2017年 12月 18日 ( 1 )

政治家無能(せいじかにおどらされ)

()

b0031140_19291278.jpg
(庶民が報われる日があるのか:2017年12月3日撮影)

先の続きである。
政治家が政治の仕事をしなくてどうする。庶民の暮らしは、年々、

苦しくなるばかりだ。
比較的高年収の会社員を狙った税改正が発表されたが、我が国を

可笑しくさせたのは、平成以降、外国の新自由主義に踊らされたか

らだ。極めて、愚かなことだった。それが、未だに、尾を引いてい

る。
世はそう考えず、正しい選択と思っている節がある。
その後、自民党に代わり、与党となった政党が酷かっただけで、

そう見えないに違いない。
今に続く貧富の差を作った罪は大きい。
富裕層、それに、法人から税を取らずにどうする。
財界の話しばかりを聞き過ぎる。
そうした中、生活保護に頼らなければならない弱者への風当たり

ばかりが強い。

 愚かな民しかいないということだろう。

 社会保障の意味を考えるべきだ。

(第五千二百二十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-12-18 19:27 | 社会心理 | Comments(0)