カテゴリ:福祉( 111 )

地下鉄駅狂(ちかてつのきょうふ)

b0031140_11251388.jpg

(駅には物語があるが:2016年6月26日撮影)


地下鉄のホームより、視覚障害者が落ちて、死亡した。
 声掛けが、大事だという。以前より、言われていることだ。
 対策として、ホームドアが良いものの、費用などの点で、進んではいない。
 現在、都内のホームを歩いて思うのは、どこの駅も歩く速度が遅い連中が多く、ホームに人が結構いるということだ。
 このため、避けながら歩くと、どうしても端を歩くことになる。
 これに関し、まず、考えるのが、エスカレーターに乗ろうとする輩がかなりいる点だ。このため、ホームの一部分が混雑する。
 更にいえば、年配者や若者、これらの歩みが遅いことも外すわけにはいかない。
 後者など、歩きながら、スマートフォンに目を落としている。
 何れにしろ、己のことしか考えないのが現代だ。このような軋轢は、今後も続くだろう。
 解決策として、健康を考え、階段のみとし、スマートフォンも構内で禁止する以外にないのではないか。
 そうした折り、サファリパークで動物にスタッフが襲われたらしい。
 この類いは、時々、聞く。
(第四千七百三十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-08-21 07:21 | 福祉 | Comments(0)

福祉理不尽(きみょうなふくし)

b0031140_222939.jpg

(静かな山里に現在では:2016年3月23日撮影)


ネットほど、信じてならないものはない。
津久井での施設の事件だ。
犯人は、元職員で、解雇が動機とされた。
これについて、ネットでは、このような事件を起こすから、解雇
は当然だとの意見が並ぶ。
安易な解雇と、考えないのが不思議だ。
その後、以前に、衆議院議長へ手紙を持参したとの報道がされる
と、意見が変わり始める。
この手紙の内容は、重度障害者の安楽死に関するものだ。
思うに、老人ホームでもそうだが、預けた家族は、ほっとしてい
るのではないか。家族の負担が重たいことは確かで、これは、福祉
面における我が国の政策が貧弱だということに外ならない。
大体、スタッフの待遇は良くなく、それでいて、利用者の要求は
強い。
本来、福祉は、儲けが期待出来ない分野だ。
最近、これを忘れ、損得で判断する連中が目立つ。
ところで、最初、事件を聞いた際、防犯設備があるのに、如何に
侵入したのかと思ったが、打ち破ったと聞き、納得する。とはいえ、
防犯会社の対策はどうだったのか、興味深い。
(第四千七百十八段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-31 21:49 | 福祉 | Comments(0)

試験版:女度量(おんながきらわれるわけ)

b0031140_21195981.jpg

(合羽着て犬と散歩す五月雨:2015年6月15日撮影)


作家の愛人が書いた本をこれまでに何冊か読んだことがある。
作品からは分からないこともあり、資料のひとつとして興味深い。
そこには、女の感情に振り回される男の姿もある。
全く、女とは面倒だ。
そうした中、ネットで、女のイジメに関する記事がある。やって
いることが、子供と同じで、そのまま、年を取っただけのようだ。
恥ずかしくないのか。
何も学ばなかったということだろう。
女の場合、感情が先で、物事を客観的に見られないから、子供の
ような大人ばかりとなる。
そのような意味でいえば、職場における生産性を低くさせている
といえる。向かないに違いない。
また、度量がないこともある。疲れる存在だ。
 正直、仕事場にいるだけで、目障りだ。
 いない方が捗る。
 特に、婆ほど、意固地になるから、始末に負えない。
 死ぬのを忘れているから嫌だ。
(第四千三百十四段)
[PR]
by akasakatei | 2015-06-23 22:18 | 福祉 | Comments(0)

試験版:健康数(けんこうなひとは)

b0031140_1945769.jpg

(庭石に杜鵑花の映える老舗かな:2015年5月24日撮影)


健診の結果が戻る。
白血球が少なく、定期的に検査するようにとのことだ。元々少な
かったが、これまでは、範囲内だった。
早速、仕事場近くの内科の門を叩くと、検査日翌日に風邪を引い
たこともあり、その関係ではないかという。
また、医者個人としては、範囲内と話す。
ちょっとしたことで、かなり変化するものらしい。
医者からは、この年で、これだけしか問題がないのは優等生との
ことだ。
父親を見ていると、今でこそ、医者通いをしているものの、現役
の頃は、眼科にしか行っておらず、それを知っているから、優等生
と言われても、不思議な感じだ。 
 そういえば、最近、精神的に患う者も増えている。
 特に、完璧主義者に多いという話しもある。
 正直、この手の人間は、完璧を求める余り、他人にも強要する。
かなり迷惑な存在だ。
 信念が強いという人もあろうが、単に、折り合いを付けられない
だけではないか。
(第四千二百九十一段)
[PR]
by akasakatei | 2015-05-31 22:39 | 福祉 | Comments(0)

健康数(けんこうなひとは)

健診の結果が戻る。
白血球が少なく、定期的に検査するようにとのことだ。元々少な
かったが、これまでは、範囲内だった。
早速、仕事場近くの内科の門を叩くと、検査日翌日に風邪を引い
たこともあり、その関係ではないかという。
また、医者個人としては、範囲内と話す。
ちょっとしたことで、かなり変化するものらしい。
医者からは、この年で、これだけしか問題がないのは優等生との
ことだ。
父親を見ていると、今でこそ、医者通いをしているものの、現役
の頃は、眼科にしか行っておらず、それを知っているから、優等生
と言われても、不思議な感じだ。 
 そういえば、最近、精神的に患う者も増えている。
 特に、完璧主義者に多いという話しもある。
 正直、この手の人間は、完璧を求める余り、他人にも強要する。
かなり迷惑な存在だ。
 信念が強いという人もあろうが、単に、折り合いを付けられない
だけではないか。
(第四千二百九十一段)
[PR]
by akasakatei | 2015-05-31 19:38 | 福祉 | Comments(0)

試験版:高齢者運転(こうれいしゃのじこ)

b0031140_20542462.jpg

(世は高齢者が安心して暮らせるか:2014年11月16日撮影)


朝、駅まで急いでいたところ、すぐ脇で何かを潰すような大きな音がする。何かと思えば、信号において、停まっていた車に後続の車がぶつかっていた。ブレーキが遅かったのだろう。
運転していたのは、老人だ。
超高齢社会といわれる現在、運転の危険性は、以前から指摘されている。
そういえば、我が国における高齢者と若者に関し、若者は高齢者に対し、若者の職場を奪っているから仕事がないと叫ぶ傾向がある。
考えるに、高齢になっても働かなければ暮らしていけない社会に問題がある。何故、そこに目が行かないのか。
目が行かないといえば、先の戦争を美化する動きもネットを中心に目立つ。
ここで驚くのは、良い年をした大人までいることだ。
歴史を振り返れば、我が国の失敗が分かるはずだ。
当時の国民は愚かで反対の声を上げなかった、と我々は簡単にいうものの、現在の流れを見ていると、同様ではないか。
実際、右翼的な動きは強まり、私立大学の自治にまで、口を入れ、教員や授業にまで圧力を掛ける。
それに屈する大学、報じないメディアを目にすると、戦前も同じだったに違いないと察する。
(第四千百二十三段)
[PR]
by akasakatei | 2014-12-14 21:51 | 福祉 | Comments(0)

高齢者運転(こうれいしゃのじこ)

朝、駅まで急いでいたところ、すぐ脇で何かを潰すような大きな音がする。何かと思えば、信号において、停まっていた車に後続の車がぶつかっていた。ブレーキが遅かったのだろう。
運転していたのは、老人だ。
超高齢社会といわれる現在、運転の危険性は、以前から指摘されている。
そういえば、我が国における高齢者と若者に関し、若者は高齢者に対し、若者の職場を奪っているから仕事がないと叫ぶ傾向がある。
考えるに、高齢になっても働かなければ暮らしていけない社会に問題がある。何故、そこに目が行かないのか。
目が行かないといえば、先の戦争を美化する動きもネットを中心に目立つ。
ここで驚くのは、良い年をした大人までいることだ。
歴史を振り返れば、我が国の失敗が分かるはずだ。
当時の国民は愚かで反対の声を上げなかった、と我々は簡単にいうものの、現在の流れを見ていると、同様ではないか。
実際、右翼的な動きは強まり、私立大学の自治にまで、口を入れ、教員や授業にまで圧力を掛ける。
それに屈する大学、報じないメディアを目にすると、戦前も同じだったに違いないと察する。
(第四千百二十三段)
[PR]
by akasakatei | 2014-12-14 20:50 | 福祉 | Comments(0)

試験版:敬老朝(けいろうへのみち)

b0031140_20321341.jpg

(祝祭日の都バス:2014年9月15日撮影)


敬老の日、都バスを見る。日の丸を前面に付けている。そういえば、祝祭日は、そうだったことを思い出す。子供の頃は、不思議であった。
他の公営バスは、どうなのだろう。
そういえば、先日、地元の市役所に行ったところ、敬老パスの更新に、多くの年配者が来ていた。
昔は無料だったが、今は、そうでもない。これほど、年配者が厄介にされる国も珍しいのではないか。
幼稚園の時、老人ホームという言葉を聞き、将来、見知らぬ人ばかりの中で、暮らしたいとは思わなかった。また、そうした所に入れようとする他の家の話しを聞く度、疑問を覚えた。
敬老の日の前夜は十九時半前には寝る。
腰が痛く、寝返りも打てず、辛かったためだ。
起床は五時半前だ。かなり寝る。
年を取ったと思う。腰は、湿布をしたから、大分良くなった。
起きて、床を出ると、腹調子が悪い。
生憎、この日は仕事で、家を出るまでに、何回か、トイレに通う。
それでも、仕事場に着くと、支障が出ないほどには回復している。
(第四千三十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-09-18 22:31 | 福祉 | Comments(0)

敬老朝(けいろうへのみち)

敬老の日、都バスを見る。日の丸を前面に付けている。そういえば、祝祭日は、そうだったことを思い出す。子供の頃は、不思議であった。
他の公営バスは、どうなのだろう。
そういえば、先日、地元の市役所に行ったところ、敬老パスの更新に、多くの年配者が来ていた。
昔は無料だったが、今は、そうでもない。これほど、年配者が厄介にされる国も珍しいのではないか。
幼稚園の時、老人ホームという言葉を聞き、将来、見知らぬ人ばかりの中で、暮らしたいとは思わなかった。また、そうした所に入れようとする他の家の話しを聞く度、疑問を覚えた。
敬老の日の前夜は十九時半前には寝る。
腰が痛く、寝返りも打てず、辛かったためだ。
起床は五時半前だ。かなり寝る。
年を取ったと思う。腰は、湿布をしたから、大分良くなった。
起きて、床を出ると、腹調子が悪い。
生憎、この日は仕事で、家を出るまでに、何回か、トイレに通う。
それでも、仕事場に着くと、支障が出ないほどには回復している。
(第四千三十六段)
[PR]
by akasakatei | 2014-09-18 20:30 | 福祉 | Comments(0)

女面倒(おんなのこうどう)

親子関係が、裁判で争われている、と新聞が報じている。父と子だ。
新聞によれば、どうやら、婚姻しているにも関わらず、妻が不貞を働いた様子だ。こうした例は多いみたいだ。
最近の女は、特に、家よりも個人を重視し、それに加え、女は、感情的な生物ということもあり、他に男を作ることに抵抗がないに違いない。
また、自分が産んだ子でも、男が出来れば放り出すというニュースも結構目にする。
国領の世捨て人の子に接していると、幼き者は、何の疑問もなく、親の方に寄って行く。
世捨て人に訊けば、やはり子供第一に考えるとのことだ。
一歳になり、悪戯をしても、言葉で伝えるのが未だ難しいものの、それでも、感情的になって、叱ったりしないという。
どういう理由か、意外に感情に走り、子供を怒る母親がいる。どういう神経をしているのか。
 女とは面倒なものだ。
(第三千九百三十七段)
[PR]
by akasakatei | 2014-06-11 19:10 | 福祉 | Comments(0)