<   2013年 06月 ( 60 )   > この月の画像一覧

試験版:経済歓喜狂(もはやきょうきにしか)

b0031140_21383787.jpg

(写真は都内に残るバブルの傷跡:2013年6月26日撮影)


都議選が終わった。共産党の議席が増えたこと以外、驚きはない。未だに、経済第一を信じ、自民党を支持する人がいることが不思議だ。
経済が良くなっても、庶民の暮らしが向上することはない。
以前より触れている通り、正社員の求人欄を眺めても、昇給や退職金もない。非正規雇用の条件は、もっと劣悪だ。
こうした中で、医学の進歩で長生きをすることになったら、大変だ。
尤も、最近の食べ物には、何が使われているか分からない。逆に、短命の可能性もある。
何れにしろ、何れも大企業が己の利益のため、裏で我々を操っているともいえるだろう。
それにしても、それらに対し、批判精神のない者が何と多いことか。
今から二十年近く前、人々はバブルに狂い、結果、悲惨な結末を迎えた。それを忘れたのか。都内には、傷跡が残る。
現在、株価が上がると、よく証券会社の社員が歓喜している姿が映される。狂気にしか見えない。
(第三千五百九十一段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-30 21:37 | 産業 | Comments(0)

経済歓喜狂(もはやきょうきにしか)

都議選が終わった。共産党の議席が増えたこと以外、驚きはない。未だに、経済第一を信じ、自民党を支持する人がいることが不思議だ。
経済が良くなっても、庶民の暮らしが向上することはない。
以前より触れている通り、正社員の求人欄を眺めても、昇給や退職金もない。非正規雇用の条件は、もっと劣悪だ。
こうした中で、医学の進歩で長生きをすることになったら、大変だ。
尤も、最近の食べ物には、何が使われているか分からない。逆に、短命の可能性もある。
何れにしろ、何れも大企業が己の利益のため、裏で我々を操っているともいえるだろう。
それにしても、それらに対し、批判精神のない者が何と多いことか。
今から二十年近く前、人々はバブルに狂い、結果、悲惨な結末を迎えた。それを忘れたのか。都内には、傷跡が残る。
現在、株価が上がると、よく証券会社の社員が歓喜している姿が映される。狂気にしか見えない。
(第三千五百九十一段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-30 21:36 | 産業 | Comments(0)

試験版:虫嫌悪(こどもからおとなへ)

b0031140_2050712.jpg

(写真は都内の空き地:2013年6月25日撮影)


一週間ほど、実家にいた国領の世捨て人が、妻子より、ひと足先にアパートに戻ったところ、ショウジョウバエの死骸が床に無数あり、側に蜘蛛がいたという。
何があったのか。
あまり良い光景ではない。
そうした中、赤ん坊を入れるわけにもいかず、夕方だったこともあり、掃除機を掛けたという。
よくゴミ屋敷と呼ばれる部屋がある。どのくらい虫が発生しているのか。
想像するだけで、痒くなる。
そういえば、先日、地元で揚羽蝶を見た。
久し振りだ。
子供の頃は、網を手に、よく虫を追い掛けた。故郷にも、空き地が結構あり、蜻蛉もいた。
今では、先の蝶を見た途端、羽の模様に一種の気味悪さを覚えたのは不思議だ。
 これが大人になるということか。
(第三千五百九十段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-29 20:49 | 社会心理 | Comments(0)

虫嫌悪(こどもからおとなへ)

一週間ほど、実家にいた国領の世捨て人が、妻子より、ひと足先にアパートに戻ったところ、ショウジョウバエの死骸が床に無数あり、側に蜘蛛がいたという。
何があったのか。
あまり良い光景ではない。
そうした中、赤ん坊を入れるわけにもいかず、夕方だったこともあり、掃除機を掛けたという。
よくゴミ屋敷と呼ばれる部屋がある。どのくらい虫が発生しているのか。
想像するだけで、痒くなる。
そういえば、先日、地元で揚羽蝶を見た。
久し振りだ。
子供の頃は、網を手に、よく虫を追い掛けた。故郷にも、空き地が結構あり、蜻蛉もいた。
今では、先の蝶を見た途端、羽の模様に一種の気味悪さを覚えたのは不思議だ。
 これが大人になるということか。
(第三千五百九十段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-29 20:47 | 社会心理 | Comments(0)

試験版:御宮参(しんせいじをつれていくには)

b0031140_21221185.jpg

(写真は國領神社:2013年6月23日撮影)


お宮参りとは、産土神で行なうものだ。
国領の世捨て人も、先日、國領神社で、それを行なったという。
その際、予定になかった飲食店に入ったとのことだ。ファミレスだ。
というのも、早々に神社に着いたためだ。
事前にこうした事態を考えていなかったため、入った店では、結構、緊張の連続だった様子だ。
案の定、泣き出した途端、店を出、神社へ向かったらしい。良かったのは、泣き出したのが約束時間近くだったことだ。
一般的に、お宮参りでは、赤ん坊を神の前で泣かす。そうした点では、理想だったのかもしれない。
尚、以降、世捨て人の実家に戻るまで、泣き通しだったと聞く。
また、世捨て人より、仕事場近くの古いアパートと新しいマンションが並んで立っている場所についての話しを聞く。
ある日、その中間に張り紙のある段ボールが置かれたらしい。道行く人が、足を止め、確認するので、世捨て人も確認したところ、アパートの住人が不必要な物を置いており、ご自由にどうぞとの内容だ。
尚、張り紙には、その箱以外にもあり、アパートの部屋を訪ねるようにとのことだと話す。
ちょっと、訪ねてみたい気がしたと世捨て人は語る。
(第三千五百八十九段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-28 23:21 | 余暇 | Comments(0)

御宮参(しんせいじをつれていくには)

お宮参りとは、産土神で行なうものだ。
国領の世捨て人も、先日、國領神社で、それを行なったという。
その際、予定になかった飲食店に入ったとのことだ。ファミレスだ。
というのも、早々に神社に着いたためだ。
事前にこうした事態を考えていなかったため、入った店では、結構、緊張の連続だった様子だ。
案の定、泣き出した途端、店を出、神社へ向かったらしい。良かったのは、泣き出したのが約束時間近くだったことだ。
一般的に、お宮参りでは、赤ん坊を神の前で泣かす。そうした点では、理想だったのかもしれない。
尚、以降、世捨て人の実家に戻るまで、泣き通しだったと聞く。
また、世捨て人より、仕事場近くの古いアパートと新しいマンションが並んで立っている場所についての話しを聞く。
ある日、その中間に張り紙のある段ボールが置かれたらしい。道行く人が、足を止め、確認するので、世捨て人も確認したところ、アパートの住人が不必要な物を置いており、ご自由にどうぞとの内容だ。
尚、張り紙には、その箱以外にもあり、アパートの部屋を訪ねるようにとのことだと話す。
ちょっと、訪ねてみたい気がしたと世捨て人は語る。
(第三千五百八十九段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-28 21:21 | 余暇 | Comments(0)

試験版:結城座公演(きんだいのうがくしゅうさいえん)

b0031140_21194391.jpg

(写真は東京芸術劇場シアターイースト:2013年6月21日撮影)


六月二十一日、東京芸術劇場シアターイーストで、結城座の江戸糸あやつり人形の公演を観る。
今回は、結成から三百八十年を前にしたプレ公演という。
あやつり人形については、二月に一度観たことがある。結城座は初めてだ。
演目は、三島由紀夫近代能楽集のうち『邯鄲』、『葵上』だ。
人形中心に話しが進行するかと思えば、操り師も台詞があり、演技をする。
来ている人は、意外に年配男性もいる。これは三島だからか。
最後にトークショーもある。この際、三分の一は帰る。
ところで、客席だが、簡易的な椅子だからか、開幕に遅れて来た人が歩く度、かなりの音がする。遅れて来た人について、どこの劇場でもいえるけれど、その幕には入らせないなどの処置が出来ないのか。寛大過ぎる。
 気が散って仕方がない。
 遅れて来る方にも言い分はあるのだろうが、幕間後にも遅れて来る。こうなると、性格の問題だ。
(第三千五百八十八段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-27 21:46 | 文芸 | Comments(0)

結城座公演(きんだいのうがくしゅうさいえん)

六月二十一日、東京芸術劇場シアターイーストで、結城座の江戸糸あやつり人形の公演を観る。
今回は、結成から三百八十年を前にしたプレ公演という。
あやつり人形については、二月に一度観たことがある。結城座は初めてだ。
演目は、三島由紀夫近代能楽集のうち『邯鄲』、『葵上』だ。
人形中心に話しが進行するかと思えば、操り師も台詞があり、演技をする。
来ている人は、意外に年配男性もいる。これは三島だからか。
最後にトークショーもある。この際、三分の一は帰る。
ところで、客席だが、簡易的な椅子だからか、開幕に遅れて来た人が歩く度、かなりの音がする。遅れて来た人について、どこの劇場でもいえるけれど、その幕には入らせないなどの処置が出来ないのか。寛大過ぎる。
 気が散って仕方がない。
 遅れて来る方にも言い分はあるのだろうが、幕間後にも遅れて来る。こうなると、性格の問題だ。
(第三千五百八十八段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-27 21:17 | 文芸 | Comments(0)

試験版:中年以上男(おのれをしっているか)

b0031140_21123060.jpg

(雨の日に自転車で傘を差すのは危険だ:2013年6月20日撮影)


梅雨の時期、なかなか晴れ間が見えない。
そうした天候にも関わらず、世間では、自転車に乗る連中がいる。
傘を差して乗るものだから、危険なこと、この上ない。特に、柄物の傘など、前が見えないから、尚更だ。
何を考えているのか。
中年以上の男性で目立つ。この手の者に限り、己のことを棚に上げ、歩行者を怒鳴る。
第三者より見ても危ないのは、己の方だ。自覚すべきだ。
果たして、乗る資格があるのか。
資格といえば、生活保護の受給について、多くの人が受給者へ厳しい視線を送っている。
現在、その額が低いにも関わらず、高いという。受給者への監視より、もっと監視しなければならないのは、政治や財界ではないか。今日、これほど底辺層が多くなったのは、本人の責任より、権力者の問題だからだ。
受給者監視という発想になる時点で、賢い有権者でなくなっている。
そういえば、地元における都議選候補者の公報を見ていたら、地元市長が、民主党と自民党の候補者ふたりを推薦していた。節操がない。
この党の置かれた立場は、かなり異なる。おかしなことだ。
(第三千五百八十七段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-26 22:11 | 社会心理 | Comments(0)

中年以上男(おのれをしっているか)

梅雨の時期、なかなか晴れ間が見えない。
そうした天候にも関わらず、世間では、自転車に乗る連中がいる。
傘を差して乗るものだから、危険なこと、この上ない。特に、柄物の傘など、前が見えないから、尚更だ。
何を考えているのか。
中年以上の男性で目立つ。この手の者に限り、己のことを棚に上げ、歩行者を怒鳴る。
第三者より見ても危ないのは、己の方だ。自覚すべきだ。
果たして、乗る資格があるのか。
資格といえば、生活保護の受給について、多くの人が受給者へ厳しい視線を送っている。
現在、その額が低いにも関わらず、高いという。受給者への監視より、もっと監視しなければならないのは、政治や財界ではないか。今日、これほど底辺層が多くなったのは、本人の責任より、権力者の問題だからだ。
受給者監視という発想になる時点で、賢い有権者でなくなっている。
そういえば、地元における都議選候補者の公報を見ていたら、地元市長が、民主党と自民党の候補者ふたりを推薦していた。節操がない。
この党の置かれた立場は、かなり異なる。おかしなことだ。
(第三千五百八十七段)
[PR]
by akasakatei | 2013-06-26 21:11 | 社会心理 | Comments(0)