<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

福祉理不尽(きみょうなふくし)

b0031140_222939.jpg

(静かな山里に現在では:2016年3月23日撮影)


ネットほど、信じてならないものはない。
津久井での施設の事件だ。
犯人は、元職員で、解雇が動機とされた。
これについて、ネットでは、このような事件を起こすから、解雇
は当然だとの意見が並ぶ。
安易な解雇と、考えないのが不思議だ。
その後、以前に、衆議院議長へ手紙を持参したとの報道がされる
と、意見が変わり始める。
この手紙の内容は、重度障害者の安楽死に関するものだ。
思うに、老人ホームでもそうだが、預けた家族は、ほっとしてい
るのではないか。家族の負担が重たいことは確かで、これは、福祉
面における我が国の政策が貧弱だということに外ならない。
大体、スタッフの待遇は良くなく、それでいて、利用者の要求は
強い。
本来、福祉は、儲けが期待出来ない分野だ。
最近、これを忘れ、損得で判断する連中が目立つ。
ところで、最初、事件を聞いた際、防犯設備があるのに、如何に
侵入したのかと思ったが、打ち破ったと聞き、納得する。とはいえ、
防犯会社の対策はどうだったのか、興味深い。
(第四千七百十八段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-31 21:49 | 福祉 | Comments(0)

山里味(やまざとのはなし)

b0031140_21481919.jpg

(山里に行くと:2016年6月20日撮影)


高校野球の岡山大会の決勝において、後味の悪い判定があった。
審判に異議を唱えた結果のものだ。
この類いのことは、かなりある。
岡山といえば、バラ鮨が有名だ。郷土料理として、鮒飯もある。
鮒飯は、未だ、食べたことがない。
大体、食用の鮒の入手が難しい。
情報によれば、鮒をミンチにしてから、野菜などを入れ、最後に、
飯へ掛けるらしい。
偶然、連絡のあった地元の世捨て人に話したところ、鰯や鯵なら、
ミンチ状態のものがあるとのことだ。擬きを作ることにする。
食べながら、鮒なら、どのような味かと想像する。飼育用として
の鮒なら、結構、売っているから、そこから、食用にならないかと
も考える。
それにしても、今や、川魚を食べることは難しく、鰻が中心だ。
泥鰌、鯉などは遠い味に近い。山里へ足を運べば、鮎や山女を提
供する店もあるものの、庶民というイメージではない。
 そういえば、鮎の宿の季語を思い出す。
(第四千七百十七段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-30 21:46 | 社会心理 | Comments(0)

高校野球不祥事(さがのやきゅう)

b0031140_1232284.jpg

(高校野球の地方予選も終盤になると:2016年7月24日撮影)


佐賀大会の高校野球準決勝で、出場辞退があった。部員の煙草だという。
 これについて、よく聞かれるのが、連帯責任だ。
 時代遅れとも言われるが、どうか。
 現在の高校野球は、昔みたいに、他の生徒の不祥事くらいでは、出場辞退にはならない。そのような意味では、かなり変わったのではないか。
 そうした折り、車内で、バレエ姿の青年がいる。ピンクのため、違和感を覚える。
 先に、バレエ講師を負傷させた事件をつい思い出す。
 世には、理解不能なことが多く、疲れることばかりだ。
 特に、浮き世離れした連中は、この傾向が強い。
そのような朝、喫茶店で隣りに座った三十代半ばくらいの女性ふたりが話している。
仕事場で在宅勤務が認められそうだが、ひとりだと相談が出来ない、この年齢だと、チャンスはピンチになることもある、などと話している。
(第四千七百十六段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-29 12:30 | 社会心理 | Comments(0)

電気鼠狂呪(まどわされるひとびと)

 
b0031140_6405257.jpg

(新しい技術の列車への影響は:2016年7月3日撮影)


テレビでは、「ポケモンGO」について、あれこれ報道している。何でも、スマートフォンを歩きながら操作することに繋がるらしい。
 そういえば、郊外電車の駅は大概静かだが、構内放送が妙に煩かった。
 何が面白いのか良くは分からない身としては、苦々しく見るだけだ。
 以前にも触れた通り、開発者は弊害も考える必要がある。倫理観がないのか、平気で世に送り出す。
 そのうち、これを原因とする事故が起きる可能性は高い。
 使う連中には、意外と、良心がないことを忘れてはならない。
 科学の失敗でいえば、原爆や原発か。苦しんでいる人は多い。
 苦しむといえば、ジャンボジェットが墜落した現場で、登山道を整備していた社員が事故死したとのことだ。
 かなり時が流れているが、遺族、それに、航空会社にとっても、忘れてはならないものだろう。
 その結果、次の悲劇を招いた。
 開発とは、それだけ、慎重にしなければならないものだ。
(第四千七百十五段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-28 06:38 | 社会心理 | Comments(0)

感情世(しごとでばばあはめんどうだ)

b0031140_1938188.jpg

(外人が増えると:2016年7月23日撮影)


都内にいると、あちこちで、外人を見る。
先日、電車に乗っていたら、白人の少年に席を譲られる。
そのような年齢に見られたのか。
道中が長いので、有り難く座る。
新聞投書などで、怒られた話しが、時々あるものの、特段、怒る
こともないだろう。
怒るでいえば、そのような感情で接しても得はない。
これを錯覚しているのが、耶蘇の婆だ。
だから、人間関係が築けない。
仕事場の雰囲気が悪くなる。
従来からある企業風土が面倒だというなら、仕事場を去れば良い
だけの話しだ。
そのような矢先、地下鉄から地上に上がると、路上で、年配の男
と婆さんが言い争っている。信号待ちの間、聞いていると、仕事に
ついて、婆さんのやり方に男が我慢ならなくなったようだ。
そうした中、終戦記念日が近付く。
靖国神社へ足を運ぶ輩が目立つが、来ている連中には、コスプレ
擬きのかつての書生、女性にはハイカラさん姿もいる。ただ、後者
の場合、中に、目元の皺や厚化粧の者もいる。
(第四千七百十四段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-27 19:36 | 社会心理 | Comments(0)

車内早朝夏(しゃないでさわぐひと)

b0031140_2023263.jpg

(鉄道では様々なことがある:2016年6月26日撮影)


出勤途中のことだ。
ホームに、婆らの集団がいる。泊まり掛けで行くのか、着飾って
いる。
芝居でもそうだが、すぐに話し出すから、煩くて仕方がない。
会社員らが、目を遣る。
リーダー格らしき婆が、訳知り顔で、人数が多い時は、何がある
か分からないから、早めにすることが肝心などと言っている。
この後、トイレについての講釈が始まり、到着駅で済ますように
伝えている。
旅先でも、この調子に違いない。
着いた列車に乗り、車内を見れば、一般的には、座席は七人掛け
だが、六人で座っている箇所がいくつもある。
最近では、女も大柄になったからか。
シートに、ひとり分の目安があるものの、無視している輩がかな
りいる。
床にも、足を置く位置が示されているが、どのくらいが気付いて
いるか。
(第四千七百十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-26 19:59 | 社会心理 | Comments(0)

暑夏鰻(あつさうなぎ)

b0031140_21343517.jpg

(暑い日には:2016年7月20日撮影)


出勤前、喫茶店でコーヒーを飲む。いくつかある新聞に目を通す。
先日、保守系の新聞を読んでいたら、四十年前のロッキード事件
に関する記事がある。興味深いのは、靖国神社について、敗戦の神、とあったことだ。
 そう考えると、神道全てが当て嵌まる。
 宗教とは、心の拠り所で、それが中心になると危険だ。
 そうした中、仕事場では、その危険な耶蘇の婆の態度により、他部署のスタッフが辞める。募集しているものの、問い合わせさえない。
 残された人間の負担が大きく、人間関係を築けないから疲れる。
 現在、話しの通じない輩ばかりが目立つ。
 欧米を下手に見習う連中が増えた頃から、世も可笑しくなり始めた。
 そのような日常の帰り、最近、暑さが続くこともあり、地元のよく行く鰻屋へ寄る。
 杯を傾けながら、焼けるのを待つ。
 この時間が良い。
(第四千七百十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-25 21:33 | 余暇 | Comments(0)

夏休前(なつやすみまえのまち)

b0031140_1933494.jpg

(夏の銭湯も良い:2016年7月10日撮影)


そろそろ学校は夏休みで、朝、多少は空くかと思っていたが、早くに出掛ける連中もいるため、そうでもない。
 この手は、七人くらいで遊びに行くから、テンションも高い。
 熱帯夜で寝不足の身には、煩いほどだ。
 世間では、知らぬ間に、蝉が鳴き、時々、夕立もある。だが、梅雨明けはしていないようだ。
 高校野球の地方予選もかなり進んでいるので、不思議な感じだ。
 更にいえば、夏祭りでもあるのか、浴衣姿を週末には、かなり目にする。
 そうした中、世界のあちこちで、様々なことがある。
 相変わらず、アメリカでは人種によるトラブルが頻発し、トルコでは軍が行動に移した。
 フランスでも、テロがあった。
 何れにしろ、人類は愚かということだ。
 これは我が国でも、同様だ。未だ、貧困対策がされていない。
そうした折り、地元の世捨て人より連絡がある。娘の肘が抜けたという。
(第四千七百十一段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-24 19:28 | 社会心理 | Comments(0)

選挙中日曜(せんきょきかんのにちよう)

b0031140_20332126.jpg

(日曜の郊外における銭湯:2016年7月17日撮影)


都知事選挙の候補者のポスターを張る町中の掲示板は、有力候補以外張られていない。
 ポスターで思い出したのが、故郷の家だ。
 政党に関係なく、選挙の時期になると、塀に張らせて欲しいと依頼があった。
 そうした中の日曜、前日の鮨屋での酒が残っているものの、ズボンを買うため、早起きする。
 地元をいくつか回ると、もう昼だ。時々、足を運ぶイタリア料理店で食事をする。先日、ポイントが溜まり、今回はサービスとなる。
 ただ、前菜が出て来ると杯を傾けたくなり、ついワインを飲んでしまう。
 店を出ると蒸し暑く、汗が流れ、銭湯へ寄りたくなる。
 電車に乗り、移動する。
 口開けと同時に入る。常連ばかりだ。
 流している間に、今度は、喉が渇く。
 地元に戻り、喫茶店で休む。
 クリームソーダを頼むと、緑ではなく、青だった。
(第四千七百十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-23 20:29 | 余暇 | Comments(0)

都知事選期日前(まためんどうが)

 
b0031140_22225185.jpg

(引っ越し後の期日投票について:2016年7月16日撮影)


地元の世捨て人より、都知事選挙についての連絡がある。
 参議院選挙同様、期日前投票において、やはり、上手く行かなかったようだ。
 こうなると、その自治体に問題があると見るべきだろう。
 実際、世捨て人の家の近くの鮨屋で話しを聞く。
 この店は初めてだ。
 それによれば、引っ越しがネックだったようだ。
 指示が行き届いていない。
 何れにしろ、暫くは選挙がないだろうから、世捨て人の不愉快も今回が最後だろう。
 公務員が想像する以上に、庶民は不満を持っているものだ。
 質が低過ぎるというべきか。
 今回、入った鮨屋は野球好きには良いところかもしれない。野球ネタで、店主と常連は盛り上がる。
 そうした折り、新聞を開くと、人間国宝の記事がある。脇役の役者が受賞している。確かに、芸域は広く、一座を組む場合、少人数の役者で済む。
 そのような一方で、ある一門の動きが目に入る。
(第四千七百九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-22 22:21 | 社会心理 | Comments(0)