<   2003年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

南真事(だいちふるえし)

 この十七日は阪神大震災から丸八年目であった。九月の防災の日と並び、最近では防災対策に関する特集をよく見掛けるようになった。
 本来、それは常日頃より気に掛けておかなければならないものだが、多くの人は忘れてしまっている。
ある筋によると、前から言われている関東の地震はここ数年のうちに起こるという。ただ、それを公表すれば、人々がパニックになるために控えているのだという。
また、地球科学を齧っていた、さいたまの地主によれば、当分は大丈夫だという。
こうなると、備えあれば憂いなし、というように緊急時に用意をしておくべきかもしれない。とはいえ、ある関東大震災経験者によれば、火事が発生するので、身体ひとつで逃げるべきだと指摘する。非常食などの入ったリュックを背負うと火の粉が飛んできて、逆に危険であり、懸念される炊き出しも迅速だったという。
地震では確かに揺れそのものより、火事の方が怖く、阪神大震災があれほどで済んだのは早朝だったからに違いない。
先日、仕事場のビルで防火訓練があった。いつもは避難器具を使った訓練には参加しないのだが、今回それを使って、仕事場の三階より脱出を試みた。正直、命綱はあるのだが、窓から飛び降りる時に恐怖を覚えた。怪盗アクションを見せる主人公達に尊敬の念さえ抱いてしまったのは否めない。
(第七十二段)
[PR]
by akasakatei | 2003-01-29 13:08 | 社会心理 | Comments(0)

鳥瞰春夏冬(あきないもよう)

 このご時世、物を如何に売るか商売人は頭を痛めている。要はどうやって、顧客の心を掴むかなのだが、驚いたことに未だにそうでもない業界もあるようである。
 先日、某ウイルス対策ソフト会社にソフトの延長に対して、キーを貰うことになっていたのだけれど、ひと月してもウンともスンとも言ってこない。そこで、こちらから連絡したのだが、商売をする気があるのか否か分からず、結局、断ってしまった。
 次に、某生命保険会社の外交員が、突然、仕事場を訪れたのだが、どうも保険に加入していないこと自体が非国民という口調で長々と説教を聞く羽目になってしまった。一体何様のつもりであろうか。入るかどうかは個人の自由である。自分の入院や死後の家族の面倒については、他人からとやかく言われる必要のないことである。
 これらの例から分かるのは、自分たちの論理、つまり業界の常識を押し付けていることである。こうした傾向がある限り、消費者は飛びつかないであろう。
 消費者が良いなと思うのは、相手の立場になって一緒に考えてくれる人である。商品を最初に出すのではなく、人柄から入っていかなくてはならないだろう。こう書くと、よく新聞で見掛ける老人相手の詐欺について訊かれそうだが、前提にあるのは上手い話はまずないということである。
(第七十一段)
[PR]
by akasakatei | 2003-01-22 13:05 | 福祉 | Comments(0)

路壺子(ひとみにうつりしものは)

 中央線の不通は最早日常化してしまっている。その原因は人身事故やポイント故障などで、その影響か、ラッシュ時の駅員はピリピリとしている。
 先日、八時過ぎの東京方面の新宿駅でのことである。普段は聞き流している駅の案内放送であるが、突然怒鳴り声に変わった。何事かと思い見回せば、入線してくる電車も警笛を断続的に鳴らしていいて、すぐ側に、ホームの端に立ち、メールに夢中になっている男がいる。
 年は二十歳過ぎか。毛糸の帽子を被り、リュックを背負っている。全く何を考えているのだろうか。あれでは、下手に顔を上げれば触れてしまうに違いない。
 最後は駅員が駆け寄り、強引に引いたので、事なきを得たものの、当の本人は何事かという顔をしていた。お小言を頂戴していたようだが、どこ吹く風という感じであった。
 この男、車内でもかなり迷惑な存在であり、通話はする、リュックは前に抱えない、貧乏ゆすりは行なうなど、車内マナーがなっておらず、親の顔が見たいほどであった。
 二十歳を過ぎてもこんなのがいるのだから、十代などどうなのであろうか。それを考えると、これから先この国の未来は明るくはないに違いない。
(第七十段)
[PR]
by akasakatei | 2003-01-17 13:04 | 社会心理 | Comments(0)

後日歳事記(ごにちのおこない)

 ついこの間正月を迎えたと思ったら、もう睦月も十日である。時の流れは早い。
 今年は成るべく江戸的な生活をしようと、元旦には福茶と恵方参り、二、三日は江戸の気分を味わおうと芝居に出掛けた。それ以降は七日に七草粥を食べただけである。普段の生活に戻ると、どうしてもゆとりがなくなってしまう。
 そこで、町の様子を書き留めようと帳面を持つことにした。これはゆとりがなくては出来ないことであろう。時間に追われていると、見過ごしてしまうに違いない。
 帳面を手に町に出ると、これまでなら気にしなかったことに目がいく。
 正月風景もそうである。日常のそれと変わらなくなってきている。民俗学でいうハレの日の意味は薄い。頭では何となく理解していたことだが、これほどまでだったのかと改めて気付かされる。
 確かに、門付けが一軒毎に訪れるわけではない。その姿を正月に見かけなくなったのは何時のことであろうか。子供時分には未だ見た記憶がある。
 何はともあれ、帳面片手に今年は違う角度の東京を探すことにする。
(第六十九段)
[PR]
by akasakatei | 2003-01-10 13:03 | 余暇 | Comments(0)

初春福寿草(はつはるがんじつのちかい)

 年が明けた。癸未である。今年は、昨年あまりにも悪かったので、多少縁を担ぐことにする。
 福寿草のある部屋で、朝一番に福茶を飲み、そして恵方へ初詣に行く。
それにしても、福寿草を探すのに苦労をした。何軒の花屋を回ったであろうか。縁起物なのに、どうしてであろうか。確かに、花は旧正月に咲き始めるけれど、それでも気分的にあるのとないのとでは違うだろう。
漸く探した福寿草であるが、その栽培方法についてはよく知らない。ガーデニングが流行している昨今ではあるが、福寿草に関しての文献は少ない。花屋によれば、霧吹きで水を掛け、陽当りをよくして下さいとのことであった。それを基本とし、後は独自で調べていくしかないだろう。
それにしても、普段、花屋を覗くことはない。そういう意味では貴重な体験だったといえる。遅まきながら、切り花を主体としているのか、鉢植えなのか、により分かれていることに気付く。
今まで、町を見ているようで見ていなかったということであろう。今年はもう少し引き出しを増やすことにしよう。特に、これまで足を入れなかった地域を積極的に探訪したいと思う。
(第六十八段)
[PR]
by akasakatei | 2003-01-01 13:02 | 余暇 | Comments(0)