2017年 06月 12日 ( 1 )

教師不祥事(じょうしきなききょうし)

()

b0031140_19241050.jpg
(何が信用出来るのか:2017年6月1日撮影)


最近、教師の不祥事をよく耳にする。
盗撮、未成年者への猥褻行為など、所謂、教師らしからぬものだ。
教え子は、如何に思うか。
思うといえば、それに関連する教育委員会も、世間の常識と掛け

離れている。
特に、各地での苛めによる被害者の自殺について、関係ないと発

表した後、批判により、一転認めることが多い。
終戦の年の八月十五日を境に変わったことを思い出す。
何れにしろ、古い体質で、組織を守ろうとする力が働くのだろう。
ただ、考えるに、それにより、信頼が失われるという結果へは頭

がいかないようだ。
現在、どのくらいの人が、公教育に不信感があることか。
そうした中、いつもの仕事場近くの喫茶店で、マスターと常連の

会話を聞く。
アルバイトをする際、応募者が重視することだ。怒られない、近

いを基準にし、時給ではないらしい。

 世は人手不足というものの、正規での求人は少ない。

(第五千三十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-12 19:23 | 教育 | Comments(0)