カテゴリ:教育( 240 )

実技教科不要化(ぶんけいよりやくにたたない)

()

b0031140_19070917.jpg
(文系が不要というのなら:2017年6月10日撮影)


最近、文系不要論をよく聞く。

 金にならないからだという。これは、以前にも触れた。

 その割りには、実技教科における音楽不要論、美術不要論、運動不要論などは聞かない。

 何故、政権は、文系ばかりを目の敵にするのか。

 運動や芸術など、一部の人間を除き、何の利益にもならないものだろう。

 仮に、あるというならば、商業利益か。

 それに毒されているものが五輪か。

 これも以前に触れた。

 何れにしろ、安易にメダルというものの、感動したことはない。

 音楽、絵なども同様だ。

 更にいえば、それらの教師に関し、本当に、教育的な情熱があるのか疑問だ。

 依怙贔屓や己の価値観で成績を付けているとしか思えない。

 指導している姿を見た記憶がない。

 そうした点でいえば、教育者とはほど遠い。何れにしろ、教科にしておく必要はないのではないか。

                      (第五千四十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-22 19:05 | 教育 | Comments(0)

実技教科謎(せんかきょうしのやみ)

()

b0031140_18262219.jpg
(学校をつまらなくさせるのは:2017年5月28日撮影)


風邪が悪化し、咳、鼻水、クシャミまで出始める。
追加の薬を貰う。
待合室で雑誌を手に取ると、女性が尼の頭をした風俗で中学生を

雇用していたらしい。
芝居のイヤホンガイドで、頭を剃り、尼になる演目があり、妙な

色気があると解説していたことを思い出す。
また、かつては比丘尼もあった。
そうした中、スポーツ庁が、中学生のスポーツ嫌いを半減させる

という。
多くは、学校体育で嫌いになるようだ。
正直、体育に限らず、実技の伴う科目は、そうなる可能性が高い。
以前にも触れたが、それらが好きで教師になった連中は、苦手と

する生徒の気持ちが分かっていないことがほとんどだ。
今後、英語でも、英会話が入ると、実技だから、嫌いになる生徒

が増えるのではないか。
こうした科目は、急に、出来るようになったとの話しを聞かない。

 嫌いをなくすには、好きな輩ばかりに対策を訊かないことではな

いか。

(第五千三十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-13 18:24 | 教育 | Comments(0)

教師不祥事(じょうしきなききょうし)

()

b0031140_19241050.jpg
(何が信用出来るのか:2017年6月1日撮影)


最近、教師の不祥事をよく耳にする。
盗撮、未成年者への猥褻行為など、所謂、教師らしからぬものだ。
教え子は、如何に思うか。
思うといえば、それに関連する教育委員会も、世間の常識と掛け

離れている。
特に、各地での苛めによる被害者の自殺について、関係ないと発

表した後、批判により、一転認めることが多い。
終戦の年の八月十五日を境に変わったことを思い出す。
何れにしろ、古い体質で、組織を守ろうとする力が働くのだろう。
ただ、考えるに、それにより、信頼が失われるという結果へは頭

がいかないようだ。
現在、どのくらいの人が、公教育に不信感があることか。
そうした中、いつもの仕事場近くの喫茶店で、マスターと常連の

会話を聞く。
アルバイトをする際、応募者が重視することだ。怒られない、近

いを基準にし、時給ではないらしい。

 世は人手不足というものの、正規での求人は少ない。

(第五千三十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-12 19:23 | 教育 | Comments(0)

最近小中学(みなれぬご)

()

b0031140_18292595.jpg
(勉強とは:2017年3月8日撮影)


十二月に出版された児童文学を読む。鉄道を題材にしたものだ。
主人公は小学生で、学童クラブが出て来る。子供の頃にはなく、

今ひとつ、イメージが出て来ない。物語では、四年になったら、行かなくなったとある。年齢制限があるものなのか。
 そうした折り、最近の中学校では、キャリア教育をしなければならないことを知る。
 こちらも頭に浮かばない。
 何になりたいか、未だ、無理な感じがする。
 それでも、聞くところによれば、修学旅行で、東京に来る学校は、国立大学や有名私立大学、そして、体育大学も回るようにコースを組み、更に、企業へも行くみたいだ。尚、息抜きで、浦安の鼠男がいる国も外せないらしい。
 確かに、様々な分野の人の話しを聞くのは悪くないが、社会は動いている。大人になった時、斜陽産業になっている可能性もあるだろう。
 どう修正するのか。
 それに対応するのが、社会では難しい。

(第四千九百五十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-03-23 18:27 | 教育 | Comments(0)

国家裏思惑(こっかがねらうは)

()

b0031140_19264141.jpg
(自由に芝居も楽しめない世とは:2017年2月27日撮影)


大阪の超愛国学校について、連日、報道されている。
首相の感情的な答弁を見ていると、首相の器でないことは明白だ。
また、学校の理事長に会ったという自民党の政治家の会見を見て

いると、こちらも、口が悪い。
このような政治家を選んだ有権者の思考を疑う。
更にいえば、様々な官庁も絡み、複雑な様相だ。
何れにしろ、関係者誰もが、白を切るに違いない。
そうした中、理事長の言っていることが、一番真実に近いように

も思える。
それにしても、この学園の教育方針を知った上で、子供を通わせ

ている保護者がいることに驚かされる。

ネットでの情報によれば、近所での評判は悪いようで、入園者は

定員の半分くらいともいう。

退園者も目立つらしい。
仮に、国が絡んでいるなら、今後、芝居や文学、映画が自由に楽

しむことが出来ない時代になることも予想される。

 人権のない世が迫っている。

(第四千九百四十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-03-14 19:27 | 教育 | Comments(0)

戦前擬学校(へいせいようねんがっこう)

()

b0031140_19233861.jpg
(庶民は騙されては駄目だ:2017年2月12日撮影)


先に保育園の待機児童に触れた。
首相は、待機ゼロを断念したというが、理由は、働く女性が増え

たためらしい。
己の発言を忘れたのかと問いたい。
確か、女性活用と言っていたはずだ。
それを考えなかったのか。
更にいえば、共稼ぎでなければ食べていけない実態もある。
これまでの首相の経済政策は、富裕層だけのもので、底辺層には

何の効果もない。
それを隠すことに胡散臭さがある。
戦争関連についても同様だ。
危うい社会だ。
そうした中、教育勅語や軍歌を歌う幼稚園や小学校の記事を見る。
首相夫人も絡んでいるとのことだ。
この類いの学校は、かつては漫画の世界だけの話しで、笑いの要

素だったが、今や現実化している。
否、あったことはあったが、大学、及び、その付属校で、他に行

く学校がなく、仕方なく行く学校だった。

(第四千九百二十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-02-25 19:24 | 教育 | Comments(0)

我小春(きょうしはおらがはる)

()

b0031140_06023731.jpg
(教育の意味を考えるべきだ:2017年2月12日撮影)

相変わらず、あちこちの学校における苛め関連で、毎日のように、校長や教育長が頭を下げている。

 何れに関しても、保身の言い訳ばかりだ。

 アンケートを実施し、それで判断しているみたいだが、それで、本当に、正確な情報が得られると思っているとしたら、全く、御目出度い連中だ。

 大体、普段、接するのは教室での生徒だけで、ある意味、仕切りたがる傾向がある。

 だから、自己中心的な判断しか出来ないのではないか。

 更に加えれば、学校内で、アンテナを張っていないから、情報が引っ掛からない。

 そうした折り、文部科学省、及び、厚生労働省が、国旗国歌を指導するように発表したという。

 違和感が伴う。

 また、文部科学省は、グローバル化への対応へ英語教科化の改定案を出したらしい。

 グローバル化が言われて久しいものの、日本にいる限り、それを実感する機会は少ない。英語を必要とする場面はほとんどない気もする。

(第四千九百二十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-02-21 06:00 | 教育 | Comments(0)

不理解教育(きょういくちょうのおかしさ)

b0031140_18483026.jpg

(教育機関の今は:2017年1月24日撮影)


相変わらず、原発事故の避難者の子供に対する苛めに関し、横浜の学校側は認めたくないようだ。
 教育長の発言は責任逃れにしか聞こえない。
 生徒側の弁護士が撤回を申し入れた。
 それにしても、各地で、同様の苛めがあるのは、どうか。
 教育が低下していないか。
 このような中でも、未だ、原発を推進させようとする動きが理解出来ない。
 政権は、反対意見について、何故理解出来ないのかというが、逆に、何故政権は理解出来ないのかと問いたい。
 現政権は、異なる意見を聞く耳がないからだ。それが問題だ。
 以前にも触れたが、周囲に同じような人間しかいないから、異なる人間を理解出来ないし、認めないに違いない。
 気付けば、一月も下旬となり、未だ、行き付けの店で、顔を出していないところもある。
 ただ、体調が悪い。ここ数日、下り特急が続く。
医師の門を叩く。
(第四千九百三段)
[PR]
by akasakatei | 2017-02-01 18:47 | 教育 | Comments(0)

母校学校史(ひもとけば)

 
b0031140_16513523.jpg

(母校の学校史:2016年12月30日撮影)


中学で思い出したが、先日、中学高校の五十年史を古本屋で見付けた。
 在校中、生徒向けのものは配られたが、見付けたのは、箱入りのものだ。
 奥付を見ると、非売品だ。
 購入し、中を確認する。
 教科別の歴史、クラブ活動など、興味深い。
 在校中、所属していた正式な部ではなく、同好会扱いだったためか、採り上げられてはいない。
 とはいえ、一部、採り上げられている同好会もある。
 読むと、同級生だったアニメ監督の名も出ている。
 ということは、顧問のやる気か。
 ところで、教科については、意外と、研究会などが行なわれていたようだ。
 また、歴史面では、初期の軍国主義の校長など、在校時では、考えられなかったこともあるみたいだ。
 今では、大学の圧力もあり、管理主義が復活していると耳にする。
(第四千八百七十八段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-07 06:17 | 教育 | Comments(0)

教育不機能(きょういくのしっぱい)

b0031140_18354544.jpg

(遊びがない社会は:2016年11月13日撮影)


機能していない中学が多いということか。
連日、苛めについて、対応出来ていない学校が報じられている。
教師に力量がないのだろう。
更にいえば、その上も、放置しているみたいだ。
何れにしろ、学校に対する不信が増すばかりだ。
最近の教育を見ていると、大学を選ばなければ、どこでも入れる
ようになっている。
ただ、底辺校においては、単なる高校の延長ではないかと思われ
る大学もある。
また、最近の大学は実学に力を入れ、教養とは掛け離れたところ
もある。
元々、学校とは余裕が出来、教養を身に付ける場所だったはずが、
生きるための知識を得る場所だけになってしまった。
結果、教養のない人が増えたのではないか。
ここで、江戸を思い出す。
江戸では、寺子屋に通い、その子に応じ、教育をしていた。
にも関わらず、文化としては、かなり花開いていた。
近代以降は、どうか。
特に、現代ではないに等しい気がする。
(第四千八百三十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-11-20 18:32 | 教育 | Comments(0)