2017年 08月 16日 ( 1 )

怪権力連中(あやしきしはいそう)

()

b0031140_18484157.jpg
(権力層は庶民を何と思っているのか:2017年7月25日撮影)


以前、働いていた会社の代表者は手帳を持たなかった。また、経理担当役員は、新年になると、手帳を燃やしたという。
 何かあった場合、証拠を残さないためと聞く。
 政治家や官僚の答弁を聞くと、同様のことをしている可能性もある。
 何れにしろ、後ろめたいことがあるに違いない。
 国民は、如何に判断するか。
 与党は幕引きをするだろう。仮に、これで、充分と考えているとしたら、有権者も馬鹿にされたものだ。
 ネットでは、右派連中が、未だ、擁護する向きもあるが、現政権のどこが良いのか、理解に苦しむ。
 正に、名ばかり法治国家だ。
 そうした中、障害者施設が襲われ一年が経った。容疑者の動機に、頷く人間も多いようだ。実際、社会では、生産性のない人間は、会社より追われる。これが、この国の実態で、全て、自己責任で片付けられてしまう。新自由主義になり、個人が軽く扱われるのが平成だ。

(第五千九十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-08-16 18:47 | 社会心理 | Comments(0)