<   2015年 09月 ( 60 )   > この月の画像一覧

試験版:故小津無声作品(えいががっこうとらくだい)

b0031140_22373621.jpg

(秋風や日捲り裾にゴムを巻き:2015年9月24日撮影)


九月の連休明け、仕事帰りに神保町へ寄る。例により、映画だ。
神保町シアターで、特集「松竹120周年記念 百花繚乱 昭和
の映画女優たち」が組まれている。
そのうち、『大学は出たけれど』、『落第はしたけれど』を観る。無
声映画で、生伴奏が付く。
大学は出たけれどという言葉は、子供向けの学習漫画で読んだ記
憶がある。卒業しても就職がない学生らの会話に使われていた。時
代背景は不景気で、身売りする娘も描かれていた。
さて、内容だが、どちらも故小津監督の作品である。
前者は卒業後、職のない若者、後者は卒業出来なかった学生を描
く。特に、後者の場合、卒業した友人らの職がなかなか決まらず、
慌てて卒業しなければ良かった、との台詞が印象的だ。
 ふと学生時代を思い出す。
 何名かの留年した知り合いがいた。
 社会に出た時、現実の壁を知り、学校が懐かしく、また、早く卒
業したことに対し、確かに、早過ぎたと感じたものだ。
 尚、それ以来、彼らとの音信はない。
(第四千四百十三段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-30 23:36 | 文芸 | Comments(0)

故小津無声作品(えいががっこうとらくだい)

九月の連休明け、仕事帰りに神保町へ寄る。例により、映画だ。
神保町シアターで、特集「松竹120周年記念 百花繚乱 昭和
の映画女優たち」が組まれている。
そのうち、『大学は出たけれど』、『落第はしたけれど』を観る。無
声映画で、生伴奏が付く。
大学は出たけれどという言葉は、子供向けの学習漫画で読んだ記
憶がある。卒業しても就職がない学生らの会話に使われていた。時
代背景は不景気で、身売りする娘も描かれていた。
さて、内容だが、どちらも故小津監督の作品である。
前者は卒業後、職のない若者、後者は卒業出来なかった学生を描
く。特に、後者の場合、卒業した友人らの職がなかなか決まらず、
慌てて卒業しなければ良かった、との台詞が印象的だ。
 ふと学生時代を思い出す。
 何名かの留年した知り合いがいた。
 社会に出た時、現実の壁を知り、学校が懐かしく、また、早く卒
業したことに対し、確かに、早過ぎたと感じたものだ。
 尚、それ以来、彼らとの音信はない。
(第四千四百十三段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-30 22:35 | 文芸 | Comments(0)

試験版:劣化顔意識(ばばらのいろぐるい)

b0031140_2171164.jpg

(ホーム降り夜の郊外濡れ落葉:2015年9月20日撮影)


永青文庫を出、地元に戻り、夕飯とする。
気にはなっていたが、入ったことのない店で、杯を傾ける。個人
経営店である。
店に入ると、意外に広い。スタッフも男性ばかり数人いて、厨房
にも余裕がある。
カウンターがあるということは、個人客も大事にしているのだろ
う。
席に着くと同時に、若い男性スタッフに、飲み物を訊かれ、些か、
面食らう。
後で話しをすれば高校生で、夜のみの勤務という。
ここでメニューを見てからというのも間が切れることになる。ビ
ールを頼み、酒のメニューを眺める。
焼酎はあるものの、日本酒が見当たらない。焼酎中心の店かと思
い、料理の品書きに目を遣ると、日本酒のそれが別にある。ただ、
残念なことに、純米酒がない。
料理は和が中心だけに、何かひとつでもあればと思う。
ところで、後から来た老夫婦のうち、妻が、スタッフらがイケメ
ンだから奢ってあげる、と酒やソフトドリンクを振る舞う。
イケメンと発する婆に、唖然とする。そういえば、耶蘇の婆も、
イケメン好きだと己の外見が衰えているにも関わらずに言っていた。
そして、奇抜な格好の直木賞作家に対しては、可笑しい人と口にす
る。
棺桶が近いのに、余程、婆の方が可笑しく、吐き気さえ覚える。流行の言葉で表せば、劣化を意識すべきだ。
(第四千四百十二段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-29 21:32 | 社会心理 | Comments(0)

劣化顔意識(ばばらのいろぐるい)

永青文庫を出、地元に戻り、夕飯とする。
気にはなっていたが、入ったことのない店で、杯を傾ける。個人
経営店である。
店に入ると、意外に広い。スタッフも男性ばかり数人いて、厨房
にも余裕がある。
カウンターがあるということは、個人客も大事にしているのだろ
う。
席に着くと同時に、若い男性スタッフに、飲み物を訊かれ、些か、
面食らう。
後で話しをすれば高校生で、夜のみの勤務という。
ここでメニューを見てからというのも間が切れることになる。ビ
ールを頼み、酒のメニューを眺める。
焼酎はあるものの、日本酒が見当たらない。焼酎中心の店かと思
い、料理の品書きに目を遣ると、日本酒のそれが別にある。ただ、
残念なことに、純米酒がない。
料理は和が中心だけに、何かひとつでもあればと思う。
ところで、後から来た老夫婦のうち、妻が、スタッフらがイケメ
ンだから奢ってあげる、と酒やソフトドリンクを振る舞う。
イケメンと発する婆に、唖然とする。そういえば、耶蘇の婆も、
イケメン好きだと己の外見が衰えているにも関わらずに言っていた。
そして、奇抜な格好の直木賞作家に対しては、可笑しい人と口にす
る。
棺桶が近いのに、余程、婆の方が可笑しく、吐き気さえ覚える。流行の言葉で表せば、劣化を意識すべきだ。
(第四千四百十二段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-29 21:04 | 社会心理 | Comments(0)

試験版:永青春画展(しゅんがてん)

b0031140_20461891.jpg

(陽落ちて車内の床の落葉かな:2015年9月22日撮影)


先の続きである。
落語界では、禁演落語が定められ、国策落語が創られた。
平成でも、愛国の噺家がその種の作品を創り、ヘイトスピーチの
キリシタンの女活動家と手を組み、様々に言われた。
永青文庫で、春画展が行なわれている。書物では見たことがある。
実物はなく、連休の中日の仕事帰りに、足を運ぶ。
地図を眺めれば、椿山荘の近くで、駅からの距離もあり、タクシ
ーを使う。
運転手は場所を知らず、走り出すまでに、暫し、時間が掛かる。
連休だというのに、道は込んでいる。
椿山荘横の道を入ると、夕方だというのに、結構、人が歩いてい
る。
思った以上に、人が来ているようだ。
世の中、多くの人が、こうした類いが好きなのだろう。
中に入ると、展示物が見られないほどの老若男女だ。
止まって動かず、それこそ、芸術品を食い入っている。
元々、春画はそうしたものでもなく、気楽に楽しむものだ。
展示物のうち、目を引いたのは、衆道関係か。
(第四千百十一段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-28 21:45 | 文芸 | Comments(0)

永青春画展(しゅんがてん)

先の続きである。
落語界では、禁演落語が定められ、国策落語が創られた。
平成でも、愛国の噺家がその種の作品を創り、ヘイトスピーチの
キリシタンの女活動家と手を組み、様々に言われた。
永青文庫で、春画展が行なわれている。書物では見たことがある。
実物はなく、連休の中日の仕事帰りに、足を運ぶ。
地図を眺めれば、椿山荘の近くで、駅からの距離もあり、タクシ
ーを使う。
運転手は場所を知らず、走り出すまでに、暫し、時間が掛かる。
連休だというのに、道は込んでいる。
椿山荘横の道を入ると、夕方だというのに、結構、人が歩いてい
る。
思った以上に、人が来ているようだ。
世の中、多くの人が、こうした類いが好きなのだろう。
中に入ると、展示物が見られないほどの老若男女だ。
止まって動かず、それこそ、芸術品を食い入っている。
元々、春画はそうしたものでもなく、気楽に楽しむものだ。
展示物のうち、目を引いたのは、衆道関係か。
(第四千百十一段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-28 20:44 | 文芸 | Comments(0)

試験版:東京外国人(がいじんおもてなし)

b0031140_2042251.jpg

(茶畑に存在示す曼珠沙華:2015年9月20日撮影)


東京オリンピックが決まってから、我が国では、外人に対し、いつからか、おもてなしをしないといけない雰囲気が漂っている。
 ただ、外人からすれば、押し付けにしか感じないという。
 そう言われれば、当然かもしれない。
 旅行とは、異文化に触れることだ。
 それをわざわざ外人に分かり易いようにするために、妙な言い換えをする施設さえある。
 番頭をポーターやベルボーイなど、我が国の文化を否定するようなもので、単なる自己満足だ。
 同様なことに、かつて、相撲が海外公演をした。横綱をグランドチャンピオンとしたが、違和感しかなかった。
 何れにしろ、この手のことは、結構ある。
 本来、やらなければならないのは、我が国の普段を知って貰うことだ。観光地のような非日常ではないだろう。観光地は、どこも似たもので、すぐに飽きられる。
 非日常といえば、先の戦争が始まり、どのような感じで、それが日常になったのか。
(第四千四百十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-27 21:40 | 国際 | Comments(0)

東京外国人(がいじんおもてなし)

東京オリンピックが決まってから、我が国では、外人に対し、いつからか、おもてなしをしないといけない雰囲気が漂っている。
 ただ、外人からすれば、押し付けにしか感じないという。
 そう言われれば、当然かもしれない。
 旅行とは、異文化に触れることだ。
 それをわざわざ外人に分かり易いようにするために、妙な言い換えをする施設さえある。
 番頭をポーターやベルボーイなど、我が国の文化を否定するようなもので、単なる自己満足だ。
 同様なことに、かつて、相撲が海外公演をした。横綱をグランドチャンピオンとしたが、違和感しかなかった。
 何れにしろ、この手のことは、結構ある。
 本来、やらなければならないのは、我が国の普段を知って貰うことだ。観光地のような非日常ではないだろう。観光地は、どこも似たもので、すぐに飽きられる。
 非日常といえば、先の戦争が始まり、どのような感じで、それが日常になったのか。
(第四千四百十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-27 20:39 | 国際 | Comments(0)

試験版:銀連休(あきれんきゅう)

 
b0031140_6163159.jpg

(秋の庭鋏片手の主人かな:2015年9月20日撮影)


このところ、ストレスからか、目、足、股間のあちこちが痛む。連休故、医者の門を叩くわけにもいかない。
 世間では、シルバーウイークと称し、出掛ける姿を見るものの、仕事で、朝の列車に乗れば、結構、通勤客もいる。サービス業に従事していると思われる。
 その職に関していえば、休みなど、関係ない。見方を変えれば、その間、仕事をしているわけだから、休みの人間からすれば、儲かっているように思えるかもしれない。
 否、休みの日数も変わらず、労働だけ忙しくなる。それが給与に反映されることは少ない。特に、この職では、非正規社員も多い。
 こうした休みを増やしたことは、正直、失敗だったに違いない。学校も授業では苦労していると聞く。
 そうした中、首相のポスターに、平成のA級戦犯との落書きがあったという。
 正に、その通りだろう。
 世の流れを見れば、政治関係において、役所は自制し、庶民も萎縮している。こうなると、今後、軍事教練も復活するのではないか。実際、自衛隊コースを設ける高校も出て来た。
(第四千四百九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-26 07:15 | 社会心理 | Comments(0)

銀連休(あきれんきゅう)

 このところ、ストレスからか、目、足、股間のあちこちが痛む。連休故、医者の門を叩くわけにもいかない。
 世間では、シルバーウイークと称し、出掛ける姿を見るものの、仕事で、朝の列車に乗れば、結構、通勤客もいる。サービス業に従事していると思われる。
 その職に関していえば、休みなど、関係ない。見方を変えれば、その間、仕事をしているわけだから、休みの人間からすれば、儲かっているように思えるかもしれない。
 否、休みの日数も変わらず、労働だけ忙しくなる。それが給与に反映されることは少ない。特に、この職では、非正規社員も多い。
 こうした休みを増やしたことは、正直、失敗だったに違いない。学校も授業では苦労していると聞く。
 そうした中、首相のポスターに、平成のA級戦犯との落書きがあったという。
 正に、その通りだろう。
 世の流れを見れば、政治関係において、役所は自制し、庶民も萎縮している。こうなると、今後、軍事教練も復活するのではないか。実際、自衛隊コースを設ける高校も出て来た。
(第四千四百九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-26 06:14 | 社会心理 | Comments(0)