<   2014年 08月 ( 62 )   > この月の画像一覧

試験版:映画四季夏秋食(えいがおうしゅうなつあき)

b0031140_1933471.jpg

(新宿ピカデリーの入口:2014年8月29日撮影)


八月末、先日、購入した先売券を手に新宿ピカデリーに向かう。
『リトル・フォレスト夏秋編』を観るためだ。
足を運んだのは、食が出て来るので、興味を覚えた。
最後の夏休みだからか、子連れが目立つ。
目的の作品には、結構、若い人も来ている。意外に、客席は埋まっている。
内容は、女主人の日常生活だ。とはいっても、自給自足に近いこともあり、東京で暮らしている者にとっては、非日常だ。
構成は、夏と秋で独立している。そうした中、合鴨を解体するシーンも出て来る。生命を頂くことを考える。
終了後、この日は、月に一度の学生時代の友人らとの散策で、四ッ谷へ出る。
日曜の四ッ谷に関し、喫茶店は少ないとの印象しかない。
このため、あったとしても、駅前の教会の礼拝が終わった頃で、込んでいる可能性も高い。
実際、良さそうな店は込んでいる。仕方なく、チェーン店に入る。
ここでも関係紙を読んでいる人を見掛ける。信者が、これだけいること自体、不思議だ。
(第四千十八段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-31 22:31 | 文芸 | Comments(0)

映画四季夏秋食(えいがおうしゅうなつあき)

八月末、先日、購入した先売券を手に新宿ピカデリーに向かう。
『リトル・フォレスト夏秋編』を観るためだ。
足を運んだのは、食が出て来るので、興味を覚えた。
最後の夏休みだからか、子連れが目立つ。
目的の作品には、結構、若い人も来ている。意外に、客席は埋まっている。
内容は、女主人の日常生活だ。とはいっても、自給自足に近いこともあり、東京で暮らしている者にとっては、非日常だ。
構成は、夏と秋で独立している。そうした中、合鴨を解体するシーンも出て来る。生命を頂くことを考える。
終了後、この日は、月に一度の学生時代の友人らとの散策で、四ッ谷へ出る。
日曜の四ッ谷に関し、喫茶店は少ないとの印象しかない。
このため、あったとしても、駅前の教会の礼拝が終わった頃で、込んでいる可能性も高い。
実際、良さそうな店は込んでいる。仕方なく、チェーン店に入る。
ここでも関係紙を読んでいる人を見掛ける。信者が、これだけいること自体、不思議だ。
(第四千十八段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-31 19:30 | 文芸 | Comments(0)

試験版:首相人問題(しゅしょうのこうどう)

b0031140_20441257.jpg

(東京時代は平和ではない予感がする:2014年8月27日撮影)


スマートフォンの弊害に関し、主に、若い世代が言われるものの、年配者でも、問題はある。
特に、周囲に対する認識が衰える連中が手にすると、身勝手さばかりが目に付く。
身勝手といえば、ヘイトスピーチについて、国連より指摘を受けた。これに伴い、反政府と判断した原発や集団的自衛権のデモも取り締まろうとしているようだ。
この混同は可笑しい。
尤も、今の政権自体、違憲の出た選挙で成立している。それからして、問題がある。変な決定をするのも当然か。
変で思い出したが、首相は、ある法要でA級戦犯を我が国の礎とした。
果たして、そうか。
首相周辺は私人なので、問題がないとした。
とはいえ、肩書きを書くことからして、私人でないことは明白だ。何を考えているのか。
 疲れる世だ。
(第四千十七段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-30 22:42 | 政治 | Comments(0)

首相人問題(しゅしょうのこうどう)

スマートフォンの弊害に関し、主に、若い世代が言われるものの、年配者でも、問題はある。
特に、周囲に対する認識が衰える連中が手にすると、身勝手さばかりが目に付く。
身勝手といえば、ヘイトスピーチについて、国連より指摘を受けた。これに伴い、反政府と判断した原発や集団的自衛権のデモも取り締まろうとしているようだ。
この混同は可笑しい。
尤も、今の政権自体、違憲の出た選挙で成立している。それからして、問題がある。変な決定をするのも当然か。
変で思い出したが、首相は、ある法要でA級戦犯を我が国の礎とした。
果たして、そうか。
首相周辺は私人なので、問題がないとした。
とはいえ、肩書きを書くことからして、私人でないことは明白だ。何を考えているのか。
 疲れる世だ。
(第四千十七段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-30 20:41 | 政治 | Comments(0)

試験版:芝居広告紙(しばいじょうめぐり)

b0031140_13585416.jpg

(国立劇場の朝顔:2014年8月29日撮影)


秋雨が続く。
そうした中、芝居のチラシを収集しに、朝から劇場を回る。これが、なかなか骨の折れる作業だ。
その一端については、以前にも触れた。
この日は、まず、映画の先売券の入手から始める。五月から、システムが変わったらしく、前日に行ったところ、二日前でなければ駄目だと言われる。どうして、改悪したのか分からないものの、分かり易い説明を求めたい。
地下鉄で移動する。車内では折り畳まない乳母車を持ち込む母親がいる。途中、乳母車を押さえていないため、動き始め、他人に当たる。
この種の例は、キャリーバッグでもよく見掛ける。
 使っている者は、責任を持つ必要がある。
 ところで、劇場は、国立劇場、明治座、歌舞伎座、新橋演舞場と行く。
 人形町で昼となる。
 焼鳥屋で食べる。
(第四千十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-29 20:59 | 余暇 | Comments(0)

芝居広告紙(しばいじょうめぐり)

秋雨が続く。
そうした中、芝居のチラシを収集しに、朝から劇場を回る。これが、なかなか骨の折れる作業だ。
その一端については、以前にも触れた。
この日は、まず、映画の先売券の入手から始める。五月から、システムが変わったらしく、前日に行ったところ、二日前でなければ駄目だと言われる。どうして、改悪したのか分からないものの、分かり易い説明を求めたい。
地下鉄で移動する。車内では折り畳まない乳母車を持ち込む母親がいる。途中、乳母車を押さえていないため、動き始め、他人に当たる。
この種の例は、キャリーバッグでもよく見掛ける。
 使っている者は、責任を持つ必要がある。
 ところで、劇場は、国立劇場、明治座、歌舞伎座、新橋演舞場と行く。
 人形町で昼となる。
 焼鳥屋で食べる。
(第四千十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-29 13:57 | 余暇 | Comments(0)

試験版:秋音楽(あきからのれんそう)

b0031140_2064855.jpg

(初秋の夕暮れ:2014年8月27日撮影)


暦の上では、既に、秋だ。
知らぬ間に、秋が訪れた。
よく小さい秋を探すという。残暑の中、体感的に、これは結構難しい。
歌を聴くと、なるほどと思う。ただ、気持ち的には、更に、秋が深まった頃に違いない。
歌で思い出したのが、先日のテレビにおける調子外れについての歌い出しの話しだ。
音が聴けているか否かと言っていたけれど、どういうことか、今ひとつ分からない。
歌が好きな人に訊いても、どうも要領を得ない。
歌好きといえば、キリシタンに関し、意外と歌が好きな連中が多いようだ。賛美歌の影響もあるのだろう。
そうした一方で、この連中は悩み過ぎる面もあり、一見、病的に見える。こうした状態だから、宗教に助けを求めているのかもしれない。
 信仰心がない者が、聖書を読んでも面白くはない。
(第四千十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-28 22:05 | 社会心理 | Comments(0)

秋音楽(あきからのれんそう)

暦の上では、既に、秋だ。
知らぬ間に、秋が訪れた。
よく小さい秋を探すという。残暑の中、体感的に、これは結構難しい。
歌を聴くと、なるほどと思う。ただ、気持ち的には、更に、秋が深まった頃に違いない。
歌で思い出したのが、先日のテレビにおける調子外れについての歌い出しの話しだ。
音が聴けているか否かと言っていたけれど、どういうことか、今ひとつ分からない。
歌が好きな人に訊いても、どうも要領を得ない。
歌好きといえば、キリシタンに関し、意外と歌が好きな連中が多いようだ。賛美歌の影響もあるのだろう。
そうした一方で、この連中は悩み過ぎる面もあり、一見、病的に見える。こうした状態だから、宗教に助けを求めているのかもしれない。
 信仰心がない者が、聖書を読んでも面白くはない。
(第四千十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-28 20:05 | 社会心理 | Comments(0)

試験版:雨夜根津辺(あめのよのねづ)

b0031140_2134945.jpg

(路地に残る井戸:2014年8月27日撮影)


このところ、体調が思わしくない。
内科へ行き、風邪薬を貰い、治った頃に、緑内障故、掛かり付けの眼科へ向かう。
おくすり手帳片手に、ここでも薬を処方して貰うけれど、その際、緑内障の種類を薬局で訊かれる。その種類によっては、危険な風邪薬もあるとのことだ。そういえば、以前、耳鼻科の薬を貰った時も同様のことを薬局で言われた。
己の緑内障の種類に関し、患者は知っているのだろうか。
これらが解決したと思ったら、今度は、便の出が悪い。
出なかった翌日の通勤は、大変だ。何故か、下り特急である。
やっとトイレに着いたと思っても、空いていないことも多々ある。
この場合は、前日より、その気配がある。なかなか寝られないほどに痛む。
そうした日の夜、フランス料理店へ行く。
先日、行き付けの店であるブルガリア料理店に行った際、そこの外人スタッフのひとりが独立したことを知る。職場から遠くないこともあり、早速、訪ねる。
ただ、開店が十八時からということもあり、食べる前に町を歩くことにする。谷中、根津という辺りで、路地に入ると、良い雰囲気の店がある。
丁度、この日は、雨が夕方から降り始め、どこでも良いから店に入りたい感じとなるものの、そういうわけにも行かない。
フランス料理に関しては、ほとんど食べたことはない。高い割りに、量が少ない印象しかない。
開店と同時に店に入ると、オーナーは少し痩せた感じだ。
訊けば、内蔵が悪くなり、酒は駄目でトマトジュースだけという。
開店準備の疲れもあると同時に、夜中の三時、四時まで働くことも影響しているに違いない。何れにしろ、身体が資本だ。悪化しないことを望む。
(第四千十四段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-27 23:25 | 余暇 | Comments(0)

雨夜根津辺(あめのよのねづ)

このところ、体調が思わしくない。
内科へ行き、風邪薬を貰い、治った頃に、緑内障故、掛かり付けの眼科へ向かう。
おくすり手帳片手に、ここでも薬を処方して貰うけれど、その際、緑内障の種類を薬局で訊かれる。その種類によっては、危険な風邪薬もあるとのことだ。そういえば、以前、耳鼻科の薬を貰った時も同様のことを薬局で言われた。
己の緑内障の種類に関し、患者は知っているのだろうか。
これらが解決したと思ったら、今度は、便の出が悪い。
出なかった翌日の通勤は、大変だ。何故か、下り特急である。
やっとトイレに着いたと思っても、空いていないことも多々ある。
この場合は、前日より、その気配がある。なかなか寝られないほどに痛む。
そうした日の夜、フランス料理店へ行く。
先日、行き付けの店であるブルガリア料理店に行った際、そこの外人スタッフのひとりが独立したことを知る。職場から遠くないこともあり、早速、訪ねる。
ただ、開店が十八時からということもあり、食べる前に町を歩くことにする。谷中、根津という辺りで、路地に入ると、良い雰囲気の店がある。
丁度、この日は、雨が夕方から降り始め、どこでも良いから店に入りたい感じとなるものの、そういうわけにも行かない。
フランス料理に関しては、ほとんど食べたことはない。高い割りに、量が少ない印象しかない。
開店と同時に店に入ると、オーナーは少し痩せた感じだ。
訊けば、内蔵が悪くなり、酒は駄目でトマトジュースだけという。
開店準備の疲れもあると同時に、夜中の三時、四時まで働くことも影響しているに違いない。何れにしろ、身体が資本だ。悪化しないことを望む。
(第四千十四段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-27 21:23 | 余暇 | Comments(0)