<   2014年 10月 ( 62 )   > この月の画像一覧

試験版:土佐秋車庫(とさのあきしゃこ)

b0031140_2241493.jpg

(桟橋車庫:2014年10月27日撮影)


散策後、デンテツターミナルビル前に出る。十七時三十四分に、後免線から桟橋車庫前に戻る列車がある。低床車輌で、ここから乗る人は珍しいのか、運転士はドアを開けない。乗りたい旨を告げると、ドアを開けてくれる。最初、はりまや橋で下車しようと思っていたけれど、梅の辻まで乗る。
宿に帰ると、食事だ。土佐の地酒を頼んでおいた。土佐は酒で有名だ。マンボウの小皿がある。
夜、大浴場にある露天風呂に入ると、雨だ。
翌二十七日、昨夜の雨は上がった。
起きてからひと風呂浴びると、団体客で浴室は賑わっている。
朝食を済ませ、宿前の電停で待っていると、桟橋車庫前が到着する。飛行機まで時間があるので、面白い走り方をする列車に乗る。
 はりまや橋で、高知駅前方面に入線した後、停止し、運転士は反対方向に急ぐ。
 ポイントを渡り、桟橋線の車庫方面に入線する。
 折角なので、桟橋車庫前まで向かう。
 車庫に戻るまえ、電停より眺める。
 時間は十時となり、帰りの飛行機は十三時三十五分のANA566便を予約している。
 十時四十五分のバスに乗り、空港で早目の昼食とする。
(第四千七十九段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-31 23:03 | 余暇 | Comments(0)

土佐秋車庫(とさのあきしゃこ)

散策後、デンテツターミナルビル前に出る。十七時三十四分に、後免線から桟橋車庫前に戻る列車がある。低床車輌で、ここから乗る人は珍しいのか、運転士はドアを開けない。乗りたい旨を告げると、ドアを開けてくれる。最初、はりまや橋で下車しようと思っていたけれど、梅の辻まで乗る。
宿に帰ると、食事だ。土佐の地酒を頼んでおいた。土佐は酒で有名だ。マンボウの小皿がある。
夜、大浴場にある露天風呂に入ると、雨だ。
翌二十七日、昨夜の雨は上がった。
起きてからひと風呂浴びると、団体客で浴室は賑わっている。
朝食を済ませ、宿前の電停で待っていると、桟橋車庫前が到着する。飛行機まで時間があるので、面白い走り方をする列車に乗る。
 はりまや橋で、高知駅前方面に入線した後、停止し、運転士は反対方向に急ぐ。
 ポイントを渡り、桟橋線の車庫方面に入線する。
 折角なので、桟橋車庫前まで向かう。
 車庫に戻るまえ、電停より眺める。
 時間は十時となり、帰りの飛行機は十三時三十五分のANA566便を予約している。
 十時四十五分のバスに乗り、空港で早目の昼食とする。
(第四千七十九段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-31 22:01 | 余暇 | Comments(0)

試験版:土佐秋桟橋(とさのあきさんばし)

b0031140_21593849.jpg

(龍馬の生まれた町の裏道:2014年10月26日撮影)


桟橋通五丁目で折り返し、桟橋通二丁目で下車する。後免線方面の車庫出しの列車が十分後に来る。
この列車の運転士は大変で、まず、はりまや橋で左折し、伊野線への線路に入る。そこから、すぐに、運転士は後方に行き、逆に走らせる。こちらもそれに合わせ、席を移す。
デンテツターミナルビル前で下車。徒歩で、はりまや橋に戻る。
伊野線から高知駅前に入る列車に乗る。オーストリアの車輌で、車掌が乗っている。これは、車庫とは関係なく、系統化されている。
高知駅前からはりまや橋へ戻り、伊野線への列車に乗り継ぐ。
上町一丁目の予約した宿に行く。
日本旅館で、大浴場もある。ひと風呂浴びてから、周囲を散策する。
坂本龍馬の生誕地に近いこともあり、裏道に入ったところに、高知市立龍馬の生まれたまち記念館もある。ここの水路には鯉が泳ぐ。
記念館では、担当者が、今日は忙しかったと言っている。
龍馬人気は相変わらずのようだ。
生誕地の碑でも、写真を撮影する人が多かった。
(第四千七十八段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-30 22:56 | 余暇 | Comments(0)

土佐秋桟橋(とさのあきさんばし)

桟橋通五丁目で折り返し、桟橋通二丁目で下車する。後免線方面の車庫出しの列車が十分後に来る。
この列車の運転士は大変で、まず、はりまや橋で左折し、伊野線への線路に入る。そこから、すぐに、運転士は後方に行き、逆に走らせる。こちらもそれに合わせ、席を移す。
デンテツターミナルビル前で下車。徒歩で、はりまや橋に戻る。
伊野線から高知駅前に入る列車に乗る。オーストリアの車輌で、車掌が乗っている。これは、車庫とは関係なく、系統化されている。
高知駅前からはりまや橋へ戻り、伊野線への列車に乗り継ぐ。
上町一丁目の予約した宿に行く。
日本旅館で、大浴場もある。ひと風呂浴びてから、周囲を散策する。
坂本龍馬の生誕地に近いこともあり、裏道に入ったところに、高知市立龍馬の生まれたまち記念館もある。ここの水路には鯉が泳ぐ。
記念館では、担当者が、今日は忙しかったと言っている。
龍馬人気は相変わらずのようだ。
生誕地の碑でも、写真を撮影する人が多かった。
(第四千七十八段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-30 21:55 | 余暇 | Comments(0)

試験版:土佐秋伊野(とさのあきいの)

b0031140_21543673.jpg

(伊野電停:2014年10月26日撮影)


とさでん交通は、基本的に、南北を結ぶ桟橋線と東西を結ぶ伊野線、後免線の系統である。一部、はりまや橋で桟橋線のルートから伊野線や後免線へ向かうものがある。また、逆もある。
これは車庫入れや車庫出しの関係だ。その際は、渡り線を通る。それも乗って見ようかと思い、ダイヤを調べて来た。
こうしたこともあり、遅れが気になる。
鏡川橋で後続の伊野行きに乗り換える。ここから先、一部単線になり、タブレットの交換となる。見ていると、軌道にオバサンが運転するバイクが進入し、運転士も気を遣うに違いない。伊野から、すぐに折り返す。
この日は、沿線にある高知大学で何かあったのか、四十代の女性らが、かなり乗って来る。普段、利用しているらしき人は驚いた顔をしている。日曜の午前中は、空いているのかもしれない。
混雑、更には、先ほどの不慣れな人の乗降で、遅れが増し始める。
はりまや橋十二時三十三分に戻る。
次に、桟橋通五丁目方面の電停に行く。ここでも、列車は遅れている。慢性的に遅れているのか。
(第四千七十七段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-29 22:52 | 余暇 | Comments(0)

土佐秋伊野(とさのあきいの)

とさでん交通は、基本的に、南北を結ぶ桟橋線と東西を結ぶ伊野線、後免線の系統である。一部、はりまや橋で桟橋線のルートから伊野線や後免線へ向かうものがある。また、逆もある。
これは車庫入れや車庫出しの関係だ。その際は、渡り線を通る。それも乗って見ようかと思い、ダイヤを調べて来た。
こうしたこともあり、遅れが気になる。
鏡川橋で後続の伊野行きに乗り換える。ここから先、一部単線になり、タブレットの交換となる。見ていると、軌道にオバサンが運転するバイクが進入し、運転士も気を遣うに違いない。伊野から、すぐに折り返す。
この日は、沿線にある高知大学で何かあったのか、四十代の女性らが、かなり乗って来る。普段、利用しているらしき人は驚いた顔をしている。日曜の午前中は、空いているのかもしれない。
混雑、更には、先ほどの不慣れな人の乗降で、遅れが増し始める。
はりまや橋十二時三十三分に戻る。
次に、桟橋通五丁目方面の電停に行く。ここでも、列車は遅れている。慢性的に遅れているのか。
(第四千七十七段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-29 21:51 | 余暇 | Comments(0)

試験版:土佐秋後免(とさのあきごめん)

b0031140_21505754.jpg

(とさでん後免町電停:2014年10月26日撮影)


十月二十六日、羽田八時十分発のANA561便で高知へ飛ぶ。
羽田へは、調布を五時十五分の空港連絡バスを使う。日曜だというのに、込んでいる。
羽田空港六時着。
待ち時間で、朝食を済ます。
高知空港には、九時半に到着。珍しく、定刻より早着。足の悪い老女らの団体がおり、階段しかないことに不満を漏らす。
今回、高知へ来たのは、十月一日から土佐電鉄が高知県交通と土佐電ドリームサービスとの合併に伴い、とさでん交通に変わったためだ。
まず、後免町へタクシーで向かう。運転手によれば、この日はかなり暖かいという。
十分ほどで駅前に運ばれる。
十時十二分の鏡川橋行きに乗り、全線用の一日乗車券を購入する。
かつては、後免町から伊野への直通もあったけれど、時刻表だと、今はない。
定時に発車するものの、市内が近付くに従い、遅れ出す。
(第四千七十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-28 22:47 | 余暇 | Comments(0)

土佐秋後免(とさのあきごめん)

十月二十六日、羽田八時十分発のANA561便で高知へ飛ぶ。
羽田へは、調布を五時十五分の空港連絡バスを使う。日曜だというのに、込んでいる。
羽田空港六時着。
待ち時間で、朝食を済ます。
高知空港には、九時半に到着。珍しく、定刻より早着。足の悪い老女らの団体がおり、階段しかないことに不満を漏らす。
今回、高知へ来たのは、十月一日から土佐電鉄が高知県交通と土佐電ドリームサービスとの合併に伴い、とさでん交通に変わったためだ。
まず、後免町へタクシーで向かう。運転手によれば、この日はかなり暖かいという。
十分ほどで駅前に運ばれる。
十時十二分の鏡川橋行きに乗り、全線用の一日乗車券を購入する。
かつては、後免町から伊野への直通もあったけれど、時刻表だと、今はない。
定時に発車するものの、市内が近付くに従い、遅れ出す。
(第四千七十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-28 21:46 | 余暇 | Comments(0)

試験版:家族類型例(かぞくのれいとは)

b0031140_2182788.jpg

(典型的な家族とは何か:2014年10月19日撮影)


よく家族のモデルケースとして、夫と専業主婦の妻、それに子供ふたり、加えて、世帯年収を五百万円が例となる。どこの世界の話しかと考える。
どこの話しかで思い出したのが、覚えのない株名義関連で、老婆が千八百万円の詐欺被害のニュースだ。最終的に、娘に相談して、詐欺と分かったようだが、何故、すぐに誰かに相談しないのか。
更に、どこの話しかについて思い出したことがある。
秋に大型連休を作る話しだ。
休めるのは、公務員、金融、メーカーで働いている者だけだろう。
最近では、サービス業で働く者も多く、それらに従事する者はカレンダー通りには休めない。
休日数は、月に何日ということがほとんどだ。連休になる方が珍しい。
政府は休ませることにより、旅行などで消費させる目的があるのだろう。思うに、国内での経済的な効果は薄いのではないか。
というのも、その種の連中は、総じて年収もあり、長期休暇があれば、海外に出掛けると思われる。
底辺層を上げないと意味がない。現在、サービス業で働く者は、非正規雇用が目立ち、休日も、文字通り、寝て過ごす者ばかりだ。
(第四千七十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-27 22:04 | 家族 | Comments(0)

家族類型例(かぞくのれいとは)

よく家族のモデルケースとして、夫と専業主婦の妻、それに子供ふたり、加えて、世帯年収を五百万円が例となる。どこの世界の話しかと考える。
どこの話しかで思い出したのが、覚えのない株名義関連で、老婆が千八百万円の詐欺被害のニュースだ。最終的に、娘に相談して、詐欺と分かったようだが、何故、すぐに誰かに相談しないのか。
更に、どこの話しかについて思い出したことがある。
秋に大型連休を作る話しだ。
休めるのは、公務員、金融、メーカーで働いている者だけだろう。
最近では、サービス業で働く者も多く、それらに従事する者はカレンダー通りには休めない。
休日数は、月に何日ということがほとんどだ。連休になる方が珍しい。
政府は休ませることにより、旅行などで消費させる目的があるのだろう。思うに、国内での経済的な効果は薄いのではないか。
というのも、その種の連中は、総じて年収もあり、長期休暇があれば、海外に出掛けると思われる。
底辺層を上げないと意味がない。現在、サービス業で働く者は、非正規雇用が目立ち、休日も、文字通り、寝て過ごす者ばかりだ。
(第四千七十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-27 21:03 | 家族 | Comments(0)