<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

戦争前段階(せんそうがちかい)

()

b0031140_20195560.jpg
(最早戦後ではないと言われたが:2017年4月13日撮影)


いつ戦争になっても不思議ではない。
そうした中、かつて、政権は徴兵制になることはないとした。
果たして、どうか。
徴兵制にならないのは、今の戦争は、以前とは違うからだという。
ならば、未だ、徴兵制のある国はどうなのか。
甚だ、疑問だ。
銃剣道が学校の授業に入って来る時点で怪しい。
これは、以前にも触れた。
更にいえば、平成の治安維持法か。
現代は先とは時代が違うとしているものの、今の雰囲気は戦前と

似ているとする体験者もいる。
実際、マスコミは政権に気を使っている節がある。
知らぬ間に、可笑しな国になった。
これほど、右翼が発言し、支持される時代が、再び、訪れるとは

思わなかった。
今後、より窮屈な世になるはずだ。

 気が重い。

(第四千九百九十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-30 20:18 | 政治 | Comments(0)

世戯言(みみにはいるは)

()

b0031140_19190950.jpg
(緊急停止ボタンを押さない理由は:2017年4月15日撮影)


柑橘類を食べ、歯が痛くなる。仕事帰り、歯科の門を叩く。糖度、

酸味によるものらしい。かなり痛かった。
その痛みの原因を考えながら、朝、いつもの喫茶店へ行く。
常連とマスターの会話だ。
マスターは、結婚する際、相手に仕事を辞めて貰ったという。家

庭のことが出来なくなるからだと話す。尤も、今では、共働きでな

いと暮らしていけないようだが、と続ける。
女性医師は、良い暮らしをしたいから共働きを選ぶと持論を展開

する。
果たして、どうか。
女性医師の意見で考えると、このため、結婚しない人も多い。
そうした中、川崎の踏切での事故が起きる。美談にされ、報じら

れている。
助けようとした人は、踏切にある緊急停止ボタンを押すことを考

えなかったのか。
目の前のことに精一杯で、頭に浮かばなかったのか。
何れにしろ、この手の事故が毎年のように繰り返される。
また、同じ頃、閣僚が学芸員に対し、暴言を発する。
異常な発言が続くが、内閣の支持率は、未だ、高く、最早、有権

者のレベルが低いということか。
本当に、戦争が始まらないと分からないのかもしれない。

(第四千九百九十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-29 19:17 | 社会心理 | Comments(0)

春大学野球(はるのじんぐう)

()

b0031140_19004464.jpg
(リフレッシュリーグ:2017年4月16日撮影)


映画の帰り、地下鉄に乗っていたら、コスプレヤーを見る。
ロボットの格好で、片手に色が変わる剣、空いている手で吊り革

に掴まっている。
表参道で降りて行く。

妙な感じだ。

近くの人も見てみない振りだ。
その十二時間後、神宮球場へ足を運ぶ。
大学野球を観るためだ。
リーグ戦の前に、フレッシュリーグ戦がある。新人戦だ。東大以

外は、一、二年生しか出られない。審判はふたり制だ。
試合時間は一時間五十分で行なわれ、この試合は八回で終わる。母校は一点差で負ける。
続いてリーグ戦だ。
改めてスタンドから周辺を眺めると、オリンピックに備え、工事

の機械が目立ち、出来た時にはイメージがかなり変わるはずだ。

 リーグ戦でも母校は負ける。

 このところ、優勝をしていない。

                    (第四千九百八十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-28 18:59 | 余暇 | Comments(0)

映画出世話(えいがきみもしゅっせできる)

(

b0031140_23074632.jpg
(映画館のロビー:2017年4月15日撮影)


千葉での小学生が殺害された事件は、保護者会会長が犯人だったらしい。その動機は何か。理解に苦しむ。
 そうした折り、朝七時から出勤しなければならなくなる。
 初電に乗るため、駅のホームに上がると、行き先案内板が可笑しい。初電の前に、時間の入っていない列車がある。
 幽霊列車かと思えば、初電が車輌交換で、成城学園前止まりになり、そのための処置のようだ。なら、行き先を成城学園前にすれば良いのではないか。
 何れにしろ、紛らわしい。
 その日の帰り、巣鴨へ出、銭湯で仕事の垢を落とす。口開けから十分くらいなのに、意外に空いている。
 その後、神保町へ向かい、古い映画を楽しむ。
 特集「女優は踊るー素敵な「ダンス」のある映画」が組まれ、『君も出世ができる』を観る。
 故フランキー堺氏が出て来るので、足を運ぶ。
 物語は、旅行会社を舞台に、出世を目指す青年の話しだ。アメリカ留学から帰ったアメリカ被れの社長令嬢が入社したことから、社内の雰囲気が変わる。つい仕事場を思い出す。

帰路、車内で、前市長に会い、話しながら帰る。現在の労働環境に関し、訊かれる。

地元でいつも行く店で杯を傾ける。

(第四九百八十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-27 23:09 | 文芸 | Comments(0)

文化都合事(ぶんかでわかる)

()

b0031140_19484489.jpg
(思い出の車輛がもうすぐ消える:2017年4月13日撮影)


間もなく、本線上より姿を消す車輌を見る。
それを知っている人はどれくらいか。
そうした中、天候が安定しない。
結構、寒い日もある。
地元の世捨て人も、なかなか金魚の水を変えられないという。
それにしても、昨夜の京劇は、あそこまで、遅れて来る人がいる

と、俳優もやり難いだろう。
現在、それは文化とされる。
文化というなら、上演中の入場は疑問だ。
これが芝居見物なら問題ない。
鑑賞と見物の違いだ。
思うに、ご都合主義で使い分けられている感じだ。
今の政権と同様だ。
内心の自由を憲法で保障しているから、共謀罪は問題ないと説明

されているが、それを新しい判断で、妙な風に解釈したのは誰か。
現政権は、全く、信用出来ない。
それに気付かぬ連中も多く、やはり、有権者のレベルが低いから、

政治家のレベルも低い。
(第四千九百八十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-26 19:47 | 政治 | Comments(0)

京劇中野夜(にっちゅうこっこうせいじょうかきねんきょうげき)

()

b0031140_22085418.jpg
(京劇の会場:2017年4月12日撮影)


先に、ドア点検で列車が遅れたことに触れたが、実際には、急病人対応だったことが分かる。
 お客様センターに問い合わせて判明する。
 何故、情報が混乱するのか、疑問だ。
 疑問といえば、アメリカの航空会社の対応か。予約ミスを棚に上げ、乗務員を乗せるべく、乗客に関し手荒ら過ぎる。噂によれば、人種で降ろす客を選別したらしい。アメリカの限界を示したのではないか。
 そうした四月十二日、仕事帰り、中野に寄る。京劇だ。
 日中国交正常化四十五周年記念に伴い、「愛と正義と報恩の三大傑作選」との副題が付き、『西遊記(金銭豹)』、『太真外伝(七夕の誓い)』、『鎖麟嚢』、が上演される。中国国家京劇院だ。
 平日の夜ということもあり、会社帰りの連中も結構いる。
 ただ、上演中に、何人もが、入って来るので、なかなか芝居が落ち着かない。更にいえば、仕事の連絡が入ったのか、暗い中、スマートフォンで確認する輩もいる。切るのがマナーで、劇場もそうした案内をしている。正直、迷惑だ。

(第四千九百八十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-25 22:07 | 文芸 | Comments(0)

桜時期(さくらのじきに)

()

b0031140_16035136.jpg
(桜も咲き:2017年4月5日撮影)


 帰り、地元の郊外列車に乗っていたところ、ある駅で五分停車する。

 本来、それほど停車しない駅だ。

 何かと思ったら、ドアの点検だった。走り出してから、案内放送がある。

 駅員や車掌は、何故、その場でやらないのか。

 疑問だ。

 疑問といえば、地元の世捨て人より連絡がある。

 娘の幼稚園の入園式へ出席したという。

 父親が、結構、来ており、揃ってビデオカメラで撮っていたとのことだ。

 また、式は長く、父親らの席はなく、なかなか大変だった様子だ。

 母親と離れられない子供も多く、飽きた子供も目立ったと話す。

 何れにしろ、現在、幼稚園は、一部の有名な幼稚園を除き、定員割れだろう。

 来ている層も、似ていると思われる。

 この年齢で、早くも、選別されている気がするのは考え過ぎか。

(第四千九百八十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-24 16:02 | 社会心理 | Comments(0)

英語偏重害(えいごけんはがい)

()

b0031140_20031723.jpg
(空港では:2017年4月4日撮影)


世界のあちこちでテロが起きている。法を準備しても、防げないだろう。
 逆に、アメリカ寄りとの理由で狙われるのではないか。
 防ぐには、軍国主義やアメリカと距離を置くことだ。
 アメリカといえば、仕事前に行く喫茶店で、土曜のみ、動きの悪い英語の出来るスタッフが入っていることを以前に触れた。
 このため、常連の中には、注文が通っているか心配する声もあった。
 最近では、半年も経つのに、新人と変わらないからか、マスターが週に二回の勤務とした。
 後輩より時給が高いのに、後輩より動きが悪く、鍛えることにしたようだ。
 そうしたある日、妙に動きが良く、何かと思えば、観光の外人客だ。
 英語を使えることが嬉しいようだ。
 ただ、このような時、英語の話せる日本人に出会えたことで観光の外人は、何かと訊いて来る。
 実際、歌舞伎座に行けば、観たこともない英語の出来る若い連中が、外人の知人らを連れて来るものの、質問に答えられない場面を何回も眺めている。
 この日もそうしたことが起きる。
 英語が出来るだけでは仕方がない。
 世は英語を話せるようにというが、所詮、それはコミュニケーションの道具だ。話せても、分かっていないと、伝えられない。
                    (第四千九百八十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-23 20:00 | 社会心理 | Comments(0)

鉄道落語会(あかさかよせ)

()

b0031140_19482108.jpg
(落語会場:2017年4月9日撮影)

雨足が強くなり、歩くと濡れる状態になる。会場近くのアークヒルズで時間を潰す。意識高い系の連中や外人も多い。
 ところで、この落語会は六十回を数える。
 駒次さんの外、伊織さんがゲストだ。
 雨なのに、映画館同様、満員だ。年配者もかなりいる。

開場は十四時からだというが、十分前に着いたのに、既に、開き、何人かいる。

また、会場では、J―POPが流れている。こうした時、一般的には、御囃子だ。
 駒次さんは、鉄道落語以外に、新作が二席だ。

 伊織さんは古典だ。

 対照的だ。

 それにしても、熱心に通っている人も結構いるみたいだ。

 帰路、梅ヶ丘で下車し、銭湯へ寄る。

 雨も上がったものの、やや寒い。

 銭湯は、駅から歩いて十分ほどの場所にある。

 浴室の絵は、模様だ。

(第四千九百八十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-22 19:47 | 文芸 | Comments(0)

映画猫集家(えいがねこあつめのいえ)

()

b0031140_19460253.jpg
(映画館のロビー風景:2017年4月9日撮影)


アメリカがシリアに対し、攻撃する。化学兵器を使ったからとのことだ。これが、益々、問題を複雑化させている。
 我が国は支持するという。
 そうした中の四月九日、早朝、雨の新宿へ向かう。
 映画『ねこあつめの家』を観るためだ。例により、猫が出て来るからだ。
 客席は、ほぼ満員で、子供も目立つ。
 原作はゲームアプリらしい。
 物語は、スランプになっている作家が、再生するものだ。
 地下鉄で故郷へ移動する。
 昼食に、以前に入ったトルコ料理店で味を楽しむ。トルコの地酒があり、注文すると、トルコ人のスタッフが朝から四十五度の酒を大丈夫かと心配する。
 故郷に移動したのは、午後から、落語会があるためだ。鉄道落語の駒次さんの会だ。
 食後、産土神へ挨拶する。途中、雨に濡れた桜を愛でる。このような場所にあったかという所で目にする。
                   (第四千九百八十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-21 19:44 | 文芸 | Comments(0)