2017年 11月 14日 ( 1 )

谷保辺散策(やほをあるく)

()

b0031140_18095386.jpg
(奥から二番目が例の「瞑想室」:2017年11月5日撮影)

『ウルトラマンレオン』に、以下のナレーションがある。焦れば焦るほど、無駄な努力をしてしまう。
 仕事場の前責任者は、分からないことを考えても疲れるだけと言った。
 責任者といえば、今の女性責任者は、次のように、スタッフからは言われている。

褒めているのか、貶しているのかは分からない。
 人遣いは荒いが、人一倍情に厚いとされる。
 いるだけ、引っ掻き回し、スタッフは振り回される。
 要約すると、気になり、スタッフを動かすものの、結局は、無駄だったということか。
 それにしても、世には、意外なことがある。
 先日、谷保天満宮を訪れたが、その近くの石屋に観音像があった。これがサングラスを掛けていた。妙に、似合っている。
 また、駅近くに瞑想室と書かれた廃業したと思われる店があり、何かと立っていたら、突然、隣家より、お化け屋敷だよと声を掛けられる。そのタイミングの方が怖い。

(第五千百八十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-11-14 18:10 | 社会心理 | Comments(0)