<   2015年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

試験版:春時雨(はるしぐれのひに)

b0031140_193661.jpg

(烏啼く窓辺の枝へ春の雨:2015年2月23日撮影)


春時雨も上がった。新聞を広げる。
辺野古に関し、反対派のリーダーが米軍の警備員により、拘束されたという。何故、力なのか。これまでにも、反対派の何人かが怪我を負わされている。
首相は、これについて、選挙で選ばれた人物とも会おうとはしない。
耳の痛い意見には、耳を傾けなくても良いと思っている節がある。民主主義を一国の代表が無視しているともいえる。反対には、話し合いより力だと思っている。
こうした人物を選んだ有権者の罪は重い。自由は、当然に存在するものではない。裏まで考えるべきだ。
それにしても、社会に出た頃には、ソ連があった。これほど、世の流れが急だと、昨年のことを思い出すのさえ難しい。
そうした折り、何年振りかで、タイ料理を食べる。初めて口にしたのは、最初に入った会社との同僚とだ。
当時の職場を思い出そうとしても覚えていない。ただ、職場において、面倒だった同期の女社員らがいたことは記憶にある。そのうちのひとりは、不細工なのに、威張っていて、嫌われていた。
(第四千百九十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-28 19:34 | 政治 | Comments(0)

春時雨(はるしぐれのひに)

春時雨も上がった。新聞を広げる。
辺野古に関し、反対派のリーダーが米軍の警備員により、拘束されたという。何故、力なのか。これまでにも、反対派の何人かが怪我を負わされている。
首相は、これについて、選挙で選ばれた人物とも会おうとはしない。
耳の痛い意見には、耳を傾けなくても良いと思っている節がある。民主主義を一国の代表が無視しているともいえる。反対には、話し合いより力だと思っている。
こうした人物を選んだ有権者の罪は重い。自由は、当然に存在するものではない。裏まで考えるべきだ。
それにしても、社会に出た頃には、ソ連があった。これほど、世の流れが急だと、昨年のことを思い出すのさえ難しい。
そうした折り、何年振りかで、タイ料理を食べる。初めて口にしたのは、最初に入った会社との同僚とだ。
当時の職場を思い出そうとしても覚えていない。ただ、職場において、面倒だった同期の女社員らがいたことは記憶にある。そのうちのひとりは、不細工なのに、威張っていて、嫌われていた。
(第四千百九十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-28 19:33 | 政治 | Comments(0)

試験版:銭湯八十八(はちじゅうはちのゆ)

b0031140_1991620.jpg

(寒灯や十代目散る芝居小屋:2015年2月23日撮影)


天気予報の予報とは、裏腹に、雨は降らない。
傘を使わずに文楽より戻ると、大和屋の訃報をニュースで知る。中村屋を追った感じだ。
足を向けた襲名披露を思い出す。
このところ、大きな名跡の役者が、結構、若くして亡くなっている。
今後、芝居はどうなるのか、と思う。最近では、次の世代の花形役者らも出て来た。精進に期待したい。
そうした折り、先日、都内の銭湯八十八箇所を回ったということで、認定を銭湯組合に申請したところ、手拭いと共に、認定証が届く。認定証を手にすると、妙な気分だ。
改めて、回った地域を確認すると、思った通り、城西地区はかなり足を運んでいるものの、東は少ない。己の行動範囲が分かる。
例えば、芝居や落語などの帰りに寄るとなると、どうしても劇場や寄席は決まった場所だから、わざわざ、夜に自宅とは逆の方向に行こうとは考えない。
今後の課題かもしれない。
(第四千百九十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-27 19:02 | 余暇 | Comments(0)

銭湯八十八(はちじゅうはちのゆ)

天気予報の予報とは、裏腹に、雨は降らない。
傘を使わずに文楽より戻ると、大和屋の訃報をニュースで知る。中村屋を追った感じだ。
足を向けた襲名披露を思い出す。
このところ、大きな名跡の役者が、結構、若くして亡くなっている。
今後、芝居はどうなるのか、と思う。最近では、次の世代の花形役者らも出て来た。精進に期待したい。
そうした折り、先日、都内の銭湯八十八箇所を回ったということで、認定を銭湯組合に申請したところ、手拭いと共に、認定証が届く。認定証を手にすると、妙な気分だ。
改めて、回った地域を確認すると、思った通り、城西地区はかなり足を運んでいるものの、東は少ない。己の行動範囲が分かる。
例えば、芝居や落語などの帰りに寄るとなると、どうしても劇場や寄席は決まった場所だから、わざわざ、夜に自宅とは逆の方向に行こうとは考えない。
今後の課題かもしれない。
(第四千百九十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-27 19:01 | 余暇 | Comments(0)

試験版:文楽心中物(にんぎょうじょうるりしんじゅうもの)

b0031140_21345493.jpg

(鼻づまり芳香届き気付く梅:2015年2月22日撮影)


東京マラソンの日、午後から、国立小劇場で文楽第二部『花競四季寿(万才・海女・関寺小町・鷺娘)』と『天網島時雨炬燵(紙屋内)』を観る予定である。
午前中、三月からの新しい時刻表が出ていないか、神保町の本屋を巡る。その際、警官らを多数見掛ける。マラソンの警備である。
話しによれば、「イスラム国」のテロから守るため、かなり厳しい警備体制という。
現在、このように過剰反応しなければならないのは、政権に責任がある。国会において、先の「イスラム国」の殺人予告で、政府に質そうとすると、テロを擁護するのか、と言われるのは可笑しい。
分からないから訊いているのに、正面から答えようとしない首相には、後ろめたいことがあると思われる。
現政権には、同様のことばかりが目立つ。
まともに議論もせず、社会が私物化されている。ある意味、恐ろしい世だ。
にも関わらず、政権の支持率が高いのは不思議である。
ところで、内容だが、前者は景事、後者は心中物だ。後者を観たくて、足を運んだ。観ている間に、人形がひとりで動いている感じがするのは不思議で、役者の顔と重なって来る。
(第四千百九十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-26 21:30 | 文芸 | Comments(0)

文楽心中物(にんぎょうじょうるりしんじゅうもの)

東京マラソンの日、午後から、国立小劇場で文楽第二部『花競四季寿(万才・海女・関寺小町・鷺娘)』と『天網島時雨炬燵(紙屋内)』を観る予定である。
午前中、三月からの新しい時刻表が出ていないか、神保町の本屋を巡る。その際、警官らを多数見掛ける。マラソンの警備である。
話しによれば、「イスラム国」のテロから守るため、かなり厳しい警備体制という。
現在、このように過剰反応しなければならないのは、政権に責任がある。国会において、先の「イスラム国」の殺人予告で、政府に質そうとすると、テロを擁護するのか、と言われるのは可笑しい。
分からないから訊いているのに、正面から答えようとしない首相には、後ろめたいことがあると思われる。
現政権には、同様のことばかりが目立つ。
まともに議論もせず、社会が私物化されている。ある意味、恐ろしい世だ。
にも関わらず、政権の支持率が高いのは不思議である。
ところで、内容だが、前者は景事、後者は心中物だ。後者を観たくて、足を運んだ。観ている間に、人形がひとりで動いている感じがするのは不思議で、役者の顔と重なって来る。
(第四千百九十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-26 21:28 | 文芸 | Comments(0)

試験版:軍事国進行(ぐんじこくのかくご)

b0031140_20265763.jpg

(日脚伸ぶ子らの足取り右左:2015年2月21日撮影)


段々、春が近付いている。それとは裏腹に、社会は不安ばかりだ。政権は、自衛隊の海外派遣に関し、どこまで広がるか分からない案を示した。これにより、我が国は、軍事国と見なされ、攻撃の対象となるに違いない。戦争体験者が亡くなり、悲惨さの想像が出来ないとしか思えない。
仮に、自衛隊で戦死者が出れば、これを口実に報復攻撃するはずだ。靖国神社も正当化される可能性もある。
何れにしろ、国内にいても危険ということになる。
政権が現実を分かっていないから、国民を危険に晒す。尤も、政権にとり、国民は駒のひとつだろうから、なくなっても困りはしないと思われる。
現実を分かっていないといえば、以前から触れている貧困層対策、更に、職場における女性活用だ。
後者については、活用すると、別の意味での摩擦が増える可能性もある。
男性中心だった職場に女性が入ることにより、予期せぬことが起こる可能性は高いと思われる。というのも、女性とは男性が考えもせぬことをするからだ。昨今、女性の容疑者が増えている。後妻業など、考えもしないことだ。男性にとり、多かれ少なかれ、業務とは別の悩みが生じるのではないか。
(第四千百九十六段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-25 20:27 | 政治 | Comments(0)

軍事国進行(ぐんじこくのかくご)

段々、春が近付いている。それとは裏腹に、社会は不安ばかりだ。政権は、自衛隊の海外派遣に関し、どこまで広がるか分からない案を示した。これにより、我が国は、軍事国と見なされ、攻撃の対象となるに違いない。戦争体験者が亡くなり、悲惨さの想像が出来ないとしか思えない。
仮に、自衛隊で戦死者が出れば、これを口実に報復攻撃するはずだ。靖国神社も正当化される可能性もある。
何れにしろ、国内にいても危険ということになる。
政権が現実を分かっていないから、国民を危険に晒す。尤も、政権にとり、国民は駒のひとつだろうから、なくなっても困りはしないと思われる。
現実を分かっていないといえば、以前から触れている貧困層対策、更に、職場における女性活用だ。
後者については、活用すると、別の意味での摩擦が増える可能性もある。
男性中心だった職場に女性が入ることにより、予期せぬことが起こる可能性は高いと思われる。というのも、女性とは男性が考えもせぬことをするからだ。昨今、女性の容疑者が増えている。後妻業など、考えもしないことだ。男性にとり、多かれ少なかれ、業務とは別の悩みが生じるのではないか。
(第四千百九十六段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-25 20:25 | 政治 | Comments(0)

試験版:右翼権力者(たきじきにおもう)

b0031140_1911177.jpg

(多喜二忌や不祥事続く国の犬:2015年2月20日撮影)


多喜二忌、新たに死後の写真が発見されたという。写った母親の表情は虚ろだ。何しろ、国家に殺されたのだから、当然だ。改めて、今後、こうした国にさせてはならないと思うものの、確実に、世は庶民が物を言えない雰囲気だ。
どこを見ても、右翼と権力者が元気だ。
大体、国会において、首相が率先して、野次を飛ばすのだから、呆れる。 
品がない。
そうした折り、ホームにおいて、イヤホンで繋がっている高校生のカップルが先頭で並んでいる。
他の客に気配りするなら、乗降の邪魔だから外すべきだ。高校生になっても、こうしたことも分からないのだから、世も末だ。
そういえば、朝、単語か何かを勉強していた女子高生が、車内に入る時も視線を落としていて、ホームと車両の間で躓く。あろう事か、他人の袖にしがみ付く。迷惑なこと、この上ない。
 尤も、若い世代だけなく、年配者も車内では迷惑なことが目立つ。特に、意気盛んな五十代の女性は面倒だ。
(第四千百九十五段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-24 19:10 | 社会心理 | Comments(0)

右翼権力者(たきじきにおもう)

多喜二忌、新たに死後の写真が発見されたという。写った母親の表情は虚ろだ。何しろ、国家に殺されたのだから、当然だ。改めて、今後、こうした国にさせてはならないと思うものの、確実に、世は庶民が物を言えない雰囲気だ。
どこを見ても、右翼と権力者が元気だ。
大体、国会において、首相が率先して、野次を飛ばすのだから、呆れる。 
品がない。
そうした折り、ホームにおいて、イヤホンで繋がっている高校生のカップルが先頭で並んでいる。
他の客に気配りするなら、乗降の邪魔だから外すべきだ。高校生になっても、こうしたことも分からないのだから、世も末だ。
そういえば、朝、単語か何かを勉強していた女子高生が、車内に入る時も視線を落としていて、ホームと車両の間で躓く。あろう事か、他人の袖にしがみ付く。迷惑なこと、この上ない。
 尤も、若い世代だけなく、年配者も車内では迷惑なことが目立つ。特に、意気盛んな五十代の女性は面倒だ。
(第四千百九十五段)
[PR]
by akasakatei | 2015-02-24 19:08 | 社会心理 | Comments(0)