2017年 10月 10日 ( 1 )

国難大解散(こじつけかいさん)

b0031140_18080071.jpg
(秋風が吹き:2017年9月26日撮影)


首相の衆議院解散理由及び公約を聞く。
国難突破だという。
その国難を招いているのは、外でもない首相だ。間違った政策ば

かりをしているからだ。それに気付かないとは、と思う。
国連における北朝鮮への演説は、明らかに、戦前を思い出させる

ものだった。
思い出すでいえば、学園問題で、首相は丁寧に説明したとしたが、

疑問が残る。
更にいえば、正直、消費税が教育面で使われるとは思えない。
北朝鮮からのミサイルが、もっと飛んで来るようなら、公約を守

らず防衛費に回されるはずだ。実際、福祉面での公約が守られるこ

とは少ない。
有権者は、そこまで考えずに、投票するから、また、唖然とする

結果になる可能性もある。
何れにしろ、国民を考えるなら、解散より、退陣すべきだった。
また、北朝鮮のミサイルについても、警報があれこれ出るが、危

険なら、何も出さないのではないか。というのも、国民がパニック

になるだけだからだ。
そう考えると、大本営発表だ。

(第五千百五十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-10-10 18:07 | 社会心理 | Comments(0)