<   2015年 04月 ( 60 )   > この月の画像一覧

試験版:今昔東京映画内(えいがすさきてんごくあかしんごう)

b0031140_23255724.jpg

(白つつじ庭の一角清きけり:2015年4月26日撮影)


先日、江戸川から小岩方面を散策したけれど、初めて、小岩を訪れたのは幼稚園くらいか。
祖父に連れられ、親戚を訪ねた。
かなり遠く、夜遅くなり、当主より、泊まっていけと言われたものの、嫌で、帰ると言った。というのも、底意地の悪い小学生の女がいたからだ。
翌日は疲れからか、熱を出した。
その後に行ったのは、小学校低学年だ。例の親戚に、父母と行った。駅から遠く、途中の田圃には蟹がいた。
平成になり歩いてみると、農業用水は埋め立てられ、畑も少なくなった。
最早、写真にしか残っていないのだろう。
そうした折り、仕事帰りに、神保町へ寄る。例により、映画だ。
特集「ゴールデン名画劇場」の一本として、『洲崎パラダイス赤信号』が並ぶ。
洲崎は、昭和三十年代には、比較的耳にした地名だ。今では、分からない人も多いに違いない。この作品を観ると、往時の様子が分かる。それを知りたく、足を運ぶ。
内容的には、男女の関係が中心で、女の情念の恐ろしさが描かれる。
(第四千二百六十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-30 23:51 | 文芸 | Comments(0)

今昔東京映画内(えいがすさきてんごくあかしんごう)

先日、江戸川から小岩方面を散策したけれど、初めて、小岩を訪れたのは幼稚園くらいか。
祖父に連れられ、親戚を訪ねた。
かなり遠く、夜遅くなり、当主より、泊まっていけと言われたものの、嫌で、帰ると言った。というのも、底意地の悪い小学生の女がいたからだ。
翌日は疲れからか、熱を出した。
その後に行ったのは、小学校低学年だ。例の親戚に、父母と行った。駅から遠く、途中の田圃には蟹がいた。
平成になり歩いてみると、農業用水は埋め立てられ、畑も少なくなった。
最早、写真にしか残っていないのだろう。
そうした折り、仕事帰りに、神保町へ寄る。例により、映画だ。
特集「ゴールデン名画劇場」の一本として、『洲崎パラダイス赤信号』が並ぶ。
洲崎は、昭和三十年代には、比較的耳にした地名だ。今では、分からない人も多いに違いない。この作品を観ると、往時の様子が分かる。それを知りたく、足を運ぶ。
内容的には、男女の関係が中心で、女の情念の恐ろしさが描かれる。
(第四千二百六十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-30 23:23 | 文芸 | Comments(0)

試験版:江戸川散策(えどがわあるき)

b0031140_1915101.jpg

(影感じ振り返る先鯉のぼり:2015年4月26日撮影)


統一選挙後半、この日は学生時代の友人らと、江戸川付近を散策する予定である。
朝一番で、選挙へ行く。開場前に着くと、既に、三人ほどいる。朝から、こんなに並んでいるのを見たのは初めてだとスタッフがいう。
選挙後に耳鼻科へ寄れば、連休前だからか、かなり込む。子連れが目立つ。
そうした折り、生き埋めにされた少女殺人が報じられる。犯人は演歌を歌うのが似合いそうな二十歳の男だという。
京成沿線に出る時、いつも迷う。今回は耳鼻科の関係もあり、千代田線で湯島まで行き、不忍池を左手に、京成上野まで急ぐ。
各停に乗ると、鼻を弄り、丸める二十くらいの女がいる。地下を抜け、地上へ出ると、墓地の片隅に座り、弁当を使っているオッサンを車窓に見る。
駅は川側だ。近くの喫茶店で待つ。年配者が目立ち、常連の話しに耳を傾けると、元は鮨屋だったとのことだ。だから、メニューに異色のものがある。
面子が揃い、商店街、川縁を歩く。野球場、小岩菖蒲園が印象深いところだ。
かつて、この辺りには関所があり、交通の要所だったという。
杯を傾けられる店を探し、京成小岩まで出る。途中、水路跡などを辿る。探し回った挙げ句、入ったのは中華料理屋だ。ここで上着に汁気を店員にこぼされる。数年前の御茶漬け騒動を思い出す。
駅前にある銭湯に寄る。熱い湯で、浴室が富士の絵だ。
(第四千二百五十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-29 20:13 | 余暇 | Comments(0)

江戸川散策(えどがわあるき)

統一選挙後半、この日は学生時代の友人らと、江戸川付近を散策する予定である。
朝一番で、選挙へ行く。開場前に着くと、既に、三人ほどいる。朝から、こんなに並んでいるのを見たのは初めてだとスタッフがいう。
選挙後に耳鼻科へ寄れば、連休前だからか、かなり込む。子連れが目立つ。
そうした折り、生き埋めにされた少女殺人が報じられる。犯人は演歌を歌うのが似合いそうな二十歳の男だという。
京成沿線に出る時、いつも迷う。今回は耳鼻科の関係もあり、千代田線で湯島まで行き、不忍池を左手に、京成上野まで急ぐ。
各停に乗ると、鼻を弄り、丸める二十くらいの女がいる。地下を抜け、地上へ出ると、墓地の片隅に座り、弁当を使っているオッサンを車窓に見る。
駅は川側だ。近くの喫茶店で待つ。年配者が目立ち、常連の話しに耳を傾けると、元は鮨屋だったとのことだ。だから、メニューに異色のものがある。
面子が揃い、商店街、川縁を歩く。野球場、小岩菖蒲園が印象深いところだ。
かつて、この辺りには関所があり、交通の要所だったという。
杯を傾けられる店を探し、京成小岩まで出る。途中、水路跡などを辿る。探し回った挙げ句、入ったのは中華料理屋だ。ここで上着に汁気を店員にこぼされる。数年前の御茶漬け騒動を思い出す。
駅前にある銭湯に寄る。熱い湯で、浴室が富士の絵だ。
(第四千二百五十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-29 19:12 | 余暇 | Comments(0)

試験版:脱線事故十年後(ふくちやませんじこからじゅうねん)

b0031140_2014294.jpg

(楓咲き風に吹かれて旅に出る:2015年4月19日撮影)


JR福知山線の脱線事故から十年が経過した。
先日も、福知山線に乗った際、事故現場を通る。献花台が車窓より見える。
運転再開時、妙に、ここだけ、ゆっくりと通過したことを覚えている。
今でも、特急に乗り、この辺りを通ると、目を向ける乗客がいる。
それだけ、記憶に残っているということだろう。安全とは、果たして何か。
その後も、列車事故は、各地で起きている。
鉄道会社に、人がいないことも関係するだろう。
思うに、この間の山手線の事故も、ある意味、気付きながらも放置された。JR北海道では、赤字故、保線も杜撰で、青函トンネル内においては列車火災の危険もあった。
利益を上げることばかり頭にあり、肝心のことが忘れられているのではないか。
また、機械が発達し、それに頼れば良いとの思いもあるかもしれない。
(第四千二百五十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-28 22:12 | 社会心理 | Comments(0)

脱線事故十年後(ふくちやませんじこからじゅうねん)

JR福知山線の脱線事故から十年が経過した。
先日も、福知山線に乗った際、事故現場を通る。献花台が車窓より見える。
運転再開時、妙に、ここだけ、ゆっくりと通過したことを覚えている。
今でも、特急に乗り、この辺りを通ると、目を向ける乗客がいる。
それだけ、記憶に残っているということだろう。安全とは、果たして何か。
その後も、列車事故は、各地で起きている。
鉄道会社に、人がいないことも関係するだろう。
思うに、この間の山手線の事故も、ある意味、気付きながらも放置された。JR北海道では、赤字故、保線も杜撰で、青函トンネル内においては列車火災の危険もあった。
利益を上げることばかり頭にあり、肝心のことが忘れられているのではないか。
また、機械が発達し、それに頼れば良いとの思いもあるかもしれない。
(第四千二百五十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-28 20:11 | 社会心理 | Comments(0)

試験版:外人断理由(がいじんおことわり)

b0031140_19212313.jpg

(つつじ咲く俄かに耳鼻科空きにけり:2015年4月21日撮影)


阿蘇においては、町が一体となり外人観光客を受け入れようとしているらしい。
尤も、一部には、日本語が出来ない客を断る宿泊施設もあると聞く。トラブルを避けるためのひとつの策には違いない。人によっては差別というかもしれないものの、京都での一見さんお断りを考えると、差別ともいえない。
正直、受け入れるにしても、以前に触れたように、外人には日本を事前に勉強して来て貰いたいものだ。そうすれば、無用なトラブルを未然に防げる。己を通そうとするから駄目だ。だから、耶蘇の婆みたいな外国被れの日本人が真似をする。
ここで思い出したのが、離婚原因のひとつとして、この型が多いということだ。
更に、トラブルといえば、仕事場において、大量にシロアリが発生した。殺虫剤を使ったところ、痒くて仕方がない。
そうした折り、河辺の地主より、ドローンに関し、メールで遣り取りする。
その際、社会的ジレンマ論を展開した亡き教師を思い出す。
(第四千二百五十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-27 22:19 | 国際 | Comments(0)

外人断理由(がいじんおことわり)

阿蘇においては、町が一体となり外人観光客を受け入れようとしているらしい。
尤も、一部には、日本語が出来ない客を断る宿泊施設もあると聞く。トラブルを避けるためのひとつの策には違いない。人によっては差別というかもしれないものの、京都での一見さんお断りを考えると、差別ともいえない。
正直、受け入れるにしても、以前に触れたように、外人には日本を事前に勉強して来て貰いたいものだ。そうすれば、無用なトラブルを未然に防げる。己を通そうとするから駄目だ。だから、耶蘇の婆みたいな外国被れの日本人が真似をする。
ここで思い出したのが、離婚原因のひとつとして、この型が多いということだ。
更に、トラブルといえば、仕事場において、大量にシロアリが発生した。殺虫剤を使ったところ、痒くて仕方がない。
そうした折り、河辺の地主より、ドローンに関し、メールで遣り取りする。
その際、社会的ジレンマ論を展開した亡き教師を思い出す。
(第四千二百五十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-27 19:16 | 国際 | Comments(0)

試験版:官邸落下後(さらなるへいそくかん)

b0031140_19145732.jpg

(つつじ燃ゆ巡る季節を待ち侘びる:2015年4月20日撮影)


政府の危機管理が取り沙汰されている。
例のドローンの落下関係だ。これにより、政権のことだから、規制法を作るに違いない。
己の危険について対処する割には、国民の危険に関しては、関心がない。
今回の件で思うのは、実際以上に大騒ぎをし、危険を煽っている感がする。無知な国民は、テロに狙われていると洗脳されるはずだ。
自衛隊の軍事化は、単に、己の妄想で、国民が更に危険になると考えていない。
同種のことは、原発だ。これこそ、再稼働するべきものなのか。
現政権の特徴は、切っ掛けがあれば、すぐに危険視することだ。以前、一般的なデモさえも、危険なテロと捉えた。
先日も、報道関係者が与党に呼び出された。
看板に自由といっているものの、行なっていることは、己が敵視する国と変わらない。
そうした意味でいえば、ネットを中心に目にする支持者も、テレビで観る反日者と似たものだろう。
(第四千二百五十六段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-26 20:12 | 政治 | Comments(1)

官邸落下後(さらなるへいそくかん)

政府の危機管理が取り沙汰されている。
例のドローンの落下関係だ。これにより、政権のことだから、規制法を作るに違いない。
己の危険について対処する割には、国民の危険に関しては、関心がない。
今回の件で思うのは、実際以上に大騒ぎをし、危険を煽っている感がする。無知な国民は、テロに狙われていると洗脳されるはずだ。
自衛隊の軍事化は、単に、己の妄想で、国民が更に危険になると考えていない。
同種のことは、原発だ。これこそ、再稼働するべきものなのか。
現政権の特徴は、切っ掛けがあれば、すぐに危険視することだ。以前、一般的なデモさえも、危険なテロと捉えた。
先日も、報道関係者が与党に呼び出された。
看板に自由といっているものの、行なっていることは、己が敵視する国と変わらない。
そうした意味でいえば、ネットを中心に目にする支持者も、テレビで観る反日者と似たものだろう。
(第四千二百五十六段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-26 19:11 | 政治 | Comments(0)