カテゴリ:余暇( 1668 )

京成市川松戸辺(けいせいまつどさんさく)

()

b0031140_18525918.jpg
(市川駅前の京成バス:2017年8月6日撮影)



八月六日、学生時代の友人らと会う。市川から松戸までの京成バスが目的だ。
 街合わせの市川へ向かっている途中、リュックの婆が席を求め、掛け込んで来る。
 先週、仕事関係で、老人に振り回されたことを思い出す。半ば、痴呆が入っているようで、本来なら、周囲が気遣うべきだろう。
 だが、運転免許ひとつ考えても、運転させないようにするのは大変なようだ。
 今後、更に、高齢者が目立つようになると、正に、老人ホーム内で繰り広げられることが、公共の場でも目にするかもしれない。
 市川駅北口の改札を出る。左側には連れ込み宿やパチンコ屋、右手には飲食店がある。ビル三階の喫茶店に入る。卵焼きのサンドを摘む。
 十三時二十分発の「松54」系統で、松戸を目指す。市川真間を過ぎると、工事中の箇所も増える。聖徳学園を経由し、四十五分を掛け、松戸へ着く。
 暗渠を辿り、松戸神社へ寄ると、銭湯が見える。
 汗を流し、杯を交わす。
 旧宿場町だからか、良い雰囲気の建物が残る。

(第五千百十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-08-28 18:51 | 余暇 | Comments(0)

水鉢内魚争(さかなのなわばり)

()

b0031140_13552248.jpg
(水鉢内:2017年7月23日撮影)


地元の世捨て人から連絡がある。
相変わらず、和金は、餌について、ドジョウの邪魔をするらしい。
そこで、浮草と水草を利用し、和金が入って来られそうもない場

所に餌を撒いているようだ。
ただ、水換えの度、その位置が変わるため、直さなければならな

いという。
要は、縄張り争いだから、他の方法として、魚の数を増やす方法

もある。
その場合、気を付けなければならないのは、混泳出来るかだ。大

きさ、それに、魚の形も関係する。
また、魚の状態も大切だ。
世捨て人と一緒に金魚屋を回ったところ、意外に、状態の悪い店

もかなりある。
なかなか生き物相手だけに難しい。
更にいえば、持ち帰る日も選ぶべきかもしれない。
水換えには、温度合わせがある。外飼いで、雨の日に持ち帰った

場合、塩浴させるにしても、水温が低くなる可能性もある。

(第五千九十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-08-12 13:54 | 余暇 | Comments(0)

立川朝立飛循環(たちかわたちひじゅんかん)

()

b0031140_22305876.jpg
(立川バス「立27」系統:2017年7月13日撮影)


七月十三日、早起きし、立川へ向かう。
立川駅北口発七時二十五分の立川バス「立27」系統の立飛循環

行きに乗るためだ。平日の朝に、二本しか運行されていない。
この系統の特徴は、途中、立飛リアルエステートの構内を抜ける

ため、通行許可証がないと降車出来ないことだ。
どういうものかと思い、足を運ぶ。
一般道を抜け、構内に入ると道の舗装も悪く、かなり揺れる。
運転手に、構内を出た際、どこまで行くのか訊かれる。
このように乗る人、あまりいないのか。
構内を出、駅までのバス停からは、結構、乗って来る。
八時に立川へ戻る。
慌ただしく朝食を済ませ、代々木上原の泌尿器科へ向かう。ここ

はひとりの医師で内科も診察しており、結構込む。股の痒み、そ

れに、喉も痛いので、診て貰う。案の定、会計が終わったのは二時

間後だ。
夕方から歌舞伎座で観劇予定だ。十一時半を回ったので、先に進

む。

(第五千八十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-08-01 22:21 | 余暇 | Comments(0)

西武都内宿二十(せいぶしんじゅくからいけぶくろ)

(

b0031140_18392560.jpg
(「宿20」の池袋駅東口行き:2017年7月2日撮影)


そうした中、学生時代の友人らとの散策である。

 今月は、新宿から池袋を結ぶ西武バスの「宿20」系統へ乗る。本数は一時間に一本ほどだが、乗ろうとする時間帯については、意外とない。このため、新宿駅西口を十二時四十分のバスとする。

 新宿を出ると、東中野方面へ向かい、目白より、山手線の内側を走る。

 また、今回、この系統へ乗るのは、西武バスの中でも、離れ小島的な雰囲気があるためだ。

バスは、午前中一時間に一本あるものの、午後は二時間に一本しかない。
 使われるバスは中型車だ。
 バスは四十七分ほどで、池袋だ。中井や東中野など、遠回りルートで走る。
 池袋で西口に回り、杯を傾ける。
 ひとりやふたり連れをよく見掛ける。女性はいない。
 その後、北口の銭湯へ寄る。
 絵は風車だ。

                       (第五千七十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-18 18:37 | 余暇 | Comments(0)

西早稲田辺散策(にしわせださんさく)

()

b0031140_22203592.jpg
(口開け前の銭湯:2017年6月29日撮影)


昼飯後、西早稲田へ足を運ぶ。やや早く開いている銭湯で汗を流そうと思う。
 この辺りは、早稲田大学のオープンカレッジで訪れたことがある。
 銭湯が開くまで時間があり、地蔵坂辺を歩く。
 疲れたので、喫茶店で休んでから、銭湯へ向かう。
 湯に浸かると、眠くなってくるが、西早稲田より副都心線で北参道へ出る。
 国立能楽堂近くの蕎麦屋で、やや早い夕飯とする。
 杯を傾ける。
 何回か入ったことがある店だ。学生時代の友人らと入ったこともある。
 早い時間だが、取材が入っている。
 例の将棋関係で、どうやら対局に伴い、出前をしているらしい。  連勝中の棋士や他の棋士が頼むメニューを店主に訊いている。
 何だか慌ただしい。
 ほろ酔い加減で、展示室を覗き、ワークショップへ参加する。

ところで、公演だが、直前に、蝋燭が灯される。
かつては、こうした闇が普通だった。
故谷崎潤一郎氏の作品を思い出す。

(第五千六十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-14 22:18 | 余暇 | Comments(0)

京王相模原乗合(けいおうさがみはらのりあい)

(

b0031140_18053228.jpg
(遅れてきた京王バス「桜84」:2017年6月18日撮影)


 六月十八日、学生時代の友人らとの散策だ。天気予報では、午後から雨だという。

 今月は、相模原駅北口から聖蹟桜ヶ丘までの京王バス「桜84」系統だ。

 京王と神奈川中央交通との共同運用だ。

 午前中が京王で、午後が神奈川中央交通だ。

 相模原を十二時三十分発の京王バスは十分遅れで発車する。

 途中、南大沢を経由する。

 相模原は、学生時代、基地があった記憶がある。引き込み線もあった。

 基地を大回りし、多摩丘陵へと進む。

 この辺りも知らぬ間に、店が増えた。車の列も目立つ。尤も、チェーン関係の店だ。

 察するに、これで遅れたのだろう。

 中学生の頃に訪れた時は、狸が出る雰囲気だった。

 遅れを回復出来ぬまま、聖蹟桜ヶ丘着。一時間の乗車であった。

 杯を交わした後、汗を流しに府中へ出る。

 浴室の絵は富士だ。

(第五千四十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-27 18:04 | 余暇 | Comments(0)

駈足尾張犬山線(ほていふきんこうか)

()

b0031140_11383036.jpg
(名鉄犬山線布袋付近:2017年6月16日撮影)


民主主義が死んだ六月十五日、仕事帰りに、尾張へ向け、旅立つ。
名鉄犬山線の布袋における上り線が、先日、高架となった。
東京発十七時二十分の「のぞみ245号」に乗る。例により、列

車変更をする。
梅雨の晴れ間の中、列車は西を目指す。夕方のため、仕事帰りの

会社員が目立つ。
静岡に入る頃より、雲が多くなる。
名古屋へは、十九時一分に着く。
今夜は近くのホテルを予約している。
明日は江南への初電に乗るつもりでいる。
その初電だが、名鉄名古屋での犬山線方面へのそれは遅く、五時

四十七分の急行だ。
平日故、ラッシュがあり、もっと早い列車に乗りたいが、仕方が

ない。
急行より、高架になった布袋を見上げる。上り線なので、乗るに

は折り返さなければならない。
江南を六時十四分の急行に乗るが、ラッシュより、やや早いもの

の、席は埋まっている。
六時三十六分、名鉄名古屋着。
用が済んだので、すぐに帰京する。

(第五千四十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-25 11:36 | 余暇 | Comments(0)

荻窪関東乗合車(かんとうおぎくぼからりっきょうじょがくいんけいとう)

()

b0031140_18444997.jpg
(関東バス「荻40」系統)


先に観た『家族はつらいよ2』では、監督のこの国における悲惨な現状が伝わって来る。

 生活保護を受けられるほどの生活なのに、自己責任ということで申請をしない人、更には、安心して年を重ねることが出来ない社会、一度失敗すると相手にしない周囲。

 何れも社会病理に違いない。

 現在、権力側にいないと、何も出来ず、少しでも声を上げると、抹殺される世になっている。

 尋常ではない。

 人権が軽視されつつあるため、国連より、意見があっても、それに抗議をする始末となっている。

 そうした中の五月二十八日、学生時代の友人らとの集まりである。今月は、荻窪から立教女学院までの関東バス「荻40」系統に乗

る。狭隘を走るバスだ。

 本数は結構ある。

朝の内、曇っていたが、段々と日差しが強くなってくる。
待ち合わせは十三時だが、多少早く出、渋谷、三宅坂を回る。芝

居のチラシを入手するためだ。
三宅坂から四ツ谷まで歩くと、かなり暑い。中央線で荻窪へ向、

待ち合わせとする喫茶店を探すも意外にない。
結局、ファーストフード店となる。
面子が揃い、十三時十分のバスで、立教女学院を目指す。中型バ

スだ。西荻窪を過ぎた辺りから、狭隘となる。この系統は立教女学

院から別ルートで西荻窪、荻窪へ戻る。
立教女学院は井の頭線の三鷹台の近くで、散策しながら、吉祥寺

へと足を延ばす。
井の頭公園から吉祥寺までは、どこの店も込んでおり、結局、い

つも通り中華料理となる。
列車に乗る前、銭湯へ行く。浴室の絵は富士だ。

(第五千二十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-07 18:42 | 余暇 | Comments(0)

越冬魚(どじょうのはなし)

()

b0031140_07324597.jpg
(水換え後の鉢:2017年5月23日撮影)


 地元の世捨て人から連絡がある。

 飼育している泥鰌のことだ。

 外飼いでは、冬の間、基本的には何もしない。このため、無事に越冬出来たか、分からなくなっていた。金魚と泥鰌を飼育しており、金魚は四月に確認されていたものの、泥鰌は確認されていなかった。

七十五パーセントの水換えをしたところ、底で泳いでいる姿が確認されたという。

昨年、金魚と泥鰌を一緒に飼い出し、一週間ほどして、餌をやったところ、金魚が泥鰌を追い回すようになったと聞いたので、心配していた。

これは、泥鰌にとって、かなりのストレスに違いない。

金魚は和金のため、かなりの速度で泳ぐ。

反対に、泥鰌は底にいるので、浮く餌だと、気付くまでに時間が掛かる。

餌を食べていない可能性も高い。

最近では、餌をやっても上がって来ず、代わりに、沈下性のものをやっていたとのことだ。

また、青水のため、底が見えなかったこともある。

(第五千二十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-02 07:29 | 余暇 | Comments(0)

掛持数医者(いしゃのはしご)

()

b0031140_11433187.jpg
(観劇中も痛みはあり:2017年5月14日撮影)


右手首の痛みで、整形外科の門を叩く。

 念のため、レントゲンも撮られる。

診察の結果は、捻挫だ。

 痛み止めと湿布の処方箋を貰う。

 その後、耳鼻科へ寄る。

 二枚の処方箋を持ち、薬局へ行く。

 最近では、医者の隣りに、処方箋薬局も多いものの、隣りのものは対応出来るが、別の医者のものだと、取り寄せになることも結構ある。

 この日も同様だ。

 他の薬局へ借りに行くので、十分以上掛かるという。

 何れにしろ、便利なのか、どうなのか疑問だ。

 先に、用足しを済ませる。銀行、図書館だ。

 薬を貰った後、地元の喫茶店で休む。

 アイリッシュコーヒーを頼む。

 霧雨も降り、涼しい。

温まりたい。

                      (第五千十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-24 11:39 | 余暇 | Comments(0)