<   2013年 01月 ( 62 )   > この月の画像一覧

試験版:後日調布付近地下化(ちょうふふきんちかかよりごかげつ)

 
b0031140_12494240.jpg

(写真は旧甲州街道に面する不動尊:2013年1月27日撮影)


b0031140_12495247.jpg

(写真は不動尊本堂:2013年1月27日撮影)


b0031140_12503317.jpg

(写真は不動尊側に並ぶスナック:2013年1月27日撮影)


b0031140_1251785.jpg

(写真は今後取り壊される調布駅北口にある建物:2013年1月26日撮影)


b0031140_12512971.jpg

(写真は調布駅からの京王八王子方面の地上線跡:2013年1月26日撮影)


b0031140_12514190.jpg

(写真は調布駅からの相模原線方面の地上線跡:2013年1月26日撮影)


体調を崩した国領の世捨て人より連絡がある。これまで、保険の切替に必要な書類がなく、医者へ行けず、布団に寝ているだけであったが、漸く、夜勤先より書類が届き、手続きが出来るとのことだ。
 保険並びに年金の手続きをするために、市役所まで付き合う。
 途中、国領から調布まで、昨夏まで走っていた京王線の地上部分がどうなったかを観察する。
 布田付近では、かなり周辺の建物がなくなり、更地になった場所もある。旧甲州街道へ出ると、不動尊がある。気付けば、初不動もすぐで、境内を眺める。
 初薬師、初大師、初地蔵、初天神などとあるけれど、振り返れば、一度も足を運んだことがない。
 この不動尊の脇には、スナックを中心とした店が並ぶ。店名は地名を使っており、アジアを思わせる。
 脇道を抜けながら、調布へ近付くと、頭上を飛行機が過ぎる。調布飛行場から飛んで来たようで、高度が低い。
 その昔、調布には色街があったとの話しもあるものの、今ではその雰囲気すらない。
 地下化により、また町は変わるだろう。
(第三千四百四十一段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-31 12:48 | 地域 | Comments(0)

後日調布付近地下化(ちょうふふきんちかかよりごかげつ)

 体調を崩した国領の世捨て人より連絡がある。これまで、保険の切替に必要な書類がなく、医者へ行けず、布団に寝ているだけであったが、漸く、夜勤先より書類が届き、手続きが出来るとのことだ。
 保険並びに年金の手続きをするために、市役所まで付き合う。
 途中、国領から調布まで、昨夏まで走っていた京王線の地上部分がどうなったかを観察する。
 布田付近では、かなり周辺の建物がなくなり、更地になった場所もある。旧甲州街道へ出ると、不動尊がある。気付けば、初不動もすぐで、境内を眺める。
 初薬師、初大師、初地蔵、初天神などとあるけれど、振り返れば、一度も足を運んだことがない。
 この不動尊の脇には、スナックを中心とした店が並ぶ。店名は地名を使っており、アジアを思わせる。
 脇道を抜けながら、調布へ近付くと、頭上を飛行機が過ぎる。調布飛行場から飛んで来たようで、高度が低い。
 その昔、調布には色街があったとの話しもあるものの、今ではその雰囲気すらない。
 地下化により、また町は変わるだろう。
(第三千四百四十一段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-31 12:39 | 地域 | Comments(0)

試験版:公務員早期退職(いちばんもんだいなのは)

 
b0031140_17363579.jpg

(早期退職の教職員を誰が批判することが出来るのか。問題の本質は別にある。:2013年1月26日撮影)


教職員や警官の早期退職に関し、批判があちこちより聞かれる。果たして、これは批判出来るか。
 問題はそのやり方と思われる。何故、この時期だったのか。
 また、以前より触れているけれど、生活保護も払われる額が多過ぎるのではなく、世間の所得が低過ぎるのが問題である。
 働いても暮らせず、家族さえ持てない。
 否、働き口もない。確かに、非正規社員の求人は多少あるものの、家族を持つほどの給与は支払われない。
 更に付け加えれば、応募しても、書類選考で落とされるケースが最近では目立つ。面接へ辿り着くまでが大変だ。
 仕事を選んでいると、識者は言う。これは当たっていない。
 こうした実情を世間知らずの富裕層や政治家、官僚、財界人が知らないのは当然だが、驚くべきことに、正社員で働いている多くの人間もこれを他人事と捉えているようだ。
 企業は合理的に動いているつもりらしい。実際には、社会の閉塞感を作っているだけで、何の役にも立っていない。社会的ジレンマである。
 現在、どこかで見たと思われる顔触れが政権や財界を仕切っている。これこそが問題で、頭自体を変えないと良くはならない。
 これは一般企業でも同様で、経営陣が居残り、従業員を切った企業で、その後、良くなったという話しを聞いたことはない。
(第三千四百四十段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-30 17:35 | 産業 | Comments(0)

公務員早期退職(いちばんもんだいなのは)

 教職員や警官の早期退職に関し、批判があちこちより聞かれる。果たして、これは批判出来るか。
 問題はそのやり方と思われる。何故、この時期だったのか。
 また、以前より触れているけれど、生活保護も払われる額が多過ぎるのではなく、世間の所得が低過ぎるのが問題である。
 働いても暮らせず、家族さえ持てない。
 否、働き口もない。確かに、非正規社員の求人は多少あるものの、家族を持つほどの給与は支払われない。
 更に付け加えれば、応募しても、書類選考で落とされるケースが最近では目立つ。面接へ辿り着くまでが大変だ。
 仕事を選んでいると、識者は言う。これは当たっていない。
 こうした実情を世間知らずの富裕層や政治家、官僚、財界人が知らないのは当然だが、驚くべきことに、正社員で働いている多くの人間もこれを他人事と捉えているようだ。
 企業は合理的に動いているつもりらしい。実際には、社会の閉塞感を作っているだけで、何の役にも立っていない。社会的ジレンマである。
 現在、どこかで見たと思われる顔触れが政権や財界を仕切っている。これこそが問題で、頭自体を変えないと良くはならない。
 これは一般企業でも同様で、経営陣が居残り、従業員を切った企業で、その後、良くなったという話しを聞いたことはない。
(第三千四百四十段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-30 08:51 | 産業 | Comments(0)

試験版:頭脳単純有権者(ちのめぐり)

 
b0031140_12331811.jpg

(将来、この青空を心から笑って眺められる人はどのくらいいるのか。:2013年1月25日撮影)


連日、アルジェリアに関し、報じられている。そうした中、被害となった企業の担当者が、毎日のように強面で会見をしている。それが、先日、最後の行方不明者が判明した時だけ、涙を見せた。
 これには、あれこれと想像する。例えば、判明した人はかなり地位のある人で、今の役職に取り立てて貰ったのか。それとも、自社の人だったからか、或いは、漸く、終わったと考えたのか。
 それにしても、今回の事件について、テロばかり言われているものの、背景がほとんど触れられていないのか何故か。
 本来なら、そこから考えるべきで、責められるのはマリへの軍事介入のフランスではないのか。
 世の中、本筋が忘れられることはよくあることだけれど、新自由主義になって以降、論理の摩り替えで、真実が語られないことが多い。
 これに騙される頭の構造が単純な有権者も目立つ。
 今回の自民党政権になり、どうなると予測出来たか。
 首相の周囲に郵政民営化をした某経済学者が徘徊しており、これだけで最悪の道筋は分かるはずだ。郵政は、民営化以前と比べ、郵便局も減り、配達が減っている地域もある。民営化以前、サービスは変わらないとしていた。
 また、賃金の上昇を伴わず、消費税や物価を上げることにより、どのようになるか。
 判断基準を自らの周囲を眺めてだけでしか行なっていないため、現状と乖離したものとなる。
 続くのは闇への線路だ。
(第三千四百三十九段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-29 12:29 | 政治 | Comments(0)

頭脳単純有権者(ちのめぐり)

 連日、アルジェリアに関し、報じられている。そうした中、被害となった企業の担当者が、毎日のように強面で会見をしている。それが、先日、最後の行方不明者が判明した時だけ、涙を見せた。
 これには、あれこれと想像する。例えば、判明した人はかなり地位のある人で、今の役職に取り立てて貰ったのか。それとも、自社の人だったからか、或いは、漸く、終わったと考えたのか。
 それにしても、今回の事件について、テロばかり言われているものの、背景がほとんど触れられていないのか何故か。
 本来なら、そこから考えるべきで、責められるのはマリへの軍事介入のフランスではないのか。
 世の中、本筋が忘れられることはよくあることだけれど、新自由主義になって以降、論理の摩り替えで、真実が語られないことが多い。
 これに騙される頭の構造が単純な有権者も目立つ。
 今回の自民党政権になり、どうなると予測出来たか。
 首相の周囲に郵政民営化をした某経済学者が徘徊しており、これだけで最悪の道筋は分かるはずだ。郵政は、民営化以前と比べ、郵便局も減り、配達が減っている地域もある。民営化以前、サービスは変わらないとしていた。
 また、賃金の上昇を伴わず、消費税や物価を上げることにより、どのようになるか。
 判断基準を自らの周囲を眺めてだけでしか行なっていないため、現状と乖離したものとなる。
 続くのは闇への線路だ。
(第三千四百三十九段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-29 12:28 | 政治 | Comments(0)

試験版:流行風邪布団日(はやりやまいか)

 
b0031140_15201411.jpg

(写真は東京近郊で雪から雨へと変わった:2013年1月22日撮影)


研修見学会から戻ると、前日同様、熱で悪寒がし、早々に寝る。
 翌朝、博多へ一緒に行った国領の世捨て人から連絡が来る。
 何でも、布団でゆっくりと寝たいと思っていたためか、布団の神に仲良くしようぜ、と誘われたみたいだとの話しだ。
 訊けば、熱が三十九度近く、関節や喉の痛みなどがあり、こちらと症状が似ている。頭は、芝居の百日鬘と話す。
 現在、休養中の身だが、一応、再就職先も探している最中だったらしい。
 世捨て人の場合、免疫力が落ちており、風邪の悪化が考えられるものの、睡眠を充分に取っている者と同じ症状というのは不思議だ。また、インフルエンザの予防注射もしている。
 ところで、世捨て人とって不運なのは、夜勤を辞め、保険の切替中故、医者の門を叩き難い状態ということだ。悪化しないことを祈る。 
 明日の天気予報では、明け方は雪だが、何れ雨となり、積雪の心配はないとしているが、寒いことに変わりはない。
その翌日、世捨て人の細君より、連絡が入る。
 朝刊でインフルエンザの記事を読んだところ、思い当たる節があるという。
 となると、博多へ行った際、同時に感染したことも考えられる。何れにしろ、面倒なことになった。
 こうなると、予防注射とは何だったのか。
(第三千四百三十八段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-28 15:20 | 余暇 | Comments(0)

流行風邪布団日(はやりやまいか)

 研修見学会から戻ると、前日同様、熱で悪寒がし、早々に寝る。
 翌朝、博多へ一緒に行った国領の世捨て人から連絡が来る。
 何でも、布団でゆっくりと寝たいと思っていたためか、布団の神に仲良くしようぜ、と誘われたみたいだとの話しだ。
 訊けば、熱が三十九度近く、関節や喉の痛みなどがあり、こちらと症状が似ている。頭は、芝居の百日鬘と話す。
 現在、休養中の身だが、一応、再就職先も探している最中だったらしい。
 世捨て人の場合、免疫力が落ちており、風邪の悪化が考えられるものの、睡眠を充分に取っている者と同じ症状というのは不思議だ。また、インフルエンザの予防注射もしている。
 ところで、世捨て人とって不運なのは、夜勤を辞め、保険の切替中故、医者の門を叩き難い状態ということだ。悪化しないことを祈る。 
 明日の天気予報では、明け方は雪だが、何れ雨となり、積雪の心配はないとしているが、寒いことに変わりはない。
その翌日、世捨て人の細君より、連絡が入る。
 朝刊でインフルエンザの記事を読んだところ、思い当たる節があるという。
 となると、博多へ行った際、同時に感染したことも考えられる。何れにしろ、面倒なことになった。
 こうなると、予防注射とは何だったのか。
(第三千四百三十八段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-28 15:14 | 余暇 | Comments(0)

試験版:研修見学会内容(これらにたえて)

 
b0031140_14678.jpg

(写真は国立劇場前の庭:2013年1月19日撮影)


 国立劇場の研修生については、新聞に募集要項が載るので、以前より知っていた。
 今回の見学会は、プログラムを買った際に出ていた。無料ということだったので、早速、申し込む。
 稽古中は正座をするなどの諸注意後、稽古見学である。
 まず、長唄である。基本的に、師匠と向き合って、稽古をする。『連獅子』と『京鹿子娘道成寺』だ。
 ふと、『連獅子』が昨日に観た映画に出て来ることを思い出す。幕が引かれた後、子役が獅子役に挨拶をしていた。客席からは分からないことだ。
 祖父が三味線職人で、三味線の皮を張り変えた時など、よく音を合わせていた。耳に懐かしい。
 その次が竹本である。こちらは太棹の三味線だ。義太夫と三味線に分かれる。『一谷嫩軍記(熊谷陣屋)』の稽古である。
 今回、他に鳴物を募集している。こちらは研修生がおらず、ビデオを眺める。
 最後は歌舞伎で、『義経千本桜(小金吾討死)』における立ち回りの稽古である。とんぼを切るなど、体操部並みである。女形志望でも同様の稽古をするという。
(第三千四百三十七段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-27 14:10 | 余暇 | Comments(1)

研修見学会内容(これらにたえて)

 国立劇場の研修生については、新聞に募集要項が載るので、以前より知っていた。
 今回の見学会は、プログラムを買った際に出ていた。無料ということだったので、早速、申し込む。
 稽古中は正座をするなどの諸注意後、稽古見学である。
 まず、長唄である。基本的に、師匠と向き合って、稽古をする。『連獅子』と『京鹿子娘道成寺』だ。
 ふと、『連獅子』が昨日に観た映画に出て来ることを思い出す。幕が引かれた後、子役が獅子役に挨拶をしていた。客席からは分からないことだ。
 祖父が三味線職人で、三味線の皮を張り変えた時など、よく音を合わせていた。耳に懐かしい。
 その次が竹本である。こちらは太棹の三味線だ。義太夫と三味線に分かれる。『一谷嫩軍記(熊谷陣屋)』の稽古である。
 今回、他に鳴物を募集している。こちらは研修生がおらず、ビデオを眺める。
 最後は歌舞伎で、『義経千本桜(小金吾討死)』における立ち回りの稽古である。とんぼを切るなど、体操部並みである。女形志望でも同様の稽古をするという。
(第三千四百三十七段)
[PR]
by akasakatei | 2013-01-27 13:59 | 余暇 | Comments(3)