<   2014年 06月 ( 60 )   > この月の画像一覧

試験版:文楽若手会(つゆのぶんらく)

b0031140_1982229.jpg

(文楽若手会の予定:2014年6月29日撮影)


六月の最終日曜、国立小劇場へ足を向ける。国立劇場第二回文楽既成者研修発表会文楽若手会の公演がある。
演目で行く気になる。
『花競四季寿(万才)』、『菅原伝授手習鑑(寺入り・寺子屋)』、『卅三間堂棟由来(平太郎住家より木遣り音頭)』だ。
これらのうち、『卅三間堂棟由来(平太郎住家より木遣り音頭)』を観たいと思う。先日の人間国宝引退公演時に、演目には並んでいたけれど、チケットが取れなかった。
公演は午後からだが、やや早く行き、近くを散策する。中坂がある。
この日、昨夜からの雨は朝には上がるものの、午後からまた降ると天気予報はいう。心なしか、劇場近くの平河天満宮も束の間の晴れ間に、さっぱりしたように見える。
中華料理屋で昼食を済ます。未だ、メニューは消費税が上がる前の値段で、レジに注意書きがある。
その後、喫茶店に移動する。深煎りの珈琲を頼む。薬のため、眠くて仕方がない。眠気覚ましだ。ここは都心にありながら、店内にいると、森の中にある店という感じだ。女主人が、そう思わせるのか。
ところで、内容だが、『菅原伝授手習鑑(寺入り・寺子屋)』は芝居では観たことがある。ただ、芝居に移されたこともあり、若干、内容が異なる。
『卅三間堂棟由来(平太郎住家より木遣り音頭)』は芝居でも観たことがなく、初めてだ。思った以上にテンポが良い。
上記のふたつの作品とも親子の愛が描かれる。
『花競四季寿(万才)』は舞踊である。
 尚、場内は満員で、着物の年配女性が目立つ。
(第三千九百五十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-30 20:06 | 文芸 | Comments(0)

文楽若手会(つゆのぶんらく)

六月の最終日曜、国立小劇場へ足を向ける。国立劇場第二回文楽既成者研修発表会文楽若手会の公演がある。
演目で行く気になる。
『花競四季寿(万才)』、『菅原伝授手習鑑(寺入り・寺子屋)』、『卅三間堂棟由来(平太郎住家より木遣り音頭)』だ。
これらのうち、『卅三間堂棟由来(平太郎住家より木遣り音頭)』を観たいと思う。先日の人間国宝引退公演時に、演目には並んでいたけれど、チケットが取れなかった。
公演は午後からだが、やや早く行き、近くを散策する。中坂がある。
この日、昨夜からの雨は朝には上がるものの、午後からまた降ると天気予報はいう。心なしか、劇場近くの平河天満宮も束の間の晴れ間に、さっぱりしたように見える。
中華料理屋で昼食を済ます。未だ、メニューは消費税が上がる前の値段で、レジに注意書きがある。
その後、喫茶店に移動する。深煎りの珈琲を頼む。薬のため、眠くて仕方がない。眠気覚ましだ。ここは都心にありながら、店内にいると、森の中にある店という感じだ。女主人が、そう思わせるのか。
ところで、内容だが、『菅原伝授手習鑑(寺入り・寺子屋)』は芝居では観たことがある。ただ、芝居に移されたこともあり、若干、内容が異なる。
『卅三間堂棟由来(平太郎住家より木遣り音頭)』は芝居でも観たことがなく、初めてだ。思った以上にテンポが良い。
上記のふたつの作品とも親子の愛が描かれる。
『花競四季寿(万才)』は舞踊である。
 尚、場内は満員で、着物の年配女性が目立つ。
(第三千九百五十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-30 19:05 | 文芸 | Comments(0)

試験版:病欲食(かぜのときには)

b0031140_19294451.jpg

(健康な時だと、ちょっとした光景でも句になる:2014年6月28日撮影)


風邪を引く。
主に、鼻水と咳だ。また、熱もある。
ここ数日、身体が怠く、目の奥や肩も痛む。職場近くの内科の門を叩く。
薬を貰い、服用すると、翌朝には、かなり楽になっている。
風邪のため、俳句どころではなかったものの、調子が良くなれば、自然と歳時記に手が伸びる。
ただ、困ったことに、薬の副作用か、眠気に誘われ、便秘気味となる。後者は、何だか、気分が悪い。
それにしても、このところ、身体が甘い物を要求し、和菓子屋に寄り、水羊羹や餡蜜を買ってしまう。
更に、飲むのも炭酸飲料だ。
そうした折り、国領の世捨て人より、連絡が入る。娘が、先日の怪我に続き、再び、怪我をし、頬に痣を作ったようだ。今回も、掴まり立ちで手が滑り、頭から角にぶつけたとの話しだ。外科に行ったという。そこでは、念のため、脳神経外科も紹介されたらしい。世捨て人も、気の休まる暇がないに違いない。
(第三千九百五十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-29 20:29 | 余暇 | Comments(0)

病欲食(かぜのときには)

風邪を引く。
主に、鼻水と咳だ。また、熱もある。
ここ数日、身体が怠く、目の奥や肩も痛む。職場近くの内科の門を叩く。
薬を貰い、服用すると、翌朝には、かなり楽になっている。
風邪のため、俳句どころではなかったものの、調子が良くなれば、自然と歳時記に手が伸びる。
ただ、困ったことに、薬の副作用か、眠気に誘われ、便秘気味となる。後者は、何だか、気分が悪い。
それにしても、このところ、身体が甘い物を要求し、和菓子屋に寄り、水羊羹や餡蜜を買ってしまう。
更に、飲むのも炭酸飲料だ。
そうした折り、国領の世捨て人より、連絡が入る。娘が、先日の怪我に続き、再び、怪我をし、頬に痣を作ったようだ。今回も、掴まり立ちで手が滑り、頭から角にぶつけたとの話しだ。外科に行ったという。そこでは、念のため、脳神経外科も紹介されたらしい。世捨て人も、気の休まる暇がないに違いない。
(第三千九百五十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-29 19:27 | 余暇 | Comments(0)

試験版:力間違(かしんしすぎた)

b0031140_207627.jpg

(上に立つ者ほど、過信していないか:2014年6月27日撮影)


結局、都議会においては、自浄能力はないようだ。例のヤジ問題だ。有耶無耶となり、有権者としては、呆れるしかない。
呆れるといえば、最近、朝起きて、ニュースを見ようと、NHKを点けると、サッカーだ。民放は煩い番組ばかりで、面白くない。チャンネルを回す。
それにしても、気付けば、世はサッカーで大騒ぎをしているけれど、チームの実力以上に騒ぎ過ぎていないか。
かつての軍隊を思い出す。敗戦続きなのに、庶民は、勝ち戦と信じていた。
ふと、ここで思い出したのが、先日、受信した大袈裟な名前のメールだ。詐欺メールである。知らぬ人は、慌てるだろう。それが犯人の狙いだろうが、政府も妄想でしかない例を出す外ない集団的自衛権に力を入れるより、国内の悪人対策が先ではないか。
 そうした折り、国領の世捨て人より、連絡が入る。
 何でも、世捨て人の娘が掴まり立ちをしていた際、バランスを崩し、顎を打ち、そのまま頭を打ったという。血塗れになり、大学病院に急いだとのことだ。
(第三千九百五十四段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-28 22:05 | 社会心理 | Comments(0)

力間違(かしんしすぎた)

結局、都議会においては、自浄能力はないようだ。例のヤジ問題だ。有耶無耶となり、有権者としては、呆れるしかない。
呆れるといえば、最近、朝起きて、ニュースを見ようと、NHKを点けると、サッカーだ。民放は煩い番組ばかりで、面白くない。チャンネルを回す。
それにしても、気付けば、世はサッカーで大騒ぎをしているけれど、チームの実力以上に騒ぎ過ぎていないか。
かつての軍隊を思い出す。敗戦続きなのに、庶民は、勝ち戦と信じていた。
ふと、ここで思い出したのが、先日、受信した大袈裟な名前のメールだ。詐欺メールである。知らぬ人は、慌てるだろう。それが犯人の狙いだろうが、政府も妄想でしかない例を出す外ない集団的自衛権に力を入れるより、国内の悪人対策が先ではないか。
 そうした折り、国領の世捨て人より、連絡が入る。
 何でも、世捨て人の娘が掴まり立ちをしていた際、バランスを崩し、顎を打ち、そのまま頭を打ったという。血塗れになり、大学病院に急いだとのことだ。
(第三千九百五十四段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-28 20:04 | 社会心理 | Comments(0)

試験版:下品人(かねにむらがる)

b0031140_21362972.jpg

(人との関係は金だけではない:2014年6月22日撮影)


自民党系政治家らの発言やヤジを聞いていると、人として最低限の資質もないことに呆れる。
首相経験のある者の苛めにおける例えも不適切だ。貧乏人は無視されるとしたけれど、これは完全な苛めだ。
また、ヤジ発言者が謝罪した。これは、言うタイミングを逃したと言い訳した。いつもそういうことをしているのか、と疑いたくなる。
何れにしろ、以前にも触れた通り、選択した有権者が愚かだから、愚かな者を選んでしまう。
それにしても、経済だけを理由に現政権を支持する者がいるものの、本当に経済が良いと思っているのか。社会の底辺まで、潤っている話しを聞かない。
そんなに経済が大切か。どういう理由か、世は政治が難しいという。にも関わらず、経済に関し、語りたがる輩は多い。
昔から、床屋政談という言葉はあるが、床屋金談はない。やはり、金の話しは下品だからに違いない。現在、世は下品な連中ばかりが闊歩する。
(第三千九百五十三段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-27 22:34 | 政治 | Comments(0)

下品人(かねにむらがる)

自民党系政治家らの発言やヤジを聞いていると、人として最低限の資質もないことに呆れる。
首相経験のある者の苛めにおける例えも不適切だ。貧乏人は無視されるとしたけれど、これは完全な苛めだ。
また、ヤジ発言者が謝罪した。これは、言うタイミングを逃したと言い訳した。いつもそういうことをしているのか、と疑いたくなる。
何れにしろ、以前にも触れた通り、選択した有権者が愚かだから、愚かな者を選んでしまう。
それにしても、経済だけを理由に現政権を支持する者がいるものの、本当に経済が良いと思っているのか。社会の底辺まで、潤っている話しを聞かない。
そんなに経済が大切か。どういう理由か、世は政治が難しいという。にも関わらず、経済に関し、語りたがる輩は多い。
昔から、床屋政談という言葉はあるが、床屋金談はない。やはり、金の話しは下品だからに違いない。現在、世は下品な連中ばかりが闊歩する。
(第三千九百五十三段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-27 21:32 | 政治 | Comments(0)

試験版:喜快感旅行(えいがかいかんりょこう)

b0031140_2383244.jpg

(神保町シアターのロビー:2014年6月23日撮影)


六月二十三日、仕事帰りに、神保町シアターに寄る。
「エロスのある風景」の中の一本として、『快感旅行』が上映される。故フランキー堺氏が登場する。それだけで、観ることにする。エロスより、コメディー部分を観たくて、足を運ぶ。
映画館によれば、この作品は、経年劣化しているという。
確かに、赤が褪せている。
舞台は、寝台列車で、懐かしの車輌も出て来る。
思えば、いつの間にか、寝台特急も姿を消しつつある。
将来、それを知らない世代も出て来るはずだ。そうした時、この作品を観ると、どう感じるのか。
かつては、この種の作品が制作されたけれど、今では、難しいだろう。
それにしても、北陸を背景に、主人公の文学的な笑いは、なかなか面白く、気楽に楽しめる。
 そういえば、この作品に関し、所々、観た記憶がある。記憶を辿れば、子供の頃、テレビで放送しており、親が観ていた。ただ、記憶だと、女優が異なる。記憶では、その姉だった。
(第三千九百五十二段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-26 23:33 | 文芸 | Comments(0)

喜快感旅行(えいがかいかんりょこう)

六月二十三日、仕事帰りに、神保町シアターに寄る。
「エロスのある風景」の中の一本として、『快感旅行』が上映される。故フランキー堺氏が登場する。それだけで、観ることにする。エロスより、コメディー部分を観たくて、足を運ぶ。
映画館によれば、この作品は、経年劣化しているという。
確かに、赤が褪せている。
舞台は、寝台列車で、懐かしの車輌も出て来る。
思えば、いつの間にか、寝台特急も姿を消しつつある。
将来、それを知らない世代も出て来るはずだ。そうした時、この作品を観ると、どう感じるのか。
かつては、この種の作品が制作されたけれど、今では、難しいだろう。
それにしても、北陸を背景に、主人公の文学的な笑いは、なかなか面白く、気楽に楽しめる。
 そういえば、この作品に関し、所々、観た記憶がある。記憶を辿れば、子供の頃、テレビで放送しており、親が観ていた。ただ、記憶だと、女優が異なる。記憶では、その姉だった。
(第三千九百五十二段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-26 23:05 | 文芸 | Comments(0)