2017年 06月 14日 ( 1 )

類独裁国家(うはのすえ)

()

b0031140_18142751.jpg
(民主主義が問われている:2017年6月5日撮影)


国立大学の学園祭で、実行委員会が右派の作家を呼ぼうとしたところ、反対の署名が多数集まり、断念せざるを得なくなったという。この作家は、ヘイトスピーチを繰り返し、沖縄の新聞社を潰さなければならないとした輩だ。

こうした人物を呼ぼうとした実行委員会もどうかしているが、反対する学生や教員がいるだけ、未だ、常識が残っているということだろう。

尚、この作家を含め、右派らは言論弾圧というものの、違和感が残るのは、権力者側に近いからだろう。

何れにしろ、弾圧する側が、言論弾圧というのは可笑しい。

最近の政権は、このような連中ばかりが集まり、それこそ、民主主義が軽く扱われている。

更にいえば、以前にも触れたが、官房長官の対応は納得出来ないことばかりだ。

問題ない。

認識していない。

コメントは控える。

これしかない。国民に伝えようとの姿勢がない。

(第五千三十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-14 19:11 | 政治 | Comments(0)