2017年 10月 23日 ( 1 )

浮世絵武蔵玉川(うきよえのたまがわ)

()

b0031140_11570372.jpg
(図録:2017年10月14日)

 十月十三日、仕事帰り、地元のよく行く店に寄る。雨のためか、金曜なのに空いている。

 牡蠣フライと零余子を頼む。

 牡蠣の粒は大きく、それだけで充分だ。

 三合ほど飲み、最後に鮨を摘まむ。

 この日、女将はおらず、代わりに、バイトの女子大生がいる。

 翌十四日、地元の世捨て人より連絡がある。

 娘の運動会が延期になったという。

 世捨て人は、これから駅前に行くらしい。

 前日より、ギャラリーで「斎藤文夫コレクション浮世絵にみる多摩川と武蔵国の記憶」展が開かれている。

 合流する。

 朝一番に入る。

ゆっくりと眺める。

有名な美術館だと、他人の背中越しに眺めることも多く、絵に書かれた文字まで読む余裕がない。

 初代歌川広重は、やはり郷愁を感じる。

                    (第五千百六十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-10-23 11:55 | 文芸 | Comments(0)