2017年 12月 16日 ( 1 )

年末恒例崩(しわすのたいちょうあっか)

()

b0031140_19172836.jpg
(年の暮れには:2017年12月10日撮影)

世には、悪酔いする酒がある。
例えば、日本酒に関し、醸造アルコールが添加されたものは、翌

日に残る。
純米系の酒は、翌日に残ることは少ないものの、それでも、残る

場合がある。
この場合、それほど、飲んでいないにも関わらず、トイレに何度

も駆け込むことになる。
選ぶ際、大手の酒は選ばないようにしている。何故か、純米とラ

ベルにあっても、悪酔いする率が高い気がする。
そうした中、銀座より帰った翌朝、かなり体調が悪い。
食べ物を受け付けない。
通勤途中、何回か下車する。
日暮れには、憔悴している。

 原因が分からない。

 前日、仕事場へ行くと、来客より貰った蕎麦があり、ひとりひと

りに振る舞われた。

 その後、正午にチキンカツを食べる。

 そして、先に触れた夕食だ。

 毎年、年末に、調子を崩すことが多い。今年もまた同様だった。

 これが序曲で、大晦日が近付くに連れ、更に、酷くなるのか。

(第五千二百二十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-12-16 19:16 | 社会心理 | Comments(0)