<   2015年 03月 ( 62 )   > この月の画像一覧

試験版:弥生北陸旅帰路(さんがつのほくりくしんかんせん)

b0031140_21374949.jpg

(春めきて路地も賑わう加賀の夕:2015年3月23日撮影)


金沢十一時四十四分着。結構、車内は込んでいる。
昼飯を食べる前に、予約の連絡を再開する。十分ほどで繋がる。
昼食を求め、近江町方面に行くものの、観光客が目立つ。ゆっくり出来ない可能性もあり、駅前の路地に向かう。北陸まで来たのだから、鮨屋を中心に探す。歩いていると、月曜定休が目立つ。
再開発されたから、個人店が残っているか分からなかったけれど、一軒の鮨屋があり、中に入る。
先客は同僚らしき五人組だ。かなり年配の主人は噺家風で、店内に入っても気付かれない。熱心なのか、歳なのか。カウンターは長く、ひとりでは大変そうだ。
更に、その後、夫婦客が来る。
見ていると、メニューを探したり、酒を冷やしていなかったり、混乱している。どうも昨日は客が多かったらしく、仕込みが間に合っていないようだ。客が気遣う感じだ。それでも、地物握りを摘み、杯を傾け、一時間ほどいる。
十四時十六分の「かがやき568号」で東京へ帰京する。指定券を取ってあったのは一時間ほど遅い列車だったが、駅の窓口は長蛇であり、変更せずに、自由席にする。
上野で下車し、上野東京ラインに乗ってみる。かなり高い場所を走り、同区間でのこれまでと視点が異なる。
(第四千二百三十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-31 22:34 | 余暇 | Comments(0)

弥生北陸旅帰路(さんがつのほくりくしんかんせん)

金沢十一時四十四分着。結構、車内は込んでいる。
昼飯を食べる前に、予約の連絡を再開する。十分ほどで繋がる。
昼食を求め、近江町方面に行くものの、観光客が目立つ。ゆっくり出来ない可能性もあり、駅前の路地に向かう。北陸まで来たのだから、鮨屋を中心に探す。歩いていると、月曜定休が目立つ。
再開発されたから、個人店が残っているか分からなかったけれど、一軒の鮨屋があり、中に入る。
先客は同僚らしき五人組だ。かなり年配の主人は噺家風で、店内に入っても気付かれない。熱心なのか、歳なのか。カウンターは長く、ひとりでは大変そうだ。
更に、その後、夫婦客が来る。
見ていると、メニューを探したり、酒を冷やしていなかったり、混乱している。どうも昨日は客が多かったらしく、仕込みが間に合っていないようだ。客が気遣う感じだ。それでも、地物握りを摘み、杯を傾け、一時間ほどいる。
十四時十六分の「かがやき568号」で東京へ帰京する。指定券を取ってあったのは一時間ほど遅い列車だったが、駅の窓口は長蛇であり、変更せずに、自由席にする。
上野で下車し、上野東京ラインに乗ってみる。かなり高い場所を走り、同区間でのこれまでと視点が異なる。
(第四千二百三十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-31 21:34 | 余暇 | Comments(0)

試験版:弥生北陸旅元在来線(さんがつのほくりくもとざいらいせん)

b0031140_21311040.jpg

(北陸路散らばる墓の彼岸かな:2015年3月23日撮影)


予約したホテルに旅装を解き、食事に出掛ける。裏通りにある個人経営の焼鳥屋に入る。客が少ないこともあり、地酒を傾けつつ、店主と様々な話しをする。付近は日曜に定休としている店が多いようだ。店主には、よく裏通りまで来たと言われる。
翌二十三日、五時三十一分発妙高高原行きのしなの鉄道北しなの線に乗る。妙高高原が近付くに従い、雪が深くなる。六時十四分に妙高高原着。
二分の接続で、えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン直江津行きがある。
春休みのはずだが、部活なのか、高校生らで込む。第三セクターになり間がないためか、それとも、雪の影響か、直江津に着く頃には三分ほど遅れる。
接続する日本海ひすいラインも当然遅れて発車する。気動車は海を右手に、泊には定刻八時二十七分着。
同じホームの先で、二分の接続で、あいの風とやま鉄道に乗り換える。こちらは電車だ。
富山で下車する。富山地鉄市内軌道線の富山駅の電停が新たに造られた。駅と直結し、今までの電停は電停名が電鉄富山・エスタ前に変わった。
大学前まで往復する。神通川を越える橋が架け替えられ、渡るのは初めてだ。
駅に戻ると、十時だ。この日は明治座の芝居の先行予約開始日で、電話をするも、なかなか繋がらない。
結局、予約を取れないまま、金沢に向け、十時四十八分の列車に乗る。墓が一基しかない墓地が点在しており、どういうことかと思う。
(第四千二百二十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-30 23:29 | 余暇 | Comments(0)

弥生北陸旅元在来線(さんがつのほくりくもとざいらいせん)

予約したホテルに旅装を解き、食事に出掛ける。裏通りにある個人経営の焼鳥屋に入る。客が少ないこともあり、地酒を傾けつつ、店主と様々な話しをする。付近は日曜に定休としている店が多いようだ。店主には、よく裏通りまで来たと言われる。
翌二十三日、五時三十一分発妙高高原行きのしなの鉄道北しなの線に乗る。妙高高原が近付くに従い、雪が深くなる。六時十四分に妙高高原着。
二分の接続で、えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン直江津行きがある。
春休みのはずだが、部活なのか、高校生らで込む。第三セクターになり間がないためか、それとも、雪の影響か、直江津に着く頃には三分ほど遅れる。
接続する日本海ひすいラインも当然遅れて発車する。気動車は海を右手に、泊には定刻八時二十七分着。
同じホームの先で、二分の接続で、あいの風とやま鉄道に乗り換える。こちらは電車だ。
富山で下車する。富山地鉄市内軌道線の富山駅の電停が新たに造られた。駅と直結し、今までの電停は電停名が電鉄富山・エスタ前に変わった。
大学前まで往復する。神通川を越える橋が架け替えられ、渡るのは初めてだ。
駅に戻ると、十時だ。この日は明治座の芝居の先行予約開始日で、電話をするも、なかなか繋がらない。
結局、予約を取れないまま、金沢に向け、十時四十八分の列車に乗る。墓が一基しかない墓地が点在しており、どういうことかと思う。
(第四千二百二十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-30 21:29 | 余暇 | Comments(0)

試験版:弥生北陸旅出発(さんがつのほくりくたびだち)

b0031140_2133740.jpg

(開帳を控え長野の夜更けかな:2015年3月22日撮影)


東京に出、十六時二十四分発「かがやき511号」で長野を目指す。
例により、北陸新幹線、及び、第三セクター化された元在来線などが目的だ。
最初はもっと後の列車を予定していた。思ったより、早めに駅に着き、変更する。尚、三列座席の真ん中しか空いていない。長野までなら問題はない。
先に、金沢まで行かないのは、今回の旅について、休みと分かったのが一週間前で、それから金沢の宿を手配しても空きがないと考えたためだ。また、日没も関係する。
ならば、翌日に第三セクターに乗り、新幹線で戻る方が疲れも少ないだろう。それに、東京からの列車の方が込む可能性もある。
また、二十九日から五月まで、善光寺の御開帳もあり、この時期を逃すと、長野でホテルを手配するのは難しくなる。
それにしても、天気予報では、明日の日本海側は寒く、雪マークもある。このため、傘なども持って来た。大荷物となる。
北陸新幹線に入ると、雲が空を覆っている。
長野、十七時四十九分着。
(第四千二百二十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-29 21:27 | 余暇 | Comments(0)

弥生北陸旅出発(さんがつのほくりくたびだち)

東京に出、十六時二十四分発「かがやき511号」で長野を目指す。
例により、北陸新幹線、及び、第三セクター化された元在来線などが目的だ。
最初はもっと後の列車を予定していた。思ったより、早めに駅に着き、変更する。尚、三列座席の真ん中しか空いていない。長野までなら問題はない。
先に、金沢まで行かないのは、今回の旅について、休みと分かったのが一週間前で、それから金沢の宿を手配しても空きがないと考えたためだ。また、日没も関係する。
ならば、翌日に第三セクターに乗り、新幹線で戻る方が疲れも少ないだろう。それに、東京からの列車の方が込む可能性もある。
また、二十九日から五月まで、善光寺の御開帳もあり、この時期を逃すと、長野でホテルを手配するのは難しくなる。
それにしても、天気予報では、明日の日本海側は寒く、雪マークもある。このため、傘なども持って来た。大荷物となる。
北陸新幹線に入ると、雲が空を覆っている。
長野、十七時四十九分着。
(第四千二百二十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-29 21:26 | 余暇 | Comments(0)

試験版:招待券芝居(こくりつげきじょうしょうたい)

b0031140_21254383.jpg

(妙高は流れも速し雪の果:2015年3月22日撮影)


三月二十二日、国立劇場の芝居に招待される。仕事絡みだ。迷った末に、頼む。
元々、観る予定はなく、招待ということで足を運ぶ。『梅雨小袖昔八丈(髪結新三)』、『三人形』だ。
前者は成駒屋、後者は萬屋だ。
招待で来た人は多いようで、一階後方の一角に集められている。チケットには非売品とある。直前まで渡されないのは、転売を気にしてのことか。
今回は、三人まで良いということで、国領の世捨て人夫婦に声を
掛けた。世捨て人の娘は劇場の託児室に預けられている。預ける際、大泣きしたらしい。
尚、芝居前、駅前のチェーンの喫茶店に入った際、スタッフが後でお持ちしますと言ったのに、なかなか持って来ない。カウンターに訊けば、オーダーが操作ミスで通っていなかった。
芝居が終わった後、地下鉄で有楽町に出る。卒業式帰りの女学生らの歩みが遅く、間を歩くのが大変だ。こうなると、婆予備軍というべきか。
(第四千二百二十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-28 21:24 | 文芸 | Comments(0)

招待券芝居(こくりつげきじょうしょうたい)

三月二十二日、国立劇場の芝居に招待される。仕事絡みだ。迷った末に、頼む。
元々、観る予定はなく、招待ということで足を運ぶ。『梅雨小袖昔八丈(髪結新三)』、『三人形』だ。
前者は成駒屋、後者は萬屋だ。
招待で来た人は多いようで、一階後方の一角に集められている。チケットには非売品とある。直前まで渡されないのは、転売を気にしてのことか。
今回は、三人まで良いということで、国領の世捨て人夫婦に声を
掛けた。世捨て人の娘は劇場の託児室に預けられている。預ける際、大泣きしたらしい。
尚、芝居前、駅前のチェーンの喫茶店に入った際、スタッフが後でお持ちしますと言ったのに、なかなか持って来ない。カウンターに訊けば、オーダーが操作ミスで通っていなかった。
芝居が終わった後、地下鉄で有楽町に出る。卒業式帰りの女学生らの歩みが遅く、間を歩くのが大変だ。こうなると、婆予備軍というべきか。
(第四千二百二十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-28 21:23 | 文芸 | Comments(0)

試験版:若者頭(みただけでめまいが)

b0031140_2261577.jpg

(道端に見慣れぬ花弁紫木蓮:2015年3月15日撮影)


オウム事件に関し、二十年も経過したのかという感じだ。
当時、信者に高学歴者が多いことについて、理由が問われた。
正直、勉強のし過ぎで、頭が可笑しくなった連中は多く、現在でさえ、同様だ。
可笑しくなければ、平和国家から軍事国家への道を辿らないだろうし、政治家もそうした道へ国民を引きずり込まないはずだ。
また、以前にも触れたが、チェーンメールについて、異業種交流会で知った人らより届いたことがあった。東大、京大などの卒業生、更には、大企業で働く人がほとんどなのだが、すっかりチェーンメールの内容に騙されていた。
内容は、血液関係のもので、それが不足しているというものだ。
人助けをしようとあちこちに呼び掛けていた。
こうした姿を見ていると、考えさせられる。
ある意味、騙され易いのかもしれない。
 そうした折り、卒業した大学の現役学生を見掛ける。
 町田辺りのキャバクラ嬢、ホストという雰囲気であった。見ただけで、眩暈がする。
(第四千二百二十六段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-27 22:04 | 社会心理 | Comments(0)

若者頭(みただけでめまいが)

オウム事件に関し、二十年も経過したのかという感じだ。
当時、信者に高学歴者が多いことについて、理由が問われた。
正直、勉強のし過ぎで、頭が可笑しくなった連中は多く、現在でさえ、同様だ。
可笑しくなければ、平和国家から軍事国家への道を辿らないだろうし、政治家もそうした道へ国民を引きずり込まないはずだ。
また、以前にも触れたが、チェーンメールについて、異業種交流会で知った人らより届いたことがあった。東大、京大などの卒業生、更には、大企業で働く人がほとんどなのだが、すっかりチェーンメールの内容に騙されていた。
内容は、血液関係のもので、それが不足しているというものだ。
人助けをしようとあちこちに呼び掛けていた。
こうした姿を見ていると、考えさせられる。
ある意味、騙され易いのかもしれない。
 そうした折り、卒業した大学の現役学生を見掛ける。
 町田辺りのキャバクラ嬢、ホストという雰囲気であった。見ただけで、眩暈がする。
(第四千二百二十六段)
[PR]
by akasakatei | 2015-03-27 22:03 | 社会心理 | Comments(0)