが、違和感しかな

い。
違和感といえば、国連における人権関係の会議で、大使が釈明し

た。
表現の自由は、憲法で最大限守られているとした。憲法軽視の政

権や政府が言っても説得力はない。
その政権は全体主義を目指し、儲けを基準に、政策を進め、儲け

を出さない人間は役に立たないとされるはずだ。
表現の自由絡みで考えると、運動、芸術も利用され、北朝鮮や旧

ソ連、中国のようになるのではないか。
そうした中、取手での何の役にも立たなかった苛めについての第

三者委員会の解散会見で、各委員が憤っていると委員長が述べる。

その姿勢が問題だ。

(第五千四十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-23 18:11 | 社会心理 | Comments(0)

実技教科不要化(ぶんけいよりやくにたたない)

()

b0031140_19070917.jpg
(文系が不要というのなら:2017年6月10日撮影)


最近、文系不要論をよく聞く。

 金にならないからだという。これは、以前にも触れた。

 その割りには、実技教科における音楽不要論、美術不要論、運動不要論などは聞かない。

 何故、政権は、文系ばかりを目の敵にするのか。

 運動や芸術など、一部の人間を除き、何の利益にもならないものだろう。

 仮に、あるというならば、商業利益か。

 それに毒されているものが五輪か。

 これも以前に触れた。

 何れにしろ、安易にメダルというものの、感動したことはない。

 音楽、絵なども同様だ。

 更にいえば、それらの教師に関し、本当に、教育的な情熱があるのか疑問だ。

 依怙贔屓や己の価値観で成績を付けているとしか思えない。

 指導している姿を見た記憶がない。

 そうした点でいえば、教育者とはほど遠い。何れにしろ、教科にしておく必要はないのではないか。

                      (第五千四十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-22 19:05 | 教育 | Comments(0)

成田屋五右衛門外伝(いしかわごえもんがいでん)

()

b0031140_16404299.jpg
(公演ポスター:2017年6月11日撮影)


六月十一日、シアターコクーンへ足を運ぶ。
成田屋の自主公演だ。「ABKAI2017」として、演目は『石

川五右衛門外伝』である。
石川五右衛門を扱った芝居は、数多く、最近でも、かなり新作が

作られている。
日曜の朝、代々木公園の脇を通り、渋谷を目指す。
電車で行くと乗り換えが面倒だが、朝だと、道も空いており、郊

外列車の最寄り駅より、十五分ほどで着く。
時間があるので、チェーンのカフェで休み、本屋の棚を眺める。
世では、官房長官が、学園関係者が、偶然、総理の友人だったと

したが、よくそのような嘘が言えるものだ。この政権は、何かに付

け、道徳というが、欠けているのは自分らだろう。
それにしても、江戸なら、こうした事件を芝居にしたはずだ。
現在の芝居で物足りないのは、こうした点だ。
ところで、今回、話題は、何人かの外部からの俳優の出演、それ

に、成田屋のふたりの子供が登場するかどうかだ。出演は、子供故、

気分次第だという。
結果からいえば、登場する。芝居の中で、一番拍手を貰っていた。

(第五千四十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-21 16:39 | 文芸 | Comments(0)