カテゴリ:産業( 630 )

見掛策(そこをみないと)

()

b0031140_19293892.jpg
(消費を増やそうという時点で:2017年2月12日撮影)


東大入試の前日、キャンパス近くの喫茶店で休む。

 朝ということもあり、朝食を済ます人も多い。

 そうした中、父子がいる。

 分厚い参考書を子供は広げている。

 父がマスターに訊く。

 明日、明後日の朝も利用したいが、何時から開いているか、という。

 七時からだが、十分くらいなら早く開けられると伝えている。

 この日、周辺には、この類の親子が結構いる。

 また、同日、世では、早く帰る月末の金曜日が始まる。

 消費拡大を期待というものの、サービスを提供する労働者が多くなっている現在、期待した通りになるかは疑問だ。

 反対に、サービス業では労働時間が増え、差が付くだけではないのか。

 その辺を考慮しているのか疑問だ。

 過労死に繋がるだけではないか。

 特に、この業界では、利益が増えても、所得が増えるわけでもない。

                   (第四千九百三十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-03-07 19:27 | 産業 | Comments(0)

師走末労働(しわすのろうどう)

b0031140_16552685.jpg

(年末風景:2016年12月31日撮影)


 師走三十日、仕事である。
 六時半近くの列車に乗ると、意外に、勤めらしい人が目立つ。
 日比谷で、ほとんどが下車する。
 サービス業に関わる人か。
年末年始に休めるのは、今や、一部なのではないか。
 この日は、やや遅い列車で出勤する。
 というのも、いつも行く喫茶店の開店時間が、いつもより一時間遅いためである。
 ところが、行ってみると、かなり込んでいる。
 マスターによれば、年末年始の開店時間を知らない人が早く来たため、早めに開けたとのことだ。
 コーヒーを飲みながら、新聞を広げると、元旦の営業についての話しが出ている。
 便利さか、それとも、従事している人にも休みを与えるかどうかが論じられている。
 尚、同じ新聞には、コンビニのFCにおいて、長時間労働で亡くなった人の記事もある。
(第四千八百七十九段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-08 19:06 | 産業 | Comments(0)

幻経営(げんそうしゃちょう)

b0031140_19473442.jpg

(卒業後に待つのは:2016年3月15日撮影)


個人の喫茶店だと、確認してくれるが、この類いでは難しい。
そうした中、よく行くチェーン店の女性スタッフが、卒業のため、
退職すると聞く。今後は、大学院に進むらしい。
改めて、遠い昔を思い出す。
卒業後、いくつかの会社に在籍した。同族会社ばかりだ。
様々な会社があったけれど、代表者が、社員のことを考えている
ところは少なかった。
中には、経営が可笑しくなり、経営のプロが来た会社もあった。
しかし、立て直せなかった。
というのも、一般社員を無視し、中間管理職以上にだけ、物事を
相談しなかったからだ。
何れにしろ、その種の連中は、目先ばかりだから、本当には立て
直せない。
連中は、このため、効率や合理化などという。目に見えないもの
まで失われる。そうすることにより、良くなるものでもない。
 待っているのは、衰退だけだ。
 依頼する方もどうかしている。
(第四千五百八十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-03-18 19:46 | 産業 | Comments(0)

店性格(みせのきゃくそう)

b0031140_7355784.jpg

(店の性格は町のそれとも重なる:2016年2月25日撮影)


朝、いつものチェーンの喫茶店で、先日、買った全集を読む。
段々、目が疲れて来る。
寝不足や老眼もあるに違いない。
そうした中、例により、二百三高地頭のオバサンが来る。
年配のスタッフに対し、暇な時に、同系列の六本木やアークヒル
ズにある店を見るべきだという。
レベルの高いスタッフがいるとのことだ。
今の店は、価値はあるものの、レベルは高くないと続ける。
このオバサン、老舗ホテルを常に使っていることもあり、結構、
良いものを分かっているのだろう。
だけれど、注文を言われている店は、大学構内にある店で、客層
がかなり異なる。
確かに、学生以外の教師や職員、外部の人間も利用はするが、ほ
とんどは学生ではないか。
各々に合わせられるのが、高いレベルと思われる。
その仕事帰りに、中野に寄る。
中学時代の連中が集まる。時間があるので、銭湯で暖まる。浴室
の絵は富士山だ。
(第四千五百六十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-02-27 07:35 | 産業 | Comments(0)

低料金社会(ていりょうきんのへいがい)

b0031140_19493450.jpg

(文化は余裕がないと生まれない:2016年1月21日撮影)


飛行機事故が起きると、利用者が一時減る傾向がある。
バスは、どうか。
学校旅行など、どうなのだろう。
これこそ、使うのは貸切バスだから、ある意味、考える必要があ
る。
先の事故で、バス会社と旅行会社における関係が、氷山の一角で
はあるが見えてきた。
聞いた話しだと、団体を夜行で送り、仮眠後、他団体を乗せ、と
んぼ返りさせる例もあるようだ。
また、旅行会社は、バス会社以外にも、宿泊施設について、圧力
を掛けることがあるらしい。
何れにしろ、余裕がないからだ。
それにしても、世において、ただ安ければ良いという風潮はどこ
から来るのか。
カラクリがあること自体、分かりそうなものだ。
歪な関係となり、結局は、利用者、消費者に返って来る。
適正価格を知るべきだ。
(第四千五百三十一段)
[PR]
by akasakatei | 2016-01-26 19:48 | 産業 | Comments(0)

試験版:昼料金(めしにかける)

 
b0031140_13375535.jpg

(野暮集い評判店の年忘れ:2015年12月26日撮影)


仕事帰り、時々寄るフランス料理店に足を向ける。
 クリスマスも終り、店内は比較的空いている。
 顔馴染みの店主と話しをする。
 話題は、ランチの値段についてだが、会社員が行けるそれは、千円くらいまでという話しになる。
 今の会社員は、弁当で済ます人も多い。これだと、五百円くらいか。
 社会に出た当時は、八百円くらいが多かった。その後、喫茶店に入り、コーヒーを飲むのが普通だった。
 平成生まれの会社員も増え、そうした時代を知らない人も結構いる。
 今の会社員は、それこそ、地獄に近い。
 以前のように、忠誠を誓っても、使い捨てにされる可能性も高い。
 生活に、常に、不安が付き纏うから、より安いものへと走るのだろう。
 ある筋によれば、今後、生活保護者が増えるとも言われている。
 完全に、政治、経済の失敗である。
(第四千五百二段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-28 14:37 | 産業 | Comments(0)

昼料金(めしにかける)

 仕事帰り、時々寄るフランス料理店に足を向ける。
 クリスマスも終り、店内は比較的空いている。
 顔馴染みの店主と話しをする。
 話題は、ランチの値段についてだが、会社員が行けるそれは、千円くらいまでという話しになる。
 今の会社員は、弁当で済ます人も多い。これだと、五百円くらいか。
 社会に出た当時は、八百円くらいが多かった。その後、喫茶店に入り、コーヒーを飲むのが普通だった。
 平成生まれの会社員も増え、そうした時代を知らない人も結構いる。
 今の会社員は、それこそ、地獄に近い。
 以前のように、忠誠を誓っても、使い捨てにされる可能性も高い。
 生活に、常に、不安が付き纏うから、より安いものへと走るのだろう。
 ある筋によれば、今後、生活保護者が増えるとも言われている。
 完全に、政治、経済の失敗である。
(第四千五百二段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-28 13:36 | 産業 | Comments(0)

試験版:平成迷検証(へいせいのおかしさ)

b0031140_20525771.jpg

(白猫の畑陣取る冬の朝:2015年12月24日撮影)


合理主義が世に蔓延っているものの、予期せぬ事態が起きた際、我が国において、対応が出来ているかといえば、疑問だ。
 実際、東日本大震災のその後は、何も出来ていない。
 何れにしろ、新自由主義にも繋がるそれは、我が国の風土には、合っていないということだろう。
 そうした中、クリスマスとなり、町にはイルミネーションが見られ、世は浮かれ気味だ。震災時のことをすっかり忘れている。
 これも売上第一だからに違いなく、義理や人情が消えつつあるのは残念だ。
 そうした状態だから、暗い出来事が発生すると、安易に、頑張ってと言うのかもしれない。
 見ていて、不快だ。
 不快で思い出したのが、東芝だ。不正は経営陣の責任であるにも関わらず、下に対しても、痛みをお願いするというのは可笑しい。経営陣の無能さから発生したことだ。
 どうかしているといえば、以下のものか。
 右翼、キリシタン、女性団体などで、独善的で、胡散臭い。
(第四千四百九十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-24 21:51 | 産業 | Comments(0)

平成迷検証(へいせいのおかしさ)

合理主義が世に蔓延っているものの、予期せぬ事態が起きた際、我が国において、対応が出来ているかといえば、疑問だ。
 実際、東日本大震災のその後は、何も出来ていない。
 何れにしろ、新自由主義にも繋がるそれは、我が国の風土には、合っていないということだろう。
 そうした中、クリスマスとなり、町にはイルミネーションが見られ、世は浮かれ気味だ。震災時のことをすっかり忘れている。
 これも売上第一だからに違いなく、義理や人情が消えつつあるのは残念だ。
 そうした状態だから、暗い出来事が発生すると、安易に、頑張ってと言うのかもしれない。
 見ていて、不快だ。
 不快で思い出したのが、東芝だ。不正は経営陣の責任であるにも関わらず、下に対しても、痛みをお願いするというのは可笑しい。経営陣の無能さから発生したことだ。
 どうかしているといえば、以下のものか。
 右翼、キリシタン、女性団体などで、独善的で、胡散臭い。
(第四千四百九十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-24 20:51 | 産業 | Comments(0)

試験版:初心話(しょしんについて)

b0031140_19583065.jpg

(底冷えに煩悩払う座禅かな:2015年12月10日撮影)


路線バスに乗る。若干、遅れて来る。指導乗務員がいる。
かつて、高尾に行った際も、指導乗務員がおり、細かく注意して
いた。
こう細かいのだから、独り立ちした時、役に立ちそうなものの、
実際には、自己流となる。
その前日に乗った路線バスは、バス停から離れて停まる。
初心を忘れているということか。
初心といえば、従業員を鬱にさせることを勧めていた社労士のブ
ログがあった。
このところ、法律などの専門家による経営者寄りの輩が目立つ。これについては、以前にも触れた。
 そうした中、腹痛に襲われる。
 便も緩い。
 熱は微熱だ。
 家人らに風邪の人間がいる。感染したのか。
 何れにしろ、年末年始もあるので、早々に医者の門を叩く必要が
あるかもしれない。
(第四千四百八十五段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-11 20:57 | 産業 | Comments(0)