<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

金魚騒動裏(きんぎょそうどうぼっぱつ)

b0031140_21504827.jpg

(庶民の願い:2016年10月23日撮影)


先に判決が出た東日本大震災による小学生の逃げ遅れについて、責任を問われた市は、控訴するらしい。
 学校絡みとなると、以前に触れた青森もそうだが、言い逃れようとする。
 公立が敬遠される理由の一つだろう。
 安心して預けられないイメージが強い。
 そのような中、地元の世捨て人のショックは大きいようで、立ち直りには、時間が掛かりそうだ。
 あまり寝られていない様子だ。
 特に、金魚掬いのそれを飼育するのは大変で、小赤から姉金になり、安心した矢先だったに違いない。 
 別の金魚を飼育すれば良いとの話しではないだろう。
 それにしても、短期間で、こうも気温差があると、体調維持だけで大変だ。
 仕事場でも、あちこちで咳が聞こえる。
 聞こえるといえば、核禁止について、我が国は安保を優先したみたいだ。広島、長崎、福島におけるそれは、何だったのか。
 また、厚生労働省では、シベリアで抑留された日本人のDNA鑑定する遺骨を焚火にし、謝罪した。
 察するに、先の戦争の意味を分かっていないのではないか。
 だから、軽視する。
(第四千八百十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-31 21:43 | 社会心理 | Comments(0)

毒社会(どくあふれる)

b0031140_18183216.jpg

(利益が絡むと:2016年10月23日撮影)


あまりにも良きことなく、日々、何をしているのか、と自問する。
最近は、本を読む暇もなく、ただ、時間に追われているばかりだ。
新聞を手にすると、亡くなった皇族の記事が目に入る。
生前退位、それに、継承者が少なくなったことで、より今後の皇
室のあり方が問われるはずだ。
そのような中、市とコンビニが、高齢者対策で協力するという。
この頃では、コンビニも地域に参加する傾向があるものの、かつ
てはそうでもなく、逆に、地域を壊していた。
今でも、商店街にあるチェーン店が、協力しないという話しは耳
にする。
何れにしろ、利益追求社会が、住み難くさせていることは確かで、
結果、刺々しい世にしている。
更にいえば、ある意味、これは最初から分かることで、気付かな
いとしたら、どうかしている。
 そうした折、また、歌舞伎役者が新派へ転向すると聞く。どうい
うことになるのか。
 どういうことといえば、地元の世捨て人より、細君が水鉢に被せ
る網をし忘れ、魚がいなくなったと連絡がある。この件に関し、細
君が逆切れしたらしい。
 面倒なことだ。
(第四千八百九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-30 18:16 | 社会心理 | Comments(0)

秋朝心(あきのめざめ)

b0031140_18341668.jpg

(秋の訪れた競馬場跡地の住宅街:2016年10月23日撮影)


明け方寒くなり、布団から出られない日々となってきた。
地元の世捨て人も、最近では、日の出も遅く、魚の世話がなかな
か出来ず、餌やりも細君に任せているという。
その世捨て人だが、先日、水鉢の掃除をしたらしい。
とはいっても、ある程度、青水を出し、ネットで越し、新しい水
を入れたとの話しだ。
青水が濃くなり、なかなか魚が見えず、結局、どじょうは分から
なかったみたいだ。
これからの時期、冬眠に入るから、あまりあれこれしない方が良
いかもしれない。
そのような中、東日本大震災における小学生が津波の犠牲となっ
た判決を聞く。
先生の不手際が言われているものだ。
幼稚園、小学校と教師に恵まれなかった者として、あれこれ思う。
思うといえば、夢で霊に憑かれそうになる。
どのような心か。
 ストレスか。
(第四千八百八段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-29 18:31 | 社会心理 | Comments(0)

巷話題(あれこれと)

b0031140_1982977.jpg

(風邪だと:2016年10月23日撮影)


宇都宮における元自衛官による爆発事故に関し、結局は、家族問題だったのではないか、と見られている。
 裁判に不満があったようだ。
 裁判といえば、私立高校での旧姓を認めるか否かも、かなり判決が批判されている。
 そうした中、長時間労働で自殺者が出た広告代理店の何代か前の社長の遺訓があれこれ言われている。
 確かに、如何なものか、と思われる。
 如何かといえば、新潟の相撲関係の指導者か。
 問題を隠していた。
 スポーツ関係者には、この手が目立つ。
 察するに、氷山の一角だろう。
 全く疲れる世だ。
 それにしても、風邪が泣かなか治らない。特に、咳だ。
 盃を傾ける気さえしない。
 食欲は戻りつつあるが、酒が戻らないと、本調子とは言えない。
未だ、掛かりそうだ。
(第四千八百七段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-28 19:06 | 社会心理 | Comments(0)

待合室会話(おんなばかりだと)

 
b0031140_13505216.jpg

(いつでも庶民は:2016年10月23日撮影)


目黒辺を歩いた翌日、仕事は休みだ。
 耳鼻科の門を叩く。
 先日来の風邪について、最近では、夜に咳が出、寝られない。
 この日は、平日だから、それほど、込んではおらず、一番だ。門が開くと同時に入る。
 待合室で、スタッフの話しを聞いていると、なかなか興味深い。
 昨日は、かなり込んだようだ。
 このため、聴力検査が入ると、受付のスタッフが、診察室に入り、助手をしなければならず、なかなか大変だったらしく、あるスタッフの不手際を話している。
 また、ひとりが来月の何日かに休みたいものの、誰かと交代出来ないかと訊いている。
 この日、シフトに入っていない人の名前が出ると、ちょっと、それはとの話しになる。
 四十後半以上の女性スタッフばかりだから、様々な関係があるに違いない。
 尚、診察の結果、夜、咳が出るのは逆流性食道炎的なものもあるとのことだ。
(第四千八百六段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-27 13:48 | 社会心理 | Comments(0)

大鳥神社辺散策(めぐろよりゆうてんじへとあるく)

 
b0031140_18355345.jpg

(大鳥神社:2016年10月23日撮影)


大鳥神社は、早い七五三の人が、結構いる。来月は、酉の市だから、もっと賑わうはずだ。
 この辺は、小学校低学年時代の担任が住んでいた場所だ。
 境内を一周した後、馬の時に訪れる可能性があった元競馬場へと向かう。
 途中、寄生虫が展示されている博物館に寄る。
 カップルに人気がある。
 小学校時代、寄生虫の検査があり、引っ掛かった生徒は、皆の前で、紙を渡されたものだ。
 その後、元競馬場のバス停に出る。
 ここより、競馬場跡を探すが、住宅地になっていることもあり、いささか、時間を要する。
 外周の跡は、綺麗に残っており、当時を偲ぶ。
 暫く、歩くと、油面地蔵への道に繋がる。
 目黒では、意外に、こうした地蔵の由来でも、掲げられ、しばしば、足を止める。
 祐天寺まで歩き、杯を交わす。風邪のため、それほど、飲む気になれない。
 帰路、身体を温めるために、銭湯に行く。
(第四千八百五段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-26 18:25 | 余暇 | Comments(0)

犬問題(いぬずきには)

 
b0031140_804144.jpg

(仏教では:2016年10月2日撮影)


地元の列車に乗っていたところ、若い男女が乗って来る。
 不思議なことに、連結面の幌に向かう。
 何かと思えば、鞄より犬を出す。
 察するに、犬に関し、無賃乗車か。
 何れにしろ、犬嫌いからすれば、また、飼い主のルール無視で、益々、犬嫌いとなる。
 何故、犬好きには、この類が多いのか。
 そうした中、国領の世捨て人より、水鉢の越冬について、訊かれる。
 故郷では、特に、何にもしなかった。
 氷も張っていたが、底で、じっとしていた。
 氷といえば、世は、結構、冷えるようになってきた。
 そのような十月二十三日、学生時代の友人らとの散策で、目黒を訪問する。
 今月は鳥だ。
 大鳥神社である。
 目黒は、先日、能で訪れた。
(第四千八百四段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-25 07:56 | 社会心理 | Comments(0)

晩秋話(ばんしゅうに)

b0031140_2003362.jpg

(秋の朝に:2016年10月21日撮影)


風邪引きが、周囲で目立つ。
流行しているのか。
未だ、治る気配がない。
こうなると、今暫く、時間が掛かるだろう。
そうした折り、朝帰りらしき三十くらいの女が地下鉄に乗って来
る。
オーバーニーソなものの、膝下に下がり、だらしなく見える。
髪もまた、後ろで束ねていたのを外したのか、痕が残っている。
それにしても、食欲がない。
食べる気がしない。
寝ても、咳で起きてしまう。
体力の消耗を実感する。
今の調子だと、咳は、後々まで、続きそうだ。
このような中、鳥取で大きな地震があった。
東京では、遠い話しなのか話題にもならない。
話題で思い出したが、沖縄に対する差別的発言について、大阪知
事が擁護した。
違和感しかない。東京では、この件も話しに出て来ない。
こうなると、知事や政党を選んだ
有権者の意識が問われる。
(第四千八百三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-24 19:59 | 社会心理 | Comments(0)

恐薬副作用(くすりふくさよう)

b0031140_19231162.jpg

(風邪になると、銀杏の匂いも:2016年10月21日撮影)


体調が悪く、薬の副作用か、夜に咳き込む。
その後、吐き気に襲われる。
薬情報によれば、症状を治すべき薬で、その症状が悪くなる場合
もあるようだ。
何れにしろ、咳のため、寝られない時間がある。
そのような中、国領の世捨て人より、連絡がある。
水鉢のことだ。
最近は、あまり餌も食べず、冬眠に備えているみたいだ。
特に、どじょうは見ないとのことだ。
準備のため、水温測定を細君に任せていたところ、水温計を失く
されたらしい。
水槽用なのは、かなりあるものの、浮かせて測定するのは、意外
にない。
それにしても、先日のテレビによれば、メダカが流行で、様々な
改良品種が出回っているとの話しだ。
思うに、金魚もそうだが、人の手が入っている分、弱い気もする。
観賞魚としては良いが、飼育は難しい感じがする。
(第四千八百二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-23 19:21 | 社会心理 | Comments(0)

権力鈍(けんりょくのおかしさ)

b0031140_18235296.jpg

(庶民を無視すると:2016年10月17日撮影)


先に触れた写真コンテストについて、抗議が殺到したらしく、一転、賞となった。
 この間の市の説明は、二転三転し、最早、信用を失ったに違いない。
 信用といえば、最近の警察か。
 以前よりなかったが、沖縄において、差別発言をした。
 権力側に、そうした思考があるからではないか。
 権力で思い出したのが、与党内の強行採決発言か。
 自民党にそうした歴史はないというものの、その多くは強行採決だ。
 唖然とする。
 今や、間違った道を歩もうとしている。
 平成になり、人は利口になったと考えているなら、改めた方が良い。
 愚かだから、未だ、原発に鈍感だ。
 権力者は、悪い対応しかせず、これは、保身ばかり頭にあるからだ。
 そのような中、神戸の特別支援学級の女担任が不適切発言をしたとのことだ。
(第四千八百一段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-22 18:21 | 社会心理 | Comments(0)