<   2002年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日和洋下駄(ひよりぐつ)

桜に続き、桜草、躑躅、藤、牡丹の時期も今年は早かった。その名所を早速訪れたけれど、どこも凄い人出であった。尤も、若い人はほとんど見かけない。その多くは年配者である。それにしても、杖を突くか、若しくは介抱者がいないと歩けない人が何と多いことか。これには多少考えさせられる。
 その原因は人それぞれだろうけれど、もし仮にこのままの環境で若者が老人になったとしたら、どういう社会になっているであろうか。たぶん、現代以上に病気や怪我に悩まされている者が増えているだろう。
 というのも、歩くことを忘れているからである。ちょっと近所に行くにも、自動車を使う始末だからである。足腰が弱ってきても不思議ではない。
 思えば、東都の緑が減ると共に、歩く人を見かけなくなった。同時に、旧町名も消えていった。かつては、今からでは想像も出来ないほど、緑が溢れていたものである。それが、オリンピックを境として姿を消し始め、先のバブルで、それを探すのさえ難しくなった。
 本当にこれが住み易い環境といえるのか。
 町とは、人々の集まる場所であり、基本的には営みがあるものでなくてはならない。それが、現在見ている限りでは、極めて人工的であって、政府に管理されている気さえする。また、最近の若者の犯罪を分析すると分るけれど、ニュータウンなどで頻発している。これは、どこにも人の温もりが感じられないからに違いない。つまり、地域が米利堅型になってしまったのが問題といえる。
 解決方法のひとつとして、自動車を利用しないことである。この際、走れる車両や時間などの規制を設けても構わない。事実、都内においては走らなくてもいい自動車が走っていることもあり、路上駐車、それに伴い慢性的な渋滞や排気ガスに悩まされることになる。気分良く散策するにはそれらは邪魔である。
(第二十六段)
[PR]
by akasakatei | 2002-04-28 11:58 | 余暇 | Comments(0)

要留盆郡州(いっすんさきありのゆめ)

携帯電話、煙草、乳母車、集団、食事。
これらは雑踏の中でも、特に迷惑なものである。いちいちその理由を上げなくても、誰もが納得するものばかりである。これらを分らない人は、社会的常識を疑われても仕方がないだろう。
 それにしても、老若男女を問わず、省みず行動をしている人が多過ぎる。どういう育て方をされたのだろうか。今後の社会を考えた場合、益々生き難くなることが予想される。
 大体において、こうした人は自由の意味を履き違えている。自由とは、何を行なってもいいわけではない。そこには自ずと制約がある。それを忘れている。
 忘れているといえば、次元が異なるが、政治家もやけに健忘症が目立つ。会見を見ていると、こんなことで本当に国の舵取りを任せて大丈夫なのかと思ってしまう。どう解釈しても、私利私欲に走っていたとしか捉えられない。
 私利私欲といえば、本当のところは分らないけれども、先日躑躅を愛でに足を延ばした根津でのこと、今年より料金を取るようになっていた。面白いことに、無料だった頃よりも人出が凄い。有り難味があるということか。
 何はともあれ、そうした雑踏では、必ず冒頭で述べ光景を目にする。これらはひとりひとりが意識しない限り、無くならないだろう。ある自治体では、条例で罰するという。常識まで、法で取り締まらなければならないのだから情けない。反対解釈すれば、こうした法などなくても、常識が守られている社会は大したものに違いない。こうした文脈からすると、人間は進化しているとは言えないだろう。歩んでいるのは破滅への道である。新しい機械の発明で世の中が便利になることが発達となるわけでない。
(第二十五段)
[PR]
by akasakatei | 2002-04-20 11:57 | 産業 | Comments(0)

大漁貨獲症(やまぶきのさとには)

この四月に発足した某銀行のトラブルは何とかならないものであろうか。システム障害というけれど、要は機械を信じ過ぎていたために起こったことである。頼らなければ起きなかったに違いない。どうして、そこまで自信が持てたのであろうか。不思議である。
普段、電脳機関のトラブルに見舞われてばかりの身からすれば、個人レベルでさえそうなのだから、あのように大きな組織で何も起きない方がむしろ異常である。実際、今もメール機能が急に使えなくなってしまった。ログオンのパスワードを確認しろという。色々と試しても埒があかない。こうした事実から考えると、今回、その辺の認識が甘いとしか言いようがない。危機管理が欠落していたのだろう。
このトラブルがどこまで続くかは分らないが、給料日までに解決しないと、それこそ身の破滅を招くことになるかもしれない。
それにしても、本当に再編する必要があったのか。というのは、顧客は請求書の作り直しや関係先への連絡など、貴重な労力をその方面に向けなければならないからで、それに費やす額も馬鹿にはならない。全ては銀行だけの都合である。
ただでさえ、銀行は時間外手数料などを取っている上、一般的に給与も高い。それに公的資金の導入など、やりたい放題である。これでは誰もが納得しないだろう。
それなのに、先日の都の銀行税における敗訴には誰もが耳を疑ったことだろう。今後の裁判が注目される。
現在のデフレも元はといえば、銀行の責任である。バブルさえ作り出さなければ、このようなことにはならなかったはずである。
いずれにしても、山吹色は人心を惑わす。大切なものであるが、反面汚いものである。これを忘れないようにしたい。
(第二十四段)
[PR]
by akasakatei | 2002-04-06 11:56 | 産業 | Comments(0)