2017年 06月 23日 ( 1 )

政権不信感(せっとくりょくにかける)

()

b0031140_18130940.jpg
(今後は国家第一の映画しか上映されなくなるのではないか:2017年6月10日撮影)


なかなか咳が治らない。
耳鼻科の門を再び叩く。
待合室で、パンダの子供が生まれたことを知る。
これがニュースになるのだから、疲れる。
普段、中国嫌いと言っている輩も、経済効果で浮かれているのか。

パンダの故郷は中国である。
最近では、全てにおいて、経済の物差しで見るが、違和感しかな

い。
違和感といえば、国連における人権関係の会議で、大使が釈明し

た。
表現の自由は、憲法で最大限守られているとした。憲法軽視の政

権や政府が言っても説得力はない。
その政権は全体主義を目指し、儲けを基準に、政策を進め、儲け

を出さない人間は役に立たないとされるはずだ。
表現の自由絡みで考えると、運動、芸術も利用され、北朝鮮や旧

ソ連、中国のようになるのではないか。
そうした中、取手での何の役にも立たなかった苛めについての第

三者委員会の解散会見で、各委員が憤っていると委員長が述べる。

その姿勢が問題だ。

(第五千四十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-23 18:11 | 社会心理 | Comments(0)