2017年 10月 13日 ( 1 )

学生時代縁(がくせいじだいより)

()

b0031140_20172003.jpg
(銭湯を巡り:2017年10月1日撮影)

それにしても、思ったより、改札から出て来る人について、若い人が目立つ。
 歩き疲れ、バス停前の飲食スペースのあるパン屋で休憩する。
 京王八王子への「八20」系統は、十三時半発だ。
 約一時間弱で、京王八王子までを結ぶ。八王子市内に入ると、意外と乗降がある。
 河辺の地主の同僚に教わった店で杯を交わす。
 その後、JR八王子の向こうにある銭湯で暖まる。大学時代、八王子にある親戚の銭湯に下宿していたN君を思い出す。

そのN君とは、卒業以来、音信不通だ。
 そういえば、武蔵五日市には、学生時代、鶴見の所長と訪れたことがある。授業後だ。この所長とは、卒業以来、年賀状だけのやり取りだったが、十年くらい前より、年賀状が届かなくなった。

何かあったのか。
 思えば、月に一度、友人らと散策しているが、卒業より暫くは顔さえ合わしていなかった。

縁があったということだろう。

(第五千百五十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-10-13 20:16 | 社会心理 | Comments(0)